最短で復縁する方法とは?復縁に成功した人の体験談も紹介!

最短で復縁する方法とは?復縁に成功した人の体験談も紹介!

復縁するためには、ある程度の冷却期間をつくる必要があります。気持ちを落ち着かせて決断をしなければ、復縁をしても成功しないためです。

しかし大好きな元彼であれば、1日でも早く復縁したいでしょう。離れている時間が長いほどに、不安や苦しみが増してしまいますよね。

最短どれくらいで復縁できる?
最短でもうまくいく方法は?
最短で復縁した人の実体験ある?

今回はこのような疑問を解決するべく、最短で復縁する方法を紹介します。実際に成功した人の体験談もあるので、ぜひ参考にしてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

最短の復縁とは具体的にどれくらいの期間?

通常は最短でも1か月は必要

別れを選んだ二人が復縁をするのですから、簡単に決断できることではありません。通常であれば、最短でも1か月の期間は必要だと考えましょう。

1か月以内の復縁の場合、完全に頭と心が整理できていない状態です。そのまま復縁をしてしまえば、また同じことで悩んで苦しんでしまいます。

同じことで再び別れてしまうことになるでしょう。せっかく復縁できても、すぐに別れてしまうのであれば意味がありませんよね。

元彼との復縁を望んでいるとき、1か月はとても長く感じます。1か月の間に元彼の心が離れて、他にいい人が現れたら…と考えると不安で仕方ないでしょう。

しかし「たった1か月」で心が離れて移るくらいであれば、そもそも復縁なんてできません。「縁」を信じて待つことも大切です。

気持ちが落ち着くのは1週間

感情に任せて勢いで別れてしまうこともあります。このような場合、気持ちが落ち着くのは1週間ほどです。冷静になって喧嘩の謝罪をすれば復縁できることもあるでしょう。

喧嘩別れの場合は、長い期間をあけてしまうことで仲直りできなくなることもあります。1週間たって気持ちが落ち着いたら、元彼に会いに行きましょう。

喧嘩別れは、感情がヒートアップしてしまっただけです。ほとんどの場合、お互いに後悔しています。あとは素直になるタイミングがないだけなのです。

この前はごめんなさい

そう目を見て謝りましょう。もし喧嘩の原因や対処法があるのであれば、謝罪と共に伝えてください。1週間でも気持ちが落ち着いていれば、復縁することはできるでしょう。

別れを受け入れるのは2週間

男性が別れを受け入れるのは、別れてから2週間ほどたってからです。最初は受け入れることができずに、何も考えずに過ごしてしまいます。

寂しさや苦しさを感じることもなく、「フリーになった」ということの解放感に逃げるでしょう。そうすることで自分を落ち着かせて平常心を保っているのです。

2週間経過したところで「もう彼女が自分のものでない」ということを実感します。そして寂しさや苦しさが徐々に出てくるでしょう。

つまり男性が復縁したいと感じるのは2週間たってからです。それまでは連絡をせずに待ち、2週間を過ぎた頃に連絡を入れてください。

うまくいけば最短で2週間で復縁を成功させることができます。男性の心理を読み取りながら行動してみましょう。

1日というパターンもある

「鉄は熱いうちにうて」というように、冷却する前に復縁をすることで成功することもあります。別れた翌日に復縁するというパターンです。

1日しかたっていないのですから、別れということを受け入れていないでしょう。だからこそ曖昧で混乱しているときに復縁してしまうのです。

「復縁したもん勝ち」といったところでしょう。それでも元彼を取り戻せるのであれば本望だという女性も多いので、1日での復縁も可能性としてはあるのです。

別れて数時間後に復縁というカップルもいる

昼に別れて、夕方には復縁するというカップルもいます。1日のうちに別れと復縁を経験するのです。これほど最短な復縁はないでしょう。

ここまで最短の場合、もはや別れているとカウントして良いのかも不明ですよね。ただ大喧嘩をして仲直りをしただけともいえます。

しかし当日復縁できなかったら、本物の別れに発展してしまうでしょう。すぐに我にかえって復縁できたからこそ、痴話げんかで済んだということもあります。

場合によっては数時間での復縁が功を奏すこともあるのです。復縁に冷却期間は必要ですが、例外もあるということを認識しておくと良いでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

最短で復縁する方法

別れを曖昧にしない

最短で復縁をしようとすると、別れたことをなかったことにしようとします。「あれは何かの間違い」だと曖昧にして誤魔化してしまうのです。

しかし男性は曖昧に流されてしまうことに納得しません。誤魔化そうとすると、余計に追及したくなってしまうでしょう。

短い期間で復縁をするからこそ、別れたことを無視してはいけないのです。なかったことにはせずに、なぜ今のような状況になったのか考えましょう。

落ち着いて向き合う姿は、元彼の心にも真っすぐに届きます。まずは現実を見ることが何よりも重要なのです。

別れて数日後に話し合いを設ける

別れてから復縁をするのは、話し合いの場が必要です。急に復縁の話しを進めるのではなく、ワンクッション挟んだ方が気持ちの整理がしやすいでしょう。

別れを決めたときは、冷静な状態ではなかったはずです。そこで別れて数日たったら、「落ち着いて話したい」と連絡を入れましょう。

よほど最悪な別れ方をしていない限りは、元彼も話し合いに応じてくれます。冷静に話し合いができるカフェやレストランで会う約束をしてください。

別れて初めて会ったときが勝負です。ここで元彼に「やっぱりやり直したい」と思ってもらわなくてはいけません。

しつこく復縁を迫るようなことはせず、まずは別れの原因について素直に話し合いましょう。自分に非があれば、反省して謝罪してください。

ここでは「後悔している」「まだ好き」ということを伝えるのがポイントです。元彼の未練に火をつけていきましょう。

そうすれば自然と元彼の方から復縁を望んできます。話し合いの数日後には、連絡が入ることでしょう。最短で自然に復縁するために話し合いの場で勝負してみてください。

別れの原因と解決策を考慮する

復縁を望むのであれば、別れの原因を解決する必要があります。たとえば遠距離で別れたのであれば、最短で復縁したところで遠距離という問題は解決されていません。

どんな問題であっても解決策がなければ、最短での復縁は難しいでしょう。まずは自分なりの解決方法を考えて、元彼に伝えるようにしてください。

遠距離であるならば、「引っ越し」「同棲」「毎日のSkype」「月1回は会う」など。別れる前にはしていなかったことを提案する必要があります。

元彼が「それなら大丈夫だ」と思える提案をしましょう。そうすれば最短期間で気持ちを合致させて復縁することができるのです。

素直に自分の気持ちを伝える

とても当たり前のことですが、何よりも素直に自分の気持ちを伝えることは一番心に響きます。プライドや意地は捨てて、ありのままの自分の心をさらけ出してみましょう。

「復縁するため」という気持ちは一度忘れてください。復縁することが目的になってしまうと、そこには打算や邪念のようなものが入り込んでしまいます。

復縁するためではなく、ただ自分の気持ちを元彼に聞いてもらうのです。

「私にとってかけがえのない存在で別れて改めて大切さに気づいた」
「本当に心が張り裂けるくらいに大好きで何よりも大切です」
「あなたを失うなんて考えられない」

ストレートな言葉は人の心に届いて染みわたります。何よりも強い威力があるものです。別れた今だからこそ元彼に自分の思いを届けましょう。

とりあえず1週間は音信不通期間をつくる

最短での復縁を望んでいる場合でも、1週間は音信不通期間をつくってください。別れてから、LINEもメールも電話も一切しないのです。元彼からの返事もスルーしましょう。

1週間だけでも音沙汰がないと、元彼はとても気になります。「なぜ?」「なに?」と悶々とした気持ちになるのです。

気にさせて心を引き寄せておいてから連絡を入れることで効果が出ます。元彼を突き放してから、安心させましょう。

1週間ぶりの連絡に元彼は「やっぱりコイツだ」と感じるのです。それには音信不通期間をつくることが重要となります。

「YES」か「NO」の二択を迫る

最短で復縁をするのであれば、元彼に余計な選択肢や時間を与えてはいけません。復縁するか否か…この二択しかないのです。

少し強引ではありますが、二択の選択を迫ってください。元彼が出す答えは「YES」か「NO」しかないのです。それ以外に進む道はありません。

復縁する?しない?

そう聞けば思わず「復縁する」を選択する男性が多いです。二択しかないのであれば、元カノをつなぎとめておきたいという心理が働くでしょう。

追い詰めて迷う隙を与えないことも復縁できるポイントとなります。押しに弱い男性であれば、とくに効果が出る方法でしょう。

復縁をしてから今後を考える

本来復縁をするのであれば、将来の二人のことまで考えているのが好ましいです。何も考えずに感情で復縁をしても、その後の二人の未来が崩れてしまいます。

しかし最短で復縁するのであれば、未来のことまで考えが及びません。そこで細かいことは気にせずに、まずは復縁してしまうと良いです。

グイグイ押して復縁をして、あとは復縁してから考えましょう。復縁してつなぎとめておけば、どうにかなることもあります。まずは元彼を今彼へと変えてしまうことが先決です。

今復縁しないなら諦めると伝える

男性にとって元カノというのは、いつまでも自分を好きでいてくれる存在だと思っています。だからこそ、すぐに復縁しなくてもそばにいてくれると感じるのです。

そこで復縁をしなければ諦めて遠くに行くことを告げましょう。0か100であり、復縁しないのであれば会わないと言うのです。

そうすると元彼には焦りが出てきます。今復縁しなければ、元カノが手の届かない人になってしまうと不安になるでしょう。

究極の選択をしてもらうことで、元彼は復縁を選ぶのです。それが最短で復縁するための手段の一つとなります。

短期間で冷静に気持ちを切り替える

最短で復縁をするためには、最短で気持ちを切り替える必要があります。まずは自分自身が数日のうちに気持ちを冷静に落ち着かせましょう。

興奮した状態や感情で動いているうちは、復縁はうまくいきません。元彼にも復縁を意識してもらうためには、冷静な精神状態が必要です。

泣いたり怒ったりと、感情的にならないようにしましょう。そして冷静に復縁について話し合うようにしてください。

復縁するメリットをプレゼンする

少しでも早く復縁するためには、元彼に復縁したいと思わせる必要があります。さらには、一刻も早く自分の元に戻ってきてほしいと思わせましょう。

まずはあなたと復縁することのメリットを最大限に伝えてください。どんな良いことがあるのかを元彼にプレゼンしましょう。

「あなたのことを最大限にサポートする」
「栄養のある食事を作る」
「あなたの趣味を理解する」

とにかく自分をアピールすることで、元彼に復縁したいと思ってもらいましょう。そうすることで元彼の方から急いで復縁を希望してくるのです。

最短で復縁に成功した人のリアルな体験談

ここからは私の経験や友達で復縁した人の成功体験を紹介します。

1か月での復縁に成功しました!【交際3年:25歳】

交際して3年になる彼と些細な喧嘩で別れてしまいました。すぐに別れたことを後悔して復縁したいと思ったのですが、喧嘩が続いていたので少しだけ頭を冷やすことにしたんです。

「なぜ喧嘩をしてしまうのか」と1か月間考えました。その結果、お互いに甘えていることが原因だと気づいたんです。

今までは遠慮して思い合っていたのが、3年目になって遠慮もしなくなった気がします。それが良くも悪くも慣れ合いすぎてしまい、喧嘩に発展してしまうようになりました。

1か月たって元彼にそれを伝えました。「親しき中にも礼儀あり」どんなに長く交際しても、夫婦になっても思い合うことは大切だと反省して謝罪したんです。

すると彼も納得してくれた様子で、自分も悪かったと言いました。そして「もう一度新しい気持ちでやり直そう」と彼の方から復縁を迫ってくれたんです。

もちろん1か月は長かったです。でも1か月の期間をあけたことで、お互いの大切さを認識することができました。それに一般的には最短と言われますよね。

私の経験でわかったことは、悲しみに暮れる1か月にしては意味がないということです。それよりも前向きに過ごす1か月にすることで意味が出てきます。

なんと別れて1週間で元彼が戻ってきました【交際1年半:27歳】

私たちは交際1年で遠距離恋愛になってしまいました。すぐに会えない距離にいることで、すれ違いが増えてしまい別れてしまったんです。

そこで私は1週間後に会いに行きました。新幹線で1時間ほどの距離なので、会えないことはない距離です。ただなかなかお金や時間を考えると行けずにいました。

会った瞬間に離れていた気持ちはすぐに戻りました。もう言葉はいらない…そんな空気で復縁に至った感じです。

遠距離恋愛という問題は解決していません。復縁してからも遠距離のままです。しかし二人の意識に変化が出てきました。

以前は「会おうと思えば会える」という余裕から、結局会わない期間が続いていたんです。3か月くらい顔も見ていなかったので、別れてしまいました。

復縁してからは、「会いたいときに会う時間をつくる」ことを決めました。新幹線代を節約して夜行バスで往復移動する方法も調べました。

復縁してから、より二人の絆は深まっていきました。思い切ってすぐに会いに行ったことが最短での復縁につながったのだと思います。

我慢できずに翌日に復縁を迫りました【交際3年半:24歳】

あまり周囲には言えないのですが、私は翌日に復縁しました。別れたのは、彼の飲み会が多いことで私が嫉妬したことが原因です。

別れの前日も飲み会があり、連絡がとれない状態でした。それで私は不安になり、もう耐えられないと泣いて責め立ててしまったんです。

そしたら彼が「じゃあ別れよう」と。私も意地になり「わかった」と言ってしまいました。でも受け入れられずに、夜は一晩中泣き続けました。

このまま別れるなんてダメだと思い、素直に自分の気持ちを話さなければと決意したんです。そして翌日彼に「やっぱり別れたくない」と言いました。

なるべく冷静に、泣いたり怒るようなことはせずに伝えました。すると彼は「俺も悪かった」と言って謝ってくれたんです。

そして二人でルールを設けることにしました。

私は、過剰に不安にならずに彼を信じること。そして私自身も自分の時間を楽しめるようにして、彼に依存しないことです。

彼は、飲み会の終わりで必ず電話をすること。そしてあらかじめ約束しているときは、飲み会よりも約束を優先させることです。

それだけで二人の関係は以前よりも良好になりました。私も過剰に嫉妬することがなくなったんです。やはり素直に話すことの大切さを実感しました。

1週間後に話し合いの場をつくりました【交際半年:28歳】

交際半年の頃に、少しずつ価値観の違いのようなものを感じました。そしてすれ違いが増えたことで悩み、男友達に相談しました。

それが勘違いを生み、彼を怒らせてしまい別れることになったんです。でも私は彼が好きで、裏切ったつもりはありません。

すぐに復縁をしたいと思い、まずは1週間彼が落ち着く期間をあけて話し合いの日を設定しました。1週間後に会うと、いくらか彼は冷静さを取り戻していたんです。

そこで私は男友達に相談相手になってもらっていたことを話しました。悩んでいた内容も含めてすべてを打ち明けたんです。

すると彼は勘違いしていたことや嫉妬があったことを話してくれました。そして悩みがあっても男友達に相談されるのは嫌だと話してくれました。

もともと私は異性の友達が多く、当然のように男友達と遊んでいたので彼の気持ちを始めて知りました。まだ半年で知らないことが多かったようです。

ゆっくり話し合い、誤解が解けて理解が生まれました。そして復縁に成功することができました。少し期間をあけたこと、ゆっくり話し合ったことが成功の鍵となりました。

二者択一で勝負して成功しました【交際6年:27歳】

私は結婚願望が強く、いつも彼に結婚の圧力をかけていました…。いつになったらプロポーズしてくれるのかと焦らせて追い詰めてしまっていたのです。

それが苦痛になったようで、将来が見えなくなり別れてしまいました。結婚したかった彼との別れは私にとって痛いものです。

別れてから「結婚したいから復縁したいだけ?」という自問自答をしました。私は結婚したいから交際していたわけではありません。ただ彼が好きで愛していたということに気づきました。

6年も一緒にいたので、すぐに復縁したいと思いました。そこで数日たった頃に彼に連絡を入れて会うことになりました。

私は曖昧な関係が嫌いな性格なので「今この場で決めて」と言って二択を迫りました。「今復縁をするか」「もう永遠に会わないか」です。

彼は困っていましたが、永遠に会わないなんて考えられないと言いました。そして復縁という選択をしたんです。

復縁が決まってから、「結婚については言わない」と私は約束しました。結婚するために交際しているわけではないことも伝えたんです。

すると彼も「今は収入が安定していないから結婚は不安」だと打ち明けてくれました。でも30歳までには考えているとも教えてくれました。

ちょっと強引な選択をさせてしまいましたが、結果的に大成功です。別れて1週間もしないうちに復縁することができました。

結婚はまだですが、復縁してすぐに同棲を始めました。ここまで進めたのも、別れがあったことがきっかけになっています。

もしあのときにすぐに行動しなければ、そのまま別れていたでしょう。私と彼の性格上、最短での復縁が一番合っていたように思います。

まとめ

復縁は急いではいけないと言われることが多いです。冷却期間を設けることで復縁は成功するというのが、復縁のセオリーでもあるでしょう。

しかし100組のカップルがいれば、100通りの物語があります。中には冷却させてしまうことで、関係が修復できないような場合もあるのです。

つまり復縁をする方法は一つではありません。別れ方やカップルの特性によっては、最短での復縁こそ成功につながる場合もあるのです。

まずは最短でどのように責めていくのか計画を立てましょう。最短だからと焦ってしまうようなことがないように、より落ち着いて行動することが大切です。

ぜひ最短での復縁を成功させてください。成功している先輩は多数いることを忘れずに、諦めずに行動すればきっと復縁できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。