復縁は友達からスタートが効果的な理由とは?友達⇒恋人に戻る方法も紹介!

復縁は友達からスタートが効果的な理由とは?友達⇒恋人に戻る方法も紹介!

復縁を望むとき、少しでも早く恋人に戻りたいと思うのは当然でしょう。元彼が遠くにいってしまう前に、どうにかして彼女のポジションを取り戻したいですよね。

しかし復縁成功の鍵は『急がば回れ』です。時間がかかりますが、まずは友達からスタートをすることが効果的です。

なんで友達に戻るの?
友達から復縁できる?

今回は、復縁は友達からスタートするのが効果的な理由を紹介します。また友達から恋人に戻る方法も具体的にお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁は友達からスタートするのが効果的な理由

良い距離を保つことができる

別れてしまうと、通常は接点がなくなります。連絡する意味も会う理由もなくなってしまえば、そのまま疎遠になってしまうでしょう。

そうなれば復縁をするタイミングが失われてしまいます。元彼の記憶から、あなたが少しずつ消えてしまうこととなるのです。

しかし友達関係になれば、元彼との接点ができます。『友達』であることを理由にして、連絡をしたり会うこともできるでしょう。

近すぎず遠すぎず…この良い距離を保つことで復縁するタイミングをつくることができます。友達という関係性で元彼をつなぎとめておくことが効果的なのです。

心を落ち着かせる期間になる

別れて友達関係に戻ることで、お互いの心に余裕ができます。今まで気づくことのなかった状況や心情を改めて考え直すことができるでしょう。

別れるときは、冷静な状態ではない場合が多いです。感情が高揚して、適切な判断ができないこともあります。だからこそ後悔して復縁を望むのですね。

『恋は盲目』という言葉があるように、恋愛をしていると見えなくなることがあります。これには良いことも悪いことも含まれるでしょう。

好きすぎて本当に大切なものを見失うこともあります。一度友達に戻ることで、客観的に自分や相手の気持ちを考えることができるのです。それが復縁に大きな効果を与えます。

近況を把握してチャンスを狙える

復縁に重要なのはタイミングです。元彼の心の変化を把握して『今』というチャンスのときに攻めなくてはなりません。元彼と友達になることで、『今』を見極めることができます。

友達であれば近況を把握できるでしょう。今の元彼がどのような状態で何を求めているのかをキャッチすることができます。

  • 気になる女性がいる?
  • 自由を満喫している?
  • 仕事で疲れている?
  • 結婚に前向きになった?

会話の中に必ずヒントがあるはずです。友達でいれば、元彼からのサインを見逃さずに気がつくことができるでしょう。

そうすれば絶好のタイミングで復縁を切り出すことができます。元彼はあなたを素直に受け入れることができるのです。

素直に心を開くことができる

恋人同士でいると、意地・プライド・嫉妬など色々な感情が芽生えます。ときには感情がぶつかり合ったり、本当の自分を隠してしまうこともあるでしょう。

友達になると自然と余計な感情から解放されます。着飾ることなく素直な心でお互い向かい合うことができるようになるのです。素直に心を開くことで、より深い絆ができます。

友達に戻るからこそ見えてくる気持ちは多いです。力を抜いて、ありのままの自分で元彼と向き合うことで復縁に良い効果が出てくるでしょう。

気持ちをリセットできる

元彼と友達に戻らない場合、いつまでたっても関係は『元恋人』のままです。元彼と元カノという関係でしかないので、過去の思い出や別れを引きずってしまいます。

元彼と友達になることで、元恋人という関係がリセットされる効果があります。友達としての新しい関係を築くことで、また違う一面を見ることもできるでしょう。

男性は『すでに知っているもの』には興味を示しません。まだ知らない何かを体感したいという願望が強いのです。

だからこそ新しい関係にリセットすることで、また興味をもってくれます。友達関係になることで、もう一度新鮮な気持ちを与えることができるのです。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

別れてから友達に戻る方法

別れを引きずらない

別れを選択したのですから、二人の間にはネガティブな要因があったのでしょう。喧嘩・浮気・マンネリなど、別れには悪い言葉が並ぶものです。

しかし別れを引きずっていては、友達に戻ることはできません。どんな別れであっても、一度なかったことにして気持ちを切り替えましょう。

昔のことを口にせずに、今や未来の楽しいことを話しましょう。前向きに明るく接することで、元彼も安心して友達だと認識することができます。

もし元彼が別れを気にしているようであれば、あなたから笑い飛ばしてしまいましょう。

『も~まだ気にしているの?』
『私はもう忘れたよ(笑)』
『しっかりしなさい、元彼!(笑)』

あなたが軽く伝えることで、元彼の肩の荷がおります。繊細な男性は余計に気にしてしまうので、明るく笑い話に変えることで友達に戻ることができるでしょう。

たまに連絡をする

元彼の行動が気になるのは当然ですが、頻繁な連絡はしてはいけません。あくまでも男女の友情として、適度な距離を保つようにしてください。

あなたから連絡をするのは、月1~2度ほどにしましょう。とても少ないように感じますが、意識して少なくするくらいが適切な距離です。

また元彼から連絡があっても、何でもかんでも了承しないようにしましょう。自分の予定を優先させて、空いていれば会うくらいのスタンスでいてください。

ゆるい付き合いこそが男女の友情です。たまに連絡をすることで、存在をアピールしつつ意識しない良い友達関係に戻れるでしょう。

グループで遊ぶ機会をつくる

いくら連絡を取り合っていても、直接会う機会をつくることも必要です。しかし二人きりで会うと、自分の心が制御できなくなることもあるでしょう。

そこでグループ数人で遊ぶ機会を設けてください。複数名いれば、良い距離で友達関係を維持させることができます。

カラオケやBBQなど、グループで楽しめるイベントを計画して元彼を誘いましょう。たまにグループで遊び、直接対話する時間を設けることも大切です。

元カノぶらない

元恋人から友達になると、どうしても『自分は元カノだった』とアピールしてしまいます。元彼のことは何でも知っているような言動をしてしまうのです。

『昔から〇〇はそうだよね~』
『もうそういうとこ変わらないよね~』
『前みたいに私がやろうか?』

このような言葉を自然に使ってしまいます。しかし男性にとっては、元カノであることをアピールされているようで負担に感じてしまうのです。

友達に戻るのであれば、徹底して友達として付き合いましょう。交際していたときのことは、あまり言動に出してアピールしないように心がけてください。

相談にのる

友達であれば、どんなときでも心の悩みに寄り添ってくれる存在です。どんな内容であっても、元彼が抱えている悩みを聞いてあげましょう。

もし恋愛相談でも、けっして批判することなく相談にのってください。弱音愚痴であっても、同意しながら受け入れてあげましょう。

相談にのって気持ちを共有することで、友達関係は築いていくものです。元彼が心を開いて話してくれる環境をつくるようにしてください。

友達期間の目安

6か月を目安にする

友達になる場合でも、復縁の意志があるのであれば期間を設定しましょう。友達とは永遠のものなので、期間を決めない限り続いてしまいます。

あまりに友達関係が長くなると、友達でいることが居心地よくなります。復縁するどころか、友達として一緒にいたいと思われてしまいます。

まずは、6か月ほどを友達でいる目安にしましょう。期間を決めておくことで、自分なりに気持ちを切り替えて踏ん張ることもできます。

6か月たったときに、元彼の心境や環境の変化をとらえてください。そこで友達を延長するか、復縁に踏み出すのかを判断しましょう。

お互いの心が落ち着くまで

友達に戻り心が落ち着くことは、復縁を成功させる鍵となります。そして心の整理ができる期間は、人によっても違いがあるものですよね。

女性は別れてから、すぐに心の整理を開始します。元彼の存在や自分の望みを早い段階ではっきりさせることができるでしょう。1か月ほどで心が落ち着く人が多いです。

しかし男性は別れると現実逃避するところからスタートします。自由や解放を満喫するように遊び、余計なことを考える時間や隙をつくらないように防衛本能が働くのです。

そのため、心を整理するのは1~3か月ほど経過してからとなります。少しずつ現実を受け入れて、心を落ち着かせていくでしょう。

刺激を与えないように友達関係を続け、元彼の心が冷静になるのを待ってください。あなたに対して、ネガティブな感情があっても受け入れて我慢しましょう。

そして元彼が『自分にとって大切な存在だった』と認識してくれたときが勝負です。友達関係から恋人に切り替えるタイミングを逃さないようにしてください。

状況や心境の変化に応じる

友達でいると、元彼の近況を知ることができます。女性・仕事・家族など、今どのような状態かを常に把握できるでしょう。

そこで『隙』があるかないかを見極めるようにしてください。隙がないときは友達関係のままでいて、隙ができたときに復縁を狙います。

たとえば、『気になる女性ができた』『仕事が忙しい』というときは、見守るしかありません。辛いですが、友達として相談相手になりましょう。

反対に『振られた』『寂しい』『体調を崩した』『自信をなくした』というときは、チャンスです。心に隙間ができているので、うまく入り込むことができるときでしょう。

友達から恋人に戻る方法

とことん最強の友達になる

中途半端に友達ぶるのではなく、とことん最強の友達関係を築くようにしましょう。辛いときには寄り添い、楽しいときには一緒に喜んでください。

友達として信頼や安心を与えることで、絆が深まります。そして友達としての絆が恋愛へと移行するのです。薄い友情のままでは何も進展することはありません。

何かあったときに頼れる味方となってください。それが友達から恋人に戻るために必要なプロセスとなるのです。

本音を伝え合う

せっかく友達になれたのであれば、本音をぶつけあうようにしましょう。今まで言えなかったことを言い合い、心でぶつけあうことが大切です。

『本当はどう思っている?』
『何が嫌で別れた?』
『どんな未来を想像している?』

このようなことは交際していると、なかなか本音を言えないものでしょう。どこかで相手の心を探りながら誤魔化してしまうのです。

しかし復縁をするのであれば、隠さずに本音を見せましょう。お互い知らなかった気持ちを知ることで、見えてくることがあります。

考え方や見方が変わることで、復縁しようという強い気持ちに変化することも多いです。友達関係だからこそ言い合える話をしてください。

どんなことも受け入れる

友達になったとき、必ず元彼のどんな部分も受け入れるようにしましょう。友達になると恋人のときには見ることのなかった姿を目の当たりにすることもあります。

かっこいい姿ばかりではなく、弱い部分や情けない部分も目撃することが増えるものです。見たくない姿や聞きたくない情報を目や耳にすることもあるでしょう。

それでも受け入れるのです。どんな元彼もすべて許容して大きな心で対応することで、元彼は安心感を抱きます。それが復縁のきっかけになるのです。

『この女性は自分のどんな姿も受け入れてくれる』
『自然体の自分でいることができる』

このような気持ちが復縁につながります。まずは元彼のすべてを友達として受け入れることに尽くすようにしてください。

唯一無二の存在になる

元カノが友達になると、『特別な存在』となります。友達だけれど恋愛もしているという不思議な関係になるのです。

『友達以上恋人未満』の関係は、元彼にとって唯一無二の存在になります。友達にも恋人にも見せることのできない顔を見せることのできる唯一の女性なのです。

この特別な関係を続けることで、少しずつ元彼にとって必要な存在になります。目の前からいなくなってしまういと喪失感でいっぱいになることでしょう。

唯一無二の存在であることに気がついたとき、元カノが他の男性にとられてしまうことが怖くなります。どうにかして自分のものにしなくてはと焦る気持ちを感じるのです。

ほかの異性の存在を出す

友達関係も安定してくると、元彼は友達としての関係に満足します。いつまでも良好な関係を続けることができると安心することでしょう。

しかし安心させたままでは、それ以上発展することはありません。友達としての関係が続いていくだけで、復縁することはないです。

そこで重要なのは、安心が続かないことを元彼にアピールすることとなります。危機感や焦りを感じて、元彼の心を刺激することが復縁に進むポイントとなるのです。

『いつまでも安定した友達関係』から『この関係は続かない』という印象を与えます。そのためにほかの異性の存在を出して嫉妬させるのです。

『今度デートしてみることになった』
『すごく嫉妬する人だから本当は今日会うのも嫌がられていた』
『少し前に進もうかなと思っている』

このような言葉で今の安定した友達関係が壊れてしまう不安を与えましょう。元彼は嫉妬心の焦燥感で急いで元カノとの関係を恋人に戻そうとしてくるのです。

少し気持ちのある素振りを見せる

友達として良好な関係を築いたら、少しだけ気持ちのある素振りを見せていく必要もあります。男性は復縁というものに、とても慎重です。

たとえ気があったとしても確実な自信がない限りは復縁をしようとは思いません。だからこそ元彼にチャンスとタイミングを与えるようにしましょう。

『もう一度戻れたらうまくいきそうだよね』
『いい男性と別れちゃったね』
『なかなか新しい恋愛ができなくて』

このような言葉を少し冗談まじりに伝えます。そうすると元彼は、今が復縁するチャンスなのかもしれないと感じることができるのです。

完全に友達として徹するのではなく、友達関係の中に異性としてのアピールも交えるようにしましょう。このバランスが男心を刺激するのです。

良い雰囲気にもっていく

友達だと思っている人に『ドキッ』とすることがありますよね。どんな関係であっても異性は異性です。男女の友情は簡単に恋愛へと変わるものでしょう。

手が触れた・目を見つめる・涙を見せる・肩にもたれかかるなど、少しのことから良い雰囲気になります。そして一瞬で友達が恋愛対象へと変化するのです。

もともと交際をしていた相手なのですから好きな仕草なども心得ているでしょう。元彼を刺激するような言動で良い雰囲気にもっていくのです。

別れから友達に戻り安心と信頼を得て、さらにドキドキとしたときめきを与える。この循環で男性は復縁を心に決めることとなるでしょう。

まとめ

復縁を成功させるためには、まずは友達になることが重要です。信頼と安心を得ることで、男性の心に癒しや自信を与えることができます。

そして友達関係を築いたところで、さらに刺激を与えて恋愛の心を取り戻しましょう。この循環で、元彼の心はあなたへと戻ります。

急いで復縁をしようとするのではなく、ゆっくり確実に心をつかみましょう。そうすれば復縁をしてからも、より良い関係を維持していけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。