復縁の冷却期間はどのくらい?【なし】でも上手くいく?よくある失敗例と冷却期間後の対応も紹介!

目次

復縁の冷却期間はどのくらい?【なし】でも上手くいく?よくある失敗例と冷却期間後の対応も紹介!

復縁願望が強いと、『今すぐに…』と焦る気持ちが出てきますよね。冷却期間が必要だと頭では理解していても、心が元彼を求めてしまうのです。

しかし復縁を成功させるためには、感情で行動してはいけません。まずは復縁計画をしっかり立てて、落ち着いて行動していくことが大切です。

それでも冷却期間なんて無理!
冷却期間の後の対応がわからない!

計画を立てていると、いろいろな疑問や壁にぶつかることもあるでしょう。そこで今回は、復縁の要である『冷却期間』について紹介していきます。

失敗例や冷却後の対応までマニュアル化しているので、自分にとって最適な方法を選択しましょう。絶対に復縁したい女性は参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁における冷却期間の効果

ネガティブな感情をなくす

どんなに愛し合っていたカップルでも、別れにはネガティブな原因が存在します。そのため別れた直後は、ネガティブな感情を強くもっているでしょう。

そこで復縁の話し合いをしても、心が揺れ動かされることはありません。元カノにも復縁にも魅力を感じることができないのです。

冷却期間をおくことで、少しずつネガティブな感情は薄れていきます。とくに男性は嫌な記憶に蓋をしてしまうからです。

別れた直後、

『喧嘩ばかりで安らがない』
『わがままばかりで疲れた』
『束縛が多すぎて不快』

だと感じていても、数か月たつと忘れてしまいます。

元彼からネガティブな感情をなくすことは、復縁するための最重要項目です。冷却期間中に蓋をしてもらえるようにしてください。

付き合っていた期間を美化する

冷却期間には、思い出を美化させる効果もあります。期間を空けることで、人間の本能がポジティブな記憶だけを思い返すようにさせるのです。

たとえば、辛くて苦しかった仕事を退職したとします。そのときは嫌で仕方なく、退職したあとは清々しい気持ちになるでしょう。

しかし数か月すると、退職を後悔することがあるます。苦痛だったことも、やりがいや楽しさに変換されて思い出すのです。

このように人の記憶は美化されてポジティブに変換されます。そうして上書きすることで、幸せに生きていけるように造られているのでしょう。

付き合っていたときに喧嘩ばかりでも、数か月たてば愛おしい時間に感じます。あなたとの思い出が綺麗な記憶に変換されるのです。

ゆっくり考える時間ができる

別れた直後は、いろいろな感情で混乱している状態です。悲しみ・怒り・悔しさ・寂しさなどで冷静な判断をすることはできないでしょう。

冷却期間とは、その名の通り『頭を冷やす期間』です。1人で過ごすことで、取り乱していた感情が落ち着いてきます。

そして、心ではなく、頭で考えられるようになるのです。復縁をするためには、ゆっくり冷静に考えることが大切となります。

だからこそ冷却期間は復縁できる確率を高める重要な時間です。頭と心の整理をするための期間となるでしょう。

お互いの大切さを実感できる

近くにいると『当たり前の存在』でも、遠くなることで『大切な存在』になります。離れることで感じる大切さがあるのです。

別れたのに頻繁に連絡をしていると、元彼は満足してしまいます。別れても近くにいるなら、復縁しなくても良いと思うのです。

しかし冷却期間をつくることで、元カノの存在の大きさに気が付きます。そして復縁しなければ遠くにいってしまうと感じさせることができるでしょう。

冷却期間は、『改めて気づくこと』を増やす期間です。元彼も、そして自分自身も「別れたからこそ見えてくることを大切に過ごしてください。

リセットして新しい気持ちになる

復縁というと、『別れの延長』のような気がしますよね。ときめきよりも安心や安定を感じることが復縁です。

もちろん恋愛には安心や安定は大切なものでしょう。しかし新鮮なドキドキとした感情も必要です。

冷却期間が長くなると、元恋人という感覚が薄れていきます。そして気持ちがリセットされて新鮮な気持ちで向き合うことができるのです。

寂しさや恋しさが出てくる

別れた直後は、男性はマイナスな感情に蓋をします。現実と向き合うことをせずに、解放感に浸りフリーになれた喜びで自分を誤魔化そうとするのです。

そのため飲み会や合コンを盛んにする人も多くいます。そんなときに復縁の話をしても、フリーの楽しさが勝ってしまうこともあるでしょう。

しかし時間が経過することで、少しずつ現実と向き合います。本当に彼女と別れたということを受け止め、寂しさや恋しさを感じるのです。

『会いたい』
『寂しい』

このような感情が芽生えたところで復縁の話が出れば、スムーズに進むでしょう。復縁にはタイミングが大切です。

元彼の心が自分に戻ってくるタイミングを待つのが冷却期間となります。なくてはならない効果的な時間となるのです。

何をしているか気になる

冷却期間中は、お互いの情報が入ってきません。今まで当たり前のように連絡を取り合っていたのに、急に途絶えるようになるのです。

そうすると、今どのような状態なのか気になります。何をしていて、何を想っているのかと知りたくなるのです。

『気になる=好意』です。気になることが相手への強い興味と好意へつながります。そして復縁への道となるのです。

別れの原因を解決できる

別れたときには、別々に歩まなくてはいけない原因があったのでしょう。それが解決しなければ、復縁してもうまくいかないですよね。

冷却期間があることで、別れの原因を見直して解決することができます。離れている時間があるからこそ、解決できる問題も多いのです。

冷却期間は、二人の絆を温める期間でもあります。離れて温めていくことで復縁できる可能性を高めていくでしょう。

復縁の冷却期間【なし】の場合に起こること

ネガティブな感情が拭えない

冷却期間がなしの場合、別れたときのネガティブな感情を持ち続けています。どこか心にモヤモヤした気持ちを抱えているでしょう。

そうすると少しのことでも喧嘩に発展してしまいます。相手の言動を素直に認めることができずに、ネガティブな感情が前に出てきてしまうのです。

結局争いが絶えずに、好きという気持ちが一層冷めてしまいます。お互いを憎み合うようになって、余計関係が悪化してしまうでしょう。

連絡がくるだけで嫌気がさす

別れた直後は、まだ気持ちの整理ができていません。とくに男性は解放感から自由を満喫していることも多いのです。

そんなとき別れた彼女から頻繁に連絡がくると鬱陶しいと感じます。通知を見るだけでも嫌気がさすようになるのです。

押せば押すほどに男性は逃げていきます。それが男性の本能なのです。冷却期間をなしにすると、ただしつこくせまられているように感じて逃げてしまうでしょう。

都合のいい女に成り下がる

冷却期間なしで元彼とコンタクトをとると、『元カノ=都合のいい女』になってしまいます。空いている時間に会えるような軽い存在に扱われてしまうのです。

『別れても連絡がくる』
『暇なときに返信する程度で平気』
『寂しいときに会える』

こんな都合のいい存在は、元カノだからこそ成り立ってしまいます。そのまま体の関係だけ持つようになり、復縁が遠ざかってしまうでしょう。

すべての経路をブロックされる

冷却期間がなしで連絡を取り続けると、元彼はしつこさを感じます。少し距離をおきたいと感じてしまい、連絡経路をブロックしてしまうのです。

メールもLINEもSNSもブロックされては、復縁の可能性は極めて低くなります。まるでストーカー扱いですよね。

元カノの大切さを認識するどころか、迷惑な女性となってしまい拒絶されます。ブロックされないためにも冷却期間は必要なのです。

復縁できてもすぐに破局する

冷却期間なしで復縁できたとしても、すぐに同じ理由で破局する可能性が高いしょう。なぜなら根本的な原因を解決できていないからです。

すぐに関係がうまくいかなくなり、また別れてしまいます。二回目の破局となれば、より復縁は難しくなるでしょう。

別れと復縁は繰り返してはいけません。復縁するときは慎重にして、同じ失敗をしないようにするべきです。

冷却期間【なし】でも復縁できるパターン

二人の意志ではない

二人の意志ではなく、周囲の反対で別れた場合です。状況によっては、第三者から別れさせられたこともあるでしょう。

もしお互い気持ちがあるのであれば、周囲に流されずに復縁するべきです。その場合、冷却期間は必要ありません。すぐに自分の気持ちを伝えましょう。

気持ちがあり引き裂かれたのですから、頭を冷やす時間はいらないですよね。冷却してしまうことで、気持ちが離れないようにしてください。

ただし反対されたのには、何かしらの理由も考えられます。まずは別れさせられた原因を追究することも必要です。

勘違いがあった場合

勘違いから別れてしまうこともあります。その場合は期間を空けずに、まずは誤解を解いて話し合うことが必要です。

たとえば、あなたが男友達と歩いていたのを浮気だと勘違いされていたとします。そして一方的に別れを告げられたのであれば、すぐにフォローが必要です。

冷却期間をつくってしまうことで、心が離れてしまうでしょう。そうなる前にすぐに誤解を解いて話し合いをしてください。

勢いで別れを切り出した

あなたが興奮状態で別れを切り出してしまった場合、すぐに話し合うことが必要です。一時の感情であったことを伝えてください。

『なぜ別れると言ってしまったのか』

その理由と謝罪を素直に伝え、復縁したいと言いましょう。あまり時間を空けない方が有効です。

誰でも勢いで心にないことを言い放ってしまうことはあります。大切なのは、その後の対応の早さと方法です。

後悔する前に、元彼に自分の気持ちを伝えてください。プライドを捨てて素直になることで、すぐに復縁できるでしょう。

別れの原因からベストな冷却期間を判断する

冷却期間:1週間パターン

【喧嘩の勢いで別れてしまった】
【些細なすれ違いが続いてしまった】
【彼の愛情が重すぎて勢いで別れを告げた】

別れてもお互い変わらない愛情がある場合は、冷却期間は1週間で問題ありません。とくに別れの理由が愛情の重さであれば、すぐに復縁できるでしょう。

好きであるが故に喧嘩をしてしまうことはあります。また愛情があるからこそ、相手に嫉妬や束縛をしてしまうこともあるものですよね。

愛情と憎しみは紙一重なので、些細なことで憎しみが増してしまうこともあります。それが別れにつながってしまうのです。

このような場合は愛情が残っています。1週間あれば、すぐに平常心に戻るでしょう。ただし、別れ癖がつかないように心を改めてください。

冷却期間:1か月パターン

【価値観の相違でうまくいかなくなった】
【相手を束縛して振られてしまった】
【遠距離恋愛で寂しくなった】

嫌いになったわけではなくても、一緒にいると何かがずれてしまうこともあります。しかし離れてみて別れることではなかったと気が付くのです。

このような場合、あなたが後悔しても元彼が同じ気持ちとは限りません。まずは距離をおいて、元彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

1か月あれば、状況は変わります。気持ちにも変化が出てくる頃です。一時の感情が落ち着きだして、改めて恋人の大切さを感じてもらえるでしょう。

冷却期間:3か月パターン

【彼に依存してしまった】
【些細な喧嘩が積み重なってしまった】
【仕事を都合に振られてしまった】

日常のことが積もって別れてしまった場合、冷却期間は3か月必要となります。元彼は、あなたへの不満を抱えて別れたパターンだからです。

別れたとき、彼はあなたに少なからず嫌気がさしている状況でしょう。そこで冷却期間なくせまってしまうと、余計に引いてしまいます。

まずは自分から身を引いて様子をみてください。そして元彼の心が落ち着くのをゆっくりと待ちましょう。

3か月たてば、あなたへのネガティブな感情もなくなってきます。そして綺麗な思い出が残り、また気持ちがリセットされるのです。

冷却期間:半年パターン

【交際がマンネリしてしまった】
【彼に好きな人ができた】
【彼が浮気をした】

完全にあなたへの愛情が消えてしまっています。ときめきがなく、一緒にいてもときめきも楽しさもないのです。

このような場合は、中途半端な冷却期間では感情を修復できません。完全に離れて気持ちをリセットしなくてはならないでしょう。

また彼が新しい恋愛をしているのであれば、何を言っても無駄です。新しい恋愛の行方を見守る必要があります。

少し長いようにも感じますが、まずは半年の期間を空けてください。そこで一度連絡をして彼の心境の変化を見守るようにしましょう。

冷却期間:1年パターン

【将来が見えなくなった】
【自分が浮気をしてしまった】
【一度復縁して別れてしまった】

少しやっかいな別れ方である場合は、1年もしくは1年以上の冷却期間が必要です。簡単に気持ちが変化するようなことではありません。

たとえば、あなたが結婚を希望しているけれど彼に結婚の意志がない場合です。将来の進む方向が違うのですから、復縁したところで何も解決しません。

このような理由の場合は、どちらかが将来の考え方を変えなくてはいけないでしょう。しかし将来のことを簡単に決めるわけにはいきません。

また男性は繊細であり、プライドが高い傾向があります。浮気されたなど、自分が裏切られたことを簡単に許すことはできないでしょう。

もし自分が彼を裏切ってしまった場合、その心がすぐに戻ってくることはありません。1年以上の冷却期間を経て復縁に向けて活動すると良いでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

状況によって冷却期間を変えていく

元彼から復縁をせまられた

冷却期間中に、元彼の方から復縁をせまってくることもあります。このような場合、冷却期間だからと無視することはしないでください。

復縁はタイミングが大切です。元彼が復縁したいと感じているタイミングを逃さずに、冷却期間中であっても応じるようにしましょう。

ただすぐに飛びつくのではなく、まずは友達関係から始めるようにしてください。会う頻度を少ずつ増やして復縁に向けて進めていきましょう。

元彼から頻繁に連絡がくる

あなたが距離をおいているのに、元彼から頻繁に連絡がくることがあります。その場合は、無視をせずに返事をするようにしてください。

ただし元彼からの連絡の意図を読み取ってください。何を考えて連絡してきているのかがポイントとなります。

『ただ寂しいだけ?』
『都合よく呼びつけている?』
『情があって連絡してきている?』

もし愛情ではなく、ただの情であると感じたら返事をするだけにしましょう。決して気軽に会うようなことはしないでください。

完全に連絡手段をブロックされている

冷却期間が終了して連絡をとろうとしたとき、すべてブロックされていることもあります。存在を完全にシャットダウンしているということです。

このようなときに復縁をしようとしても意味がないでしょう。自分では冷却したつもりでも、元彼の心は閉ざされたままだということです。

そうなっている場合、復縁をするべきタイミングではありません。ブロックが解除されるまで待つようにしましょう。

元彼に新しい彼女ができた

もし元彼に新しい彼女がいる場合、復縁は難しいでしょう。今元彼の心は新しい彼女の存在で埋め尽くされています。

そんなときに元カノが話し合いを願い出ても効果がないでしょう。むしろ邪魔な存在になってしまいます。

新しい彼女がいるのであれば、その関係が崩れるのを待つしかありません。まずは彼女ができてから半年は様子を見てください。

その間は、友達関係として良い距離感を保つようにしましょう。良き理解者でいることが元彼を取り戻すために大切なことです。

元彼に好きな人ができた

彼女はできていないけれど、好きな人ができることもあります。その場合も、今は元カノが心に入る隙間はないでしょう。

まずは恋愛の行方を見守りましょう。そして辛いときには支えてあげられるように、近くにいてあげてください。

もし恋愛がうまくいった場合も辛いですが見守るしかありません。どこかで恋愛がこじれるまで、友人としてサポートするしかないのです。

復縁は考えていないと言われた

冷却期間が過ぎてからといって、元彼が復縁を望むわけではありません。あくまでも復縁をするタイミングが良いというだけのことです。

あなたが復縁を望んでいても、元彼が復縁を考えていないこともあります。そうなれば無理に復縁の話をするのはやめましょう。

元カノとして、元彼との良い関係を続けてください。そして自分にとって必要な存在だと感じてもらうのです。

復縁は焦らずに進めることが大切なので、自分の気持ちを押し付けないようにしましょう。あくまでも元彼の心を尊重することが大切です。

体の関係を持ってしまった

復縁をする前に体の関係を持ってしまった場合、少し関係は変わります。元彼にとって、恋愛対象ではなく都合のいい女性になっているのです。

そうなると復縁をするのは難しいでしょう。体の関係を持った日から、半年以上の冷却期間を改めて設定する必要があります。

元彼との関係で一番避けるべきことは、都合のいい女になることです。一度関係をリセットできるように関係を立て直してください。

別れの原因が解決していない

どんなに長い期間を空けても、別れの原因が解決していなければ意味がありません。まずは原因を対処できる方法を考えるべきでしょう。

たとえば、遠距離恋愛で別れたとします。もし何も状況が変わらずに遠距離のままであれば、復縁してもまた別れがきてしまうでしょう。

期間は大切ですが、ただ放置するだけでは意味がありません。まずは別れの原因を排除できるような環境や状況を作ってください。

冷却期間中の注意点

冷却期間の意味を勘違いしてはいけない

冷却期間というのは、二人の関係を改めて見直す期間です。よく放置期間と混同させている女性がいますが、少し意味が異なるので気をつけましょう。

まず放置期間というのは、その名の通り元彼を放置することです。メールもLINEも返信せずに放置します。つまりは無視するということです。

冷却期間の場合は、連絡を無視するわけではありません。頻繁に連絡をしたり、会うことを避ける期間です。復縁の話し合いをせず、お互いの関係を考えます。

冷却期間中だからといって、元彼を完全スルーすることのないようにしてください。せっかくの好意を無駄にしないように気をつけましょう。

後ろ向きに過ごさない

冷却期間は自分の気持ちを抑えて過ごすのですから、辛いこともあるでしょう。元彼のことを考えると涙が止まらないという人も多いものです。

しかし冷却期間は、できる限りポジティブに過ごすようにしてください。自分の時間を大切にして、向上心をもって毎日の生活を送ります。

それだけで冷却期間を終えた後に違いがでるのです。ポジティブに過ごした人の方が魅力のある女性になります。

同じ時間をどう過ごすかは重要です。悲しみを乗り越えて、少しでも前向きに生活できるように気持ちを切り替えましょう。

他の男性に甘えたり頼ったりしない

冷却期間は寂しい気持ちから、他の男性に甘えたくなることもあります。つい近くにいる人に頼ってしまうこともあるでしょう。

しかし他の人で寂しさを埋めるのは、冷却期間の正しい過ごし方ではありません。それでは元彼との関係を修復することはできません。

もし冷却期間中に他の男性と過ごすと、あなたは元彼を裏切っていることになります。もし知られた場合、幻滅されてしまうこともあるでしょう。

冷却期間は自分の時間にしてください。誰かに甘えるのではなく、強く立てるように自分を立て直すようにしましょう。

冷却期間でよくある失敗例

我慢できずに連絡してしまった

冷却期間は1日でも長く感じます。それが1か月以上にもなると、とてつもなく長い期間に感じられるでしょう。

そこで耐えきれず、つい連絡を入れてしまう女性は多いです。そして感情が爆発したように、しつこくしてしまうのです。

その結果、元彼は必要以上に引いてしまいます。復縁どころか友達に戻ることも難しい関係になってしまうのです。

他の男性と関係をもってしまった

あまりに辛く寂しいことで、他の男性と関係をもってしまう失敗例です。意外と世間は狭いもので、噂はすぐに広がります。

元彼の耳にも入ってしまい、復縁の対象から外れてしまうでしょう。男性は一途に自分を想い続けてくれる女性に弱いのです。

自分以外の男に抱かれた元カノは、もう自分の元から離れたと認識します。軽い女性だったと軽蔑されて見捨てられてしまうのです。

冷却期間の見極めを間違えた

冷却期間、【なし】~【1年以上】と実に幅広いです。先ほどパターンを紹介しましたが、100組いれば100通りの別れと温度感があります。

正しい期間を適切かつ臨機応変に見極めるのは簡単なことではないでしょう。期間の見極めを失敗すれば、もちろん復縁にも失敗します。

『早すぎた』という場合もあれば、『遅すぎた』という場合もあるでしょう。どちらにせよ冷却期間はタイミングを間違えると無意味になってしまいます。

『あのとき〇〇していれば…』
『あのとき〇〇していなければ…』

後悔する人も多いものです。自分だけのペースではなく、元彼の状況に合わせて期間設定を調整してください。

ストレスで太ってしまった

冷却期間は、自分との戦いになります。辛くて苦しい日もあるでしょう。ストレスや負担を抱え込んでしまう女性も多いです。

その結果、数か月の冷却期間中に太ってしまうという失敗が起こります。食べることでストレス発散をしてしまうのです。

これでは久しぶりにあった元彼に幻滅されてしまいます。せっかく気持ちを冷却させても復縁にはつながらないでしょう。

冷却期間は少しでも自分を向上させるよう努めなくてはいけません。ストレスは運動で発散できるように変えていってください。

元彼のストーカーになってしまった

情報が途絶えることで、元彼が今どこで誰と何をしているのかと気になりますよね。自分から聞くこともできずに悶々とした日々を過ごすでしょう。

そうすると、コッソリ元彼の職場や自宅周辺に偵察に行ってしまいます。また毎晩のようにSNSで検索をして動向を調べたりしてしまうのです。

ストーカーのような行為は、いつかバレてしまいます。冷却期間どころかストーカー期間になっていたと知れば、元彼は冷めてしまうでしょう。

気になる気持ちは抑えて、自分の時間を大切にするように心がけてください。元彼が何をしていても、今の自分には関係ないと言い聞かせましょう。

冷却期間後の対応方法

軽い挨拶からコンタクトを始める

冷却期間が終了したからといって、突然アプローチを始めるのは失敗の元です。先ほどもお伝えしたように、タイミングを見計らう必要があります。

まずは軽い挨拶から始めましょう。メールやLINEで近況を聞いてみてください。そして元彼の返事内容で見極めていきましょう。

【久しぶり!元気?この前〇〇に会ったよ~。】
【仕事は順調?もう3か月ぶりだなんて、驚きだな~。】

この何気ない連絡に対して、温かみのある返事がくれば冷却期間は終了です。しかし返事がこない、または冷たい場合は継続の必要があります。

最初は軽いコンタクトで様子を見るところが大切です。元彼の性格を知っているあなただからこそ、慎重に見極めることができるはずです。

自分の変化を感じてもらう

冷却期間から復縁につなげるには、変わった自分を見てもらう必要があります。そこで改めて魅力や存在の大きさを認識してもらうのです。

【〇〇の資格やっと取得できたよ】
【今英会話学校に行ってて、来月テストがあるの】
【ジムに通ってて、なんと5㎏も痩せたよ】

このような向上した内容を伝えて、自分が変化したことを伝えましょう。元彼は元カノが前を向いて歩いていたことに魅力を感じるはずです。

別れて考えたことを話す

冷却期間では、頭と心を整理したでしょう。そこで冷却期間で感じたことや考えたことを元彼に話してください。

  • 別れた原因
  • 復縁したときの解決法
  • 離れてみて感じた元彼への気持ち

これらを素直に伝えることで、冷静に気持ちを聞いてもらえます。そこで納得してもらうことが復縁につながるのです。

冷却期間を意味あるものにするためにも、話し合うことは大切でしょう。別れていたことから逃げずに二人で向き合うようにしてください。

用事を作って1日デートする

冷却期間のあとは、とにかく一度会わないことには進展しません。連絡をして反応が良かった場合は、用事を作って会う約束をしてください。

冷却期間後の初デートは、カフェで2時間程度が良いでしょう。名残惜しいくらいの時間からスタートしてください。

新鮮さを意識するように、あえて距離をとると良いです。そこで近況報告などだけして別れてください。

冷却期間後のデートでは復縁の話はしないようにします。まずは『魅力的な元カノ』『貴重な存在』だと感じてもらうことが大切です。

1日デートをしてからは、徐々に連絡頻度を増やしていきましょう。元彼から復縁という言葉が出るように仕向けてください。

復縁の意志があることを感じてもらう

前項でもお伝えしたように、最終的な復縁の告白は元彼からしてもらう方が良いです。そこで告白できる環境を整えるのがポイントとなります。

男性は女性よりも復縁に対して慎重です。また自信や確信がなければ、復縁を申し出ようとは思わないでしょう。

そこで、『まだ好意がある』ことを知ってもらいましょう。そのうえで、別れた原因と対処法も提示しておきます。

復縁までの道を用意してうえで、元彼が安心して復縁を決断できるようにしておくのです。そうすれば自然と復縁の意志がかたまり告白をしてくれるでしょう。

それでも復縁ができなかったとき

再度冷却期間をつくる

自分の中で冷却期間が終了していても、元彼にはタイミングでないこともあります。『今じゃない』と思い、再度冷却期間をつくるようにしましょう。

再設定をするときには、まずは1か月から様子をみてください。それでも状況が変わらない場合は、また1か月と期間を延ばしていきます。

最終的に『〇ヶ月待ってダメなら諦める』と決めて努力しましょう。復縁にはタイミングが大切なので、焦らずに待ってください。

復縁できない理由を考える

復縁できないことには元彼の中にネガティブな理由があるからです。まずは元彼が抱えている復縁できない理由を解明しましょう。

『他に気になる人がいる』
『まだ別れを克服していない』
『今は仕事に集中したい』

理由によっては、どのように対処していくか変わってきます。もう少し待てば状況が変わるようであれば、その時を待ちましょう。

新しい恋愛をする

元彼が復縁を考えていないのであれば、一度あなた自身も元彼から身を引きましょう。好きという気持ちを無理に消さなくても良いので新しい出会いを探すのです。

世の中には素敵な男性は多数います。元彼は復縁できないということは、運命の相手は他にいるということです。

新しい出会いを通して、価値観や気持ちに変化がでるでしょう。いろいろな人がいることを知り、自分の心を変えていってください。

そうしていくうちに新しい恋愛もできるものです。また新しい恋愛をしようと前向きでいることで、元彼の気持ちが戻ってくることもあります。

環境や状況を変える

別れたときと同じままで復縁をしようとしても、元彼の心は動かないでしょう。もし復縁できないのであれば、環境や状況を一新させてみてください。

たとえば、転職をしたり引越しをします。髪型やファッションを変えてみるのも良いでしょう。

今の環境や状況を少し変化させるだけで、気持ちにも変化が出ます。元彼にも新しい変化が伝わるものです。

『今のままでは変わらない』と思い、何かにチャンレンジしてみてください。現状維持ではうまくいかないと考えましょう。

数年単位での冷却期間を設ける

冷却期間のあと復縁ができなかったときには、長期戦での復縁を検討しましょう。一度復縁や元彼のことは心の奥にしまい、今の生活を満喫してください。

仕事をして友人との時間を楽しみ、そして新しい恋もします。そして『数年後に復縁できれば良い』くらいの気持ちでいましょう。

これは気持ちを切り替える方法です。そのまま諦めることになるかもしれません。新しい恋愛がうまくいくこともあります。

ただ『いつか復縁できるかも…』と思うだけで前向きになれるものです。結果は後でついてくると思い、今という時間を楽しむように心がけてください。

冷却期間のときに自分がするべきこと

自分を向上させる努力をする

冷却期間は、できるだけ自分磨きをするようにしてください。特に女性は努力次第で綺麗になれるものです。

ヘアメイク・ファッション・体型管理をしっかりしましょう。少しでも魅力的になることで自信がつきます。

もちろん内面も、目の前にあることを懸命におこなってください。人への配慮などもできるように女性としての力を向上させていきましょう。

別れの原因を解決する

冷却期間を何も考えずに過ごすのでは意味がありません。落ち着いて別れについて整理をする期間です。

なぜ別れてしまったのか?

それを自分なりに考えてください。おそらく別れの原因は一つではありません。いろいろなことが積み重なってしまったのでしょう。

また一方が悪いわけではなく、お互いに欠けていることがあったはずです。それらすべての原因を考えて、書き出してみましょう。

そして、どうしたら解決できるのか自分なりに考えていきます。解決方法を明確にすることで復縁への道筋ができてきます。

【私が嫉妬して束縛した→もっと彼を信じる】
【彼の連絡が少なすぎる→最低でも寝る前にはLINEしてもらう】
【お互い仕事の休みが合わない→シフトの調整や転職も検討】

このようにで解決策を書き出してください。冷却期間が終わって話し合いをするときに、必要になることです。

元彼のことばかり考えない

冷却期間中は、元彼の動向が気になって仕方ないでしょう。しかし1日中元彼のことを考えるのはやめましょう。

それよりも別のことに意識するようにコントロールしてください。そうすることで前向きに冷却期間を過ごすことができます。

元彼のストーカーになってはいけません。自分の今をしっかり地に足つけて歩くことが復縁につながると信じてくださいね。

新しいことを始める

新しいことを始めると、価値観が変わってきます。習い事でも趣味でもなんでも良いので、新しいことを始めてみてください。

そこで新しい出会いもあるでしょう。そうして自分の環境を変えることで、元彼の見え方にも変化が出てきます。

自分の殻に閉じこもるようなことはせず、いろいろなことにチャレンジしてください。それが冷却期間に良い影響を与えるのです。

自分の可能性を信じる

冷却期間中は、自分に自信をなくしてしまう女性が多いです。『どうせ私なんて』というマイナスなことばかり考えてしまうでしょう。

しかし自分で自分を認めなければ、元彼だって戻ってきてくれません。自信を持てるようにしてください。

別れてしまったのは、あなたに魅力がないからではありません。ただ関係が崩れてしまっただけのことです。

少しでも自分が輝けるように努力をすることで、自信が出てきます。冷却期間が終わったときに、自信のある女性でいることが大切です。

自分の可能性を信じて、自信をもって毎日を過ごしてください。足りないものは補う努力をして、魅力的な女性になりましょう。

まとめ

復縁と冷却期間は切り離せない関係です。必ずセットで考えた方が良いです。まずは別れの原因や状況から冷却期間の設定をしてください。

ただ中には、冷却期間がなしでも復縁できるパターンも存在します。また状況によって冷却期間を変動させる必要もあるでしょう。

頭が混乱している状態では、正常な判断ができません。冷却期間や復縁のタイミングを間違ってしまうこともあります。

しかしタイミングを間違えると復縁は遠ざかってしまいます。まずは冷却期間を設定する前に、自分が冷却できていることが大切です。

大切な元彼と復縁するために、冷却期間は必要です。辛い日もありますが、有意義な冷却期間になるように努力してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。