復縁が難しいパターンとは?具体例と対策を紹介

復縁が難しいパターンとは?具体例と対策を紹介

復縁の可能性は一概に言えるわけではなく、別れの理由や状況によって異なります。復縁しやすい別れもあれば、難しいパターンもあるのです。

嫌な別れ方をしてしまうと、復縁のきっかけや方法がわからずに悩む日々でしょう。それでも気持ちが残っているのであれば、勝負を諦めてはいけません。

「自分に復縁の可能性はある?」
「難しい場合はどうしたらいい?」

今回は少し嫌な別れ方をしてしまった人へ、復縁をするための対策を紹介します。復縁の可能性が1%でもあるのであれば、ぜひチャレンジしてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

難しい復縁とは?

そもそも復縁とは、恋愛の中でも難しいものです。一度別れを選び、離れてしまった心を戻すというのは容易なことではありません。

その中でも復縁しやすいパターンとは、勘違いやすれ違いなどから生じてしまった別れです。一時の感情だけで別れを選んでしまうことがあります。

このような別れの場合、別れを選んでも心は離れていません。冷静に話し合うことで、お互いの気持ちを確認し合うことができるでしょう。

難しい復縁となるのは、完全に心が離れてしまった場合です。愛情や信頼がなくなったとき、また築き上げていくのはゼロではなくマイナスからのスタートとなります。

まずは関係をゼロにしてから、復縁に向けてプラスに変えていくのです。この2STEPがあることで、復縁は難しいものとなるでしょう。

なぜ復縁したいのか考える

難しい復縁に挑むとき、それは意地や依存である場合も多いです。ただやけになっているだけかもしれません。

なぜ復縁したいのか自分の気持ちと向き合って考えてください。大切なのは「好き」という恋愛感情があるかどうかです。

復縁は、やり直すことが目的ではありません。もう一度恋愛をすることです。別れた恋人に恋愛感情はあるのでしょうか。

その気持ちに向き合えるまでは復縁活動はしない方が良いです。難しい復縁だからこそ、自分の気持ちをはっきりさせるようにしてください。

自分から別れを告げて傷つけてしまった

別れを自分から告げた場合、また自分から復縁を迫るのは難しいことです。元彼を振り回してしまい、余計に傷つけてしまうことになります。

自分勝手で自己中心的なあなたの言動に、元彼は嫌気がさしてしまいます。だからこそ復縁は難しく、慎重に進める必要があるのです。

このような場合、まずは連絡しない期間を設けてください。最低でも3か月は必要です。気持ちを抑えて我慢しましょう。

そして3か月で自分の感情を整理してください。もう振り回して傷つけることがないように、揺らがない気持ちを認識する必要があります。

「なぜ別れを告げたのか」
「なぜ傷つけてしまったのか」
「離れて気が付いた気持ち」
「反省したこと」
「自分に足りずに努力が必要なこと」

ここまで考えて伝えてみましょう。3か月の間にいろいろな気持ちを考えてくれたことで、元彼の気持ちは動かされます。その場の感情で動くようなことだけは避けてください。

自分に好きな人ができた

自分に好きな人ができたことで別れた場合、元彼に与えた傷はとても大きいです。それなのにまた復縁を望むのは、とても難しいパターンだといえます。

心変わりはしてしまうものですが、失ってみて大切さに気づくこともあるでしょう。マンネリだったカップルは、新しい出会いに心が揺れてしまったのかもしれません。

この場合の冷却期間としては、3か月ほどがおすすめです。お互いに気持ちの整理をつける期間を設けましょう。

そして復縁するときには、「好きな人ができた経緯や経過」について具体的に話してください。あなたには話す義務があるでしょう。

「あなたの気持ちが見えなくて寂しくなった」
「そのときに優しくしてくれた人を好きになったように勘違いしてしまった」
「自分の心の弱さが原因だった」
「別れてみて、好きなのはあなただけだと気が付くことができた」

ここまできちんと話すのです。そうすれば気持ちがふらふらしているわけではないと思ってもらえます。寂しい気持ちがそうさせてしまったと感じるでしょう。

好きな人ができたと言われるのは、元彼の心に深い傷をつくっています。それを忘れずに復縁の話し合いができるようにしてください。

元彼に好きな人ができた

元彼に好きな人ができて別れた場合、その恋愛がどう進展していくのか見守る必要があります。結果次第で復縁は長期戦で難しいものとなるでしょう。

まず「元カノ」と「新しい彼女」を天秤にかけたとき、現状で勝つのは「新しい彼女」です。心をときめかせている人の方に強い気持ちをもっています。

そこで、どんなに元彼が復縁を迫っても心に響きません。むしろ、うっとうしいと感じてしまい、引いてしまいます。

辛いですが、新しい恋愛の行く末を見守っていきましょう。時々、近況報告をしながら返答や反応を見てタイミングを待ちます。

連絡は3か月に1度程度にして、様子をみてください。好きな人との関係が良好の場合は反応が悪く、うまくいっていないときには反応が良くなります。

今なら入る隙間があると確信できるまで待つことが大切です。それまでは我慢して、少しでも自分を向上させられるよう努力してください。

自分が浮気をしてしまった

もし自分の浮気が原因で別れてしまった場合、復縁するのはもっとも難しいパターンだといえます。あなたが浮気をしたことで、元彼を傷つけ信頼を失っているからです。

今さら復縁を申し出たところで、話さえ聞き入れてもらえないことが多いでしょう。覚悟をして挑まなければ、お互い心がボロボロになってしまいます。

まずは浮気してしまったことを反省して改心するためにも、半年ほど期間を設けてください。そのさい、最初に伝えておくと効果的です。

「軽はずみな気持ちで浮気をしてしまったこと、本当に後悔しています」
「本当は今すぐにでも復縁したい気持ちが大きいです」
「でもすぐに信じてもらえないと思うし気持ちの整理もあると思うし」
「だから半年自分なりに改心できるように努力する」
「愛情と信用を取り戻してもらえるようになる」

そう伝えたうえで、半年後に連絡を入れてみてください。浮気をしたことは、決して許されることではありません。そのけじめをつけるためには、安易に復縁してはいけないのです。

半年の期間をおいて、自分なりに努力したことや反省の念や元彼への愛情を伝えるようにしましょう。

元彼が浮気をしてしまった

元彼の浮気が原因で別れた場合、復縁は早まらない方が良いです。浮気されてもすぐに嫌いになることはできず、気持ちが残ってしまうのは当然でしょう。

しかし浮気した事実は消えません。元彼は同じことを繰り返す可能性もあります。浮気をされる心配に悩まされることになるかもしれないでしょう。

そこで3か月は冷却期間をつくってください。本当に自分にとって必要な存在で、また信じることができるのかを考えるのです。

もし復縁をするのであれば、元彼の浮気を責めるようなことはできません。浮気をきちんと乗り越えたうえで復縁しましょう。

「浮気した事実は消えないし、とてもショックで悲しかった」
「それでももう一度あなたと向き合いたい」

そう伝えてみてください。もちろん二度目の浮気があれば、もう信じることはやめるべきです。一度だけであれば、チャンスを与えることも必要でしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

自然消滅となってしまった

だんだんと連絡が少なくなり、自然消滅をしてしまうこともあります。このような別れ方の場合、原因も曖昧で気持ちも薄かったことから復縁が難しいでしょう。

まず連絡がとれる状態かどうか確認をしてください。電話やメール、今はSNSなどでも良いです。何かしらの連絡手段がないと何もできません。

もし連絡できる手段があれば、一度連絡をとってみてください。「久しぶり。元気にしていますか?」と送り、元彼の反応をみてみましょう。

自然消滅は、曖昧ですが必ず理由があるものです。「仕事が忙しい」「喧嘩した」「好きな人ができた」などがあります。原因を曖昧にして連絡頻度を減らすことによる別れに至るのです。

久しぶりに連絡をとったら、曖昧にしていた別れについて切り出しましょう。そして原因や今後について改めて考える機会をつくるのです。

「あれから別れた状態になってしまったけど・・どうしても心残りがあって・・」
「あのときは時間が合わなくて連絡もしなくなってしまったけど・・」
「もう戻れないのかな・・?」

このように本題と向き合うことで、知らかった思いを聞くことができるかもしれません。そして復縁のきっかけにすることができるのです。

喧嘩したまま別れてしまった

喧嘩したまま別れてしまう場合、感情に任せて勢いで別れてしまうことが多いです。頭に血がのぼっていて冷静ではない状態なので、つい心にないことを言ってしまいます。

「もういい!別れよう!」

このように喧嘩したまま別れてしまった場合は、あまり時間を空けない方が良いです。そしてプライドを捨てて素直になる必要があります。

「あのときはカッとなって心にもないことを言ってしまってごめん」
「もう簡単に別れようなんて言わないし冷静に話し合う努力もする」
「だからもう一度やり直してほしい」

冷静に話して、謝罪をしましょう。喧嘩別れは数か月も期間を空けないように気をつけて、すぐに行動をしてください。

すぐに会えない距離にいる

遠距離恋愛になり別れてしまった場合、同じ状況で復縁するのは難しいでしょう。なぜなら物理的に原因が解決していないからです。

遠距離恋愛で別れてしまうのは、「寂しさ」が大きいでしょう。寂しくて別れたのですから、復縁をしても寂しさを埋めることはできません。

復縁の意思を伝えても、また同じことが繰り返されてしまう気がして承諾してもらないでしょう。そこで「寂しさ」を埋める方法を提示する必要があります。

①プロポーズをする

復縁をきっかけに、そのまま結婚を申し入れるのです。これなら復縁をしたら、一緒に生活することができます。寂しさはなくなるのです。

これくらいの覚悟があることを伝えて、結婚を前提とした復縁にすれば成功率も高いでしょう。女性からのプロポーズは斬新です。

もしも自信がない場合は、友達などに協力してもらうのもありです。

②強くなる

寂しさでダメになってしまうのは、心の弱さがあるからです。恋愛に依存してしまい、他のもので心の隙間を埋めることができなかったのでしょう。

そこで復縁をする前に、自立して1人でも前を向ける強さを身に着けてください。没頭できることやものを見つければ、遠距離でも信じることができます。

強くなった自分をアピールして、寂しさが弊害にならないことを伝えましょう。それが遠距離恋愛を乗り越えるためには必要は対策です。

周囲から反対をうけた

複雑な恋愛関係だった場合、周囲からの猛反対を受けて別れることもあります。年の差やバツイチや不倫など、世の中には受け入れにくい恋愛も多数存在するものです。

周囲の反対をうける恋愛で復縁をしたいのであれば、まずは反対される理由をなくす努力が必要です。恋愛は当人同士の問題ですが、やはり祝福されたいと願うものでしょう。

年の差は埋まりませんが、年下がしっかりと自立すれば文句は言われません。
バツイチの×は消えませんが、前の家族とけじめをつけていれば問題ありません。
不倫はいけないことですが、離婚して独身になれば反対されることはなくなります。

このように反対される理由がなくなるよう、まずは自分にできることをしてください。そして周囲に何を言われても気持ちを貫く覚悟と復縁したい強い意志を伝えましょう。

金銭トラブルがあった

交際をしていて金銭トラブルがあるのは、大きなマイナスです。お金の貸し借りは恋人同士であっても避けた方が良いことでしょう。

それでも「お金」以外は完璧で愛情をもっているのであれば、復縁したい気持ちになります。どうにかできないものかと悩むでしょう。

そして二度と金銭での迷惑をかけない約束をして、復縁に向けて話し合いをする必要があります。お金の管理さえきちんとすれば、復縁してもうまく交際をしていけることも多いです。

ただし結婚となると話は変わってくるので、あくまでも交際からゆっくり再開させてください。

まとめ

復縁には、容易なものから困難なものまでケースはさまざまです。ただ100%不可能な別れというのはありません。どんなパターンにも原因と対策があるのです。

一度は愛し合っていた二人です。問題を解決すれば、また離れていた心が戻ってくることは十分にあります。またお互いが向き合えるように努力してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。