復縁できる別れ方・最悪な別れ方とは?

目次

復縁できる別れ方・最悪な別れ方とは?

復縁を望む人にとって、「復縁の可能性」はもっとも気になることですよね。少しでも可能性があるのであれば、諦めずにアプローチしたいと考えるでしょう。

復縁の可能性については、別れ方が大きく関係しています。復縁できる別れ方もあれば、復縁できないような最悪な別れ方もあるのです。

「私の別れ方は復縁できる?」
「最悪な別れ方だけど諦めるべき?」

そこで今回は、それぞれの別れ方パターンから復縁の可能性を考えてみましょう。また最悪な別れ方の場合の対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁できる別れ方

時間のすれ違いによる寂しさ

別れるカップルの中でもよくあるパターンです。一時的に忙しくなることで、すれ違う時間が増えてしまい別れを選んでしまいます。

学生でも社会人でも「繁忙期」があるものですよね。そうすると恋人との優先順位は自然と低くなってしまいます。そして連絡や会う回数も減ってしまうのです。

そうすると放っておかれた方は、寂しさや不安から別れを告げてしまいます。多くの場合は男性が忙しくなり、女性が別れを告げることが多いです。

時間のすれ違いの場合、忙しい方は目の前にあることに集中しています。決して気持ちが冷めたわけではなく、周りが見えなくなっているだけなのです。

「仕事と私どっちが大事なの?」

このセリフ聞いたことあるでしょうか。これは女性が男性に言ってはいけないセリフだとして有名です。男性にとって仕事と恋人は天秤にかけることではありませんからね。

しかしこのような心理になってしまう女性は多く、一時的な感情で別れてしまいます。だからこそ冷静に話し合えば復縁の可能性が高いです。

愛情の深さによる嫉妬

嫉妬とは、相手を愛する反動によって生じる感情です。愛が深ければ、相手に対して嫉妬して独占したくなるのは当然の心理でしょう。

しかし交際することとは、相手を独占することではありせん。嫉妬という感情とうまく付き合っていかなければ、窮屈さや負担を感じてしまいます。

うまく嫉妬をコントロールできずに、相手の重荷になってしまうと別れてしまうこともあるでしょう。愛情が深すぎた結果だといえます。

だからこそ、落ち着いて相手を想うやることで、感情をコントロールできるようになるのです。嫉妬で大切な人を失ってしまえば本末転倒だということに気が付くでしょう。

些細な喧嘩によるもの

恋人同士の喧嘩には些細なものから大きいものまでさまざまですよね。別れに至る場合、ほとんどが大きな喧嘩でしょう。

しかし時には些細な喧嘩から意地の張り合いになることもあります。気持ちが高揚してしまい「もう別れる」と言い放ってしまうのです。

このような些細な喧嘩の場合は、冷静になったときに後悔します。「なぜあんな些細なことで別れてしまったんだろう」「もっと素直になれば良かった」と双方が感じるでしょう。

だからこそ復縁するのに時間もかかりません。お互い素直な心で向き合えば、また同じ気持ちになることができるのです。

新しい環境になることで相手が見えなくなる

環境が変わると気持ちに変化が出ることもあります。新しい環境に馴染むことで頭がいっぱいになり、もともとの環境にまで気が回りません。

たとえば数年付き合っていた彼が転職をしたとします。彼は新しい職場に慣れることに必死な毎日となるでしょう。

そうすると長年付き合ってきた彼女のことを後回しにしてしまいます。どこかで大丈夫だと安心して過信してしまうのです。

そこからほころびが出て溝ができてしまいます。寂しくなった彼女が別れを切り出してしまうことも多いでしょう。

このような別れ方の場合、新しい環境に慣れて落ち着くことで状況は変わります。一時の環境の変化による別れはよくあることです。復縁も可能性が高いでしょう。

長年付き合ったことでのマンネリ

カップルは3年付き合うとマンネリしてきます。お互いのことを知りつくし、すべてのイベントを共に過ごすことで飽きがくるのです。

決して喧嘩したわけでも嫌いになったわけではありません。しかし相手に情熱を感じることができなくなってしまったのです。

一時的に感情が冷めてしまったことで、相手に興味を持てなくなったのでしょう。この場合は、別れてから大切さに気づくことも多いです。

むしろマンネリして冷めてしまった場合は、別れないと修復できないかもしれません。冷却期間も設けてお互いの存在の大きさを認識して復縁するのが良いでしょう。

現状の将来性が異なる

カップルのゴールといえば、結婚ですよね。とくに女性は、早くに結婚をして家庭を持ちたいと夢見る人も多いでしょう。

しかし男性は結婚を意識するのは遅いものです。仕事が落ち着き、遊びつくし、自分の中で「安定」が見えて求めるようになったときに結婚したいと思います。

そのため年齢によっては、思い描く将来が異なることもあるでしょう。女性が「今」と思っていても、男性は「いつか」と思っているとすれ違ってしまいます。

そこですれ違いが起こり別れてしまうことも多いです。もし時期の問題だけであれば、どちらかが時期を合わせる努力をすれば解決することでしょう。

遠距離恋愛の寂しさ

好きだからこそ耐えることのできない恋愛が、遠距離恋愛ですよね。体の距離と心の距離は比例してしまいます。どうしても寂しさが埋まらないこともあるでしょう。

辛いときや苦しいとき、そばにいてくれないことの苛立ちをぶつけてしまうのです。そして感情に任せて寂しさから別れを選んでしまうこともあります。

これは「好き」がゆえに選択する別れです。気持ちが大きい証拠ですので、復縁をする可能性が大きいといえるでしょう。

勘違いから生まれたすれ違い

長く付き合っていると「言わなくてもわかるでしょ?」と過信することが増えてしまいます。しかし恋人とはいえ他人です。言わなくてはわからないことばかりでしょう。

そのため言わないことで勘違いが生まれてしまうこともあります。そして勘違いのままにすれ違いが起きてしまい、そのまま別れてしまうのです。

このような場合は、自分の気持ちを伝え合うことでわかり合うことができます。お互いに甘えすぎていたことで、そのプロセスを飛ばしてしまっていたのでしょう。

「〇〇だったから〇〇だった」「本当は〇〇だった」と正直に心の内を話すようにしてください。

少し気持ちがふらついてしまった

恋人となると良くも悪くも安心感がでてきます。もう自分の手に入ったという余裕から、他の異性に目がいってしまうこともあるでしょう。

決して浮気をするわけではありません。ただ気持ちの半分がフラフラと別のどこかにいってしまうような状態です。

長年付き合っているカップルであれば、少なからず経験したことがあるのではないでしょうか。問題はそのふらついた気持ちが相手に気づかれてしまうことです。

浮気をしていなくても「心ここにあらず」であることは感じますよね。そうなれば別れの原因となってしまうこともあるでしょう。

友達関係のようになってしまった

交際期間が長くなると、恋人といるドキドキ感が薄れてきます。そして一緒にいて安心できるような同士や友人のような関係になってくるのです。

いわゆる空気のような存在になれるのは、悪いことではありません。一方で空気のような関係では、まるで熟年夫婦のようですよね。

恋人が熟年夫婦のようになってしまうと、何も刺激がなくなってしまいます。現状に満足してしまい、新鮮さもときめきもなくなっていくでしょう。

そして熟年離婚のように理由もないままに別れてしまいます。しかし実際には、熟年夫婦ではなかったわけです。絆が深まったカップルですので大切さに気がつくでしょう。

小さな嘘をつかれて傷ついた

嘘には種類や大きさがあります。中には相手のためを思った優しい嘘をつくこともあるでしょう。それでも嘘をつかれてしまうと傷つき信用を失ってしまいます。

たとえば異性と二人きりで食事をしたとしましょう。仕事関係の人なので断れないこともありますよね。それでも恋人には言えずに、同性だったと嘘をつくこともあるのです。

これが発覚してしまえば、余計に疑われることになります。相手を傷つけないための小さな嘘でも、溝ができてしまうのです。

もちろんきちんと話せばわかることでしょう。しかし言わないままに感情に流されて別れてしまうこともあるのです。

相手の悪いところに目がいく

長い期間一緒にいると、だんだん悪いところに目がいくようになります。最初は良いところばかりが見えていたのに、だんだんと変わってしまうのです。

誰にでもあることですが、一緒にいることが当たり前になることで自然と粗探しをしてしまうのでしょう。これも一時的に生じてしまうカップルあるあるです。

このような場合は、一度距離をおくことで解消されることが多いでしょう。距離を置く前に嫌になり別れてしまうこともありますが、すぐに大切さに気が付けるはずです。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁できない最悪な別れ方

浮気を2回以上されてしまった

彼が浮気をした場合は、多くの女性が別れを選択するでしょう。それでも好きという気持ちがあれば、もう一度信用してみようとする人もいるかもしれません。

しかし2回以上浮気をされて別れた場合は、最悪のパターンだといえます。なぜなら2回浮気をした彼には3回目がある可能性が高いからです。

「浮気癖」がついている彼との別れは最悪だといえるでしょう。復縁の可能性を考えるよりも、自分の将来や未来を考えて復縁はおすすめできません。

自分が浮気をしてバレてしまった

女性が浮気をしてしまうパターンは深刻でしょう。同じ浮気でも女性の浮気の方が不思議なことに罪深くなってしまう風潮があるのです。

男性はプライドも独占欲も高い生き物です。そして女性に対して、純粋さや従順さを求めています。そんな彼女浮気されたのですから、悲しみや怒りは相当なものです。

自分が浮気をした場合、復縁できる可能性が限りなく低くなります。男性は一度裏切られると信用を回復できなくなってしまうのです。

お金の貸し借りによるトラブル

カップル同士で金銭トラブルがあった場合の別れは最悪のパターンです。金銭トラブルも浮気と同じように繰り返す癖であり、また問題は深刻になります。

  • 彼にお金を貸したが返ってこない
  • 彼の借金の保証人になった
  • 自分に借金がありお金を借りた

このようなことがあると、なかなか復縁には至りません。また復縁したいと思っても復縁するべきではない相手だといえます。

金銭トラブルに関しては、最悪な別れ方であり復縁しない方が良いです。お金に関する意識を変えられるようにしてからチャレンジするようにしましょう。

彼からの暴力があった

彼からの暴力があったDV彼の場合、復縁は絶対にするべきではありません。DVは一種の病気であり、簡単に治るものではありません。

「もう殴らない」
「俺にはお前しかいない」

そんな甘い言葉で復縁を迫られても、信用してはいけません。またDVと甘い言葉を繰り返すだけです。そしてあなた自身もそのループから抜け出せなくなってしまいます。

なぜかDV彼なのに復縁する女性が多いのも現実です。暴力を振るわれることで、自分の必要性を認識しているような部分もあるのでしょう。

しかしこれは大きな勘違いです。暴力を振るう男性は許してはいけません。最悪なパターンだと心得て復縁はしないようにしてください。

言ってはいけない暴言を吐いてしまった

喧嘩がヒートアップしてしまうと、心にあることないことを言ってしまうことがあります。中には言ってはいけない暴言を吐いてしまうこともあるでしょう。

たとえば、過去のトラウマやコンプレックスなどです。一番心を傷つけてしまうようなことを言ってしまえば、そこで熱が冷めてしまいます。

人を傷つけるような人とは付き合っていけないと感じるでしょう。いくら復縁を申し入れたところで心の傷は消えることはありません。これは最悪なパターンです。

価値観の違い

価値観というのは、一つのモノの見方に対しての考えのことです。これは生きていれば、誰しも価値観をもっています。生まれ育った環境なども影響しているでしょう。

食事の仕方・お金の使い方・人への接し方・テレビを見て感じることなど、価値観はさまざまなところで生まれる感情です。これが異なるとたびたびに衝突することになります。

たとえば映画デートをするとき。男性は静かに映画の世界観に入るのが正しいと感じています。一方で女性はポップコーンを食べながら楽しく見るべきだと思っていたら…どうでしょう。

この時点で映画デートはうまくいきませんよね。価値観が異なると、このようなことが積み重なっていくのです。何をしても一緒に楽しむことができません。

価値観の違いで別れたのであれば、復縁をしても価値観が変わるわけではありません。根底から考え方を変えない限りはうまくいくことはないでしょう。

好きな人ができた

どちらかに好きな人ができた場合の復縁は困難です。浮気ではなく、恋心が移ってしまったわけでしょう。つまりまた心を戻さないといけないのです。

もし彼に好きな人ができたのであれば、相当の覚悟で復縁を望む必要があります。1年以上の長期戦になることは見すえておいた方が良いでしょう。

まずは彼の好きな人との恋の行方を一度見守り、泳がせなくてはいけません。そしてまた自分の元に戻ってくるのを待つ必要があります。

反対に自分に好きな人ができた場合も最悪です。彼の心に傷をつけてしまい、信用を失っている状態でしょう。その心を戻すのには相当の覚悟が必要です。

将来の方向性が完全に違う

一時的に将来への考え方が違うのであれば、時期がくれば合致することもあるでしょう。しかし方向性が完全に違う場合には、それが合致することはありません。

たとえば女性は結婚したい。でも彼は、一生結婚する意志はない。

この場合、話は永遠に平行線ですよね。そしてそれが交わることはないので、復縁したところでうまくいくことはありません。

大きな嘘から信頼関係が壊れた

復縁できる別れ方に小さな嘘を紹介しました。相手のためにつく小さな嘘であれば、修復できる範囲であるといえるでしょう。

しかし自分のためにつく大きな嘘は最悪です。自分の保身で誤魔化すことしか考えず、相手のことを思いやれていないのですから、復縁しても傷つけあってしまいます。

また嘘をつく人は、習慣になっていることも多いです。虚言壁のようにことあるごとに都合の良い嘘をつきます。そして信用をなくしていくのです。

セックスレスになってしまった

熟年夫婦でもないのにセックスレスというのは大問題ですね。今は性欲のない男女が増えていますが、それでもレスになってしまうのは深刻でしょう。

恋人同士が性的に魅力を感じなくなってしまうというのは、愛がないのと等しくなってしまいます。異性として感情が薄れてしまっているのです。

これは復縁をしたところで、また同じような状態になってしまいます。セックスレスで別れた場合の復縁は成功する確率が低いです。

わがままが耐えきれない

一方のわがままが原因で別れてしまった場合は、最悪パターンとなります。もう存在自体が苦痛になってしまっているからです。

おそらく交際中にも「わがまま」について喧嘩や話し合いをしたはずでしょう。それでも直らないから別れを選択することになったはずです。

あなたのわがままであれば、もう彼はあなたを拒絶しています。復縁を望んでも、その行為がわがままにしか見えないのです。

趣味も性格も合わない

趣味や性格が合わない場合、そもそも一緒にいても楽しいと思えることがなくなります。その結果別れてしまったのでしょう。

もう一度復縁したいと思っても、また同じことで別れてしまう確率が高いです。それがわかっているからこそ復縁に至ることは少なくなります。

最悪な別れ方の対処法

半年以上は期間をおく

最悪な別れ方をした場合、すぐに復縁をしようと思ってはいけません。冷却期間を経て、お互いに落ち着いた状態で復縁について話し合う必要があります。

短くても半年は必須であり、可能であれば1年以上は覚悟しておいてください。お互いに1つの恋愛を挟むくらいが丁度良いといえるでしょう。

まずは過去の苦い経験がリセットされるくらいの期間をおいてください。焦ってはいけません。ゆっくり時間をかけて失った信頼や心を取り戻せるように努力してください。

なぜ最悪な事態になったのか考える

最悪な別れをしたのは、それだけのプロセスがあったはずです。なぜ修正ができないまま、最悪な終わりを迎えてしまったのか整理してみましょう。

過去のあやまちを理解しておかなければ、再出発はできません。相手を納得させる材料も持たずに復縁に挑むようなことはしない方が良いのです。

まずは自己分析や反省・後悔も含めて、交際期間のことを振り返ってください。そこから最悪になった自体を把握しておきましょう。

同じことを繰り返さない方法を明確にする

最悪な別れをした場合、お互いの心には「トラウマ」が残ります。復縁をする場合には、このトラウマを克服しなくてはいけません。

最悪になった自体を明確にしたら、同じことを繰り返さない方法を考えましょう。復縁の話し合いは、プレゼンテーションでもあります。

なぜこうなった?
そこから何を学んだ?
今後どうする?

このようなことをしっかり彼にプレゼンできるようにしましょう。きれいごとではなく、実際によく考えて正直に伝えてください。

失った信用を取り戻す

信用をなくすのは一瞬ですが、取り戻すには長い時間がかかります。簡単に復縁しようとはせず、何度でもアプローチを続けて信用を回復させていきましょう。

大きな事故にあったとき、完治するのに時間を要します。また通常のように歩くには、リハビリもする必要もあるでしょう。

何事も時間がかかるのです。最悪な別れ方をしてしまったことの代償は大きいという覚悟をしてください。そして時間をかけて信用を取り戻していくと良いです。

まずは基本の生活をしっかり送る

もし何かしらの悪い癖がある場合は、根底から癖をなくす必要があります。性格や価値観が異なる場合も、自分自身をある程度変えなくてはいけません。

そのためには、まずは自分の生活を見直すことから始めましょう。規則正しい生活・仕事・交友関係を送るようにするのです。

そして浮気や金銭などの癖が出ないように、自分自身を更生させてください。そして数年後に自分が努力してきたことを彼に伝えましょう。

プライドを捨てる

最悪な別れをしてしまっても復縁を望むのであれば、プライドを捨てる必要があります。プライドを持って復縁を望んでも成功することはありません。

「自分の悪いところ」
「自分が改善すべきところ」

すべて自分が別れの原因になっていると考えてみてください。そして素直に彼に言葉で伝えるように意識しましょう。

意地を張ったり、強がってはいけません。なによりもストレートな心が一番心に響きます。余計な武装を捨てて、真っすぐな心を持つようにしてくださいね。

「当たって砕けろ」の精神でいく

最悪な別れ方をしてしまうと、彼との接触も怖いですよね。拒絶される可能性もありますし、罵倒されることもあるかもしれません。

それでも復縁したいのであれば、怖がっていても前に進むことはできないでしょう。「当たって砕けろ」という強い気持ちでぶつかってください。

ドアをノックするような半端な気持ちであれば復縁を望まない方が良いです。もっと大きな壁に体当たりする気持ちで挑むようにしましょう。

本当に復縁したいなら3年の覚悟をもつ

「石の上にも3年」という言葉があります。どんなことでも石の上でじっと我慢して耐えれば、成果が出てくるということわざですね。

最悪な別れ方をした場合じゃ、3年の覚悟をもつことも大切でしょう。とても長いように感じますが、人が気持ちを改めるのに必要な期間でもあります。

最悪な別れ方をしたからこそ、ゆっくりと長い時間をかけて復縁をするのです。その辛抱強さこそが復縁につながることとなるでしょう。

復縁する意味をもう一度考える

最悪な別れ方をしたのに復縁したいのはなぜでしょうか。最悪な別れをすると、インパクトが強いので未練も強くなります。

それだけで執着してしまうことも多いのです。「復縁をしたい」「彼の心を取り戻したい」と過去にとらわれているのであれば、一度頭を冷やしましょう。

「彼が大切」「彼が好き」とシンプルな気持ちがある場合だけ復縁に向けた努力をしてください。まずは復縁の意味について考えることも大切にしましょう。

自分の非をしっかり認める

最悪な別れとなった理由はどちらか一方にあるわけではありません。お互いのすれ違いや傲慢さから最悪な結果を生んでしまったのでしょう。

そこでまずは自分の非をしっかり認めてください。この行為がなければ復縁できる可能性は低く、もしできてもすぐにだめになってしまします。

自分の非を認めてこそ、新しい自分と出会うことができるのです。しっかり自分自身と向き合い、そして将来のことまで考えるようにしてください。

まとめ

カップルは、100組いれば100の別れ方があります。その理由はさまざまであり、二人にしかわからないようなこともあるでしょう。だからこそ復縁できるかどうかも二人にしかわかりません。

復縁したい気持ちがあるのであれば、どのように別れたのかを振り返りましょう。そして自分たちの別れの場合の復縁の可能性について見極めてください。

あとは努力タイミングです。焦らずゆっくりと…別れと復縁についてと向き合い考えましょう。そのうえで復縁に向けて歩いてみてください。

やらない後悔よりも、やる後悔。復縁したいのであれば、最悪な別れであってもやってみましょう。それが次の恋愛に進む一歩となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。