復縁の脈あり・脈なしサインとは?メール・ライン、言葉、行動から判断する方法を紹介!

目次

復縁の脈あり・脈なしサインとは?メール・ライン、言葉、行動から判断する方法を紹介!

復縁を望むとき、元彼の本音について知りたいと思いますよね。心の探り合いをしているうちにも、どんどん時間は過ぎてしまいます。

もし脈ありであれば、タイミングを逃さないように積極的にアピールするべきでしょう。元彼の心が変化してしまってからでは後悔しても遅いのです。

また脈なしであれば、諦めることも大切でしょう。思い続けていても復縁が成功することはないわけですから、前へ進めるように気持ちを切り替えなくてはいけません。

元彼の本音を見抜くサインとは?
どこから判断すればいい?

今回は復縁の脈あり・脈なしサインを紹介します。メール・ライン、言葉、行動とそれぞれの項目を具体的にお伝えするので参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

【復縁脈ありサイン】メール・ライン編

あなたの近況を把握しようとする

脈ありの場合、元彼はあなたのことを知りたいと思います。どうにかして近況を知りたいと思い、多くの質問内容が届くでしょう。

【久しぶり!最近変わったことあった?】
【仕事慣れてきた?早く帰れているの?】
【最近も飲みに行っているの?】

このようにクエスチョンの内容が多いです。そして近況を探りつつ、本当に知りたいことは新しい異性の有無でしょう。

元カノに他の恋人や好きな人ができていないかが心配で仕方ないのです。それを確認するような内容であれば、復縁したい気持ちがある脈ありサインだといえるでしょう。

すぐに既読がつく

ラインの場合、トークルームを開いている状態で連絡がくると既読がつきますよね。つまり瞬時に既読がつくということは、トークルームを開いている証拠です。

思い出に浸り、トーク内容や写真を見返しているのであれば未練がある証拠となります。また届いた瞬間にラインの内容を確認するのは、それだけ気になる存在ということでしょう。

送信したあと少しだけ画面を見続けてみてください。1分以内に既読がつく確率が高い場合は、あなたを意識しているということです。

質問していなくても必ず返信がくる

あなたが質問した内容に関して、元彼であれば返事をしようと考えるでしょう。嫌いになったわけでなければ、無視しにくいことから礼儀として返信します。

しかし質問していなくても必ず返信がくる場合は、脈ありサインだといえるでしょう。なぜなら元彼自身が連絡を続けたいと望んでいる証拠であるからです。

あなたが意識していなくてもメールやラインが続く場合は、元彼が続かせようとしています。自然なやりとりができているのであれば、復縁できる可能性が高いです。

写真や絵文字やスタンプを多用している

メールやラインを少しでも楽しく利用しているのであれば脈がある証拠です。写真・絵文字・スタンプというのは、気がない人には使わないツールでしょう。

それを時間と手間をかけて、少しでも気持ちを伝えるために使用しているわけです。これは気持ちがあって、楽しく連絡のやりとりをしたいという証拠でもあります。

元彼からのメールやラインを見返したとき、明るい気持ちになるでしょうか。楽しさや面白さがあり、感情を受け取ることができるでしょうか。

メールやラインは文字でのやりとりとなります。だからからこそ脈あり・脈なしがわかりやすく感じ取ることができるツールでもあるのです。

予定を確認する

メールやラインで予定を確認してくるのであれば、脈ありサインです。予定の空いているときを狙って会おうとしているのでしょう。

【来週は忙しい?】
【明日は仕事?】

これは遠まわしに誘っているのと同じです。またあなたの反応をみて、復縁が可能かどうかを元彼自身が試しているともいえるでしょう。

もし予定確認を頻繁にされる場合は、少しだけ空いている日を提示すると良いです。そこで元彼がどう反応するか様子を見てください。

【復縁脈ありサイン】言葉編

『後悔している』という

別れたことを後悔しているということは、復縁したいと言っているようなものですよね。しかし男性は繊細で慎重なので、後悔という言葉であなたの反応を見ています。

『あれから後悔ばかりだよ』
『あのときのこと後悔しているんだ』

このような言葉が出たときには、元彼は復縁の意志が強いです。どうにかしてあなたの気持ちを引こうとして、自分のしたことや決断を後悔しているとアピールしているのでしょう。

『改めて大切な存在』と伝えてくる

別れてから少し時間が経過すると、改めて存在の大きさを痛感することがあります。大切な存在というのは、自分にとってなくてはならない存在ということです。

元彼があなたに対して大切な存在という言葉を使うのであれば、それは脈ありの証拠でしょう。どうにかしてまた隣にいてほしいという気持ちが込められているのです。

『今でもすごく大切な存在だよ』
『本当に僕にとって大切な存在だと気づいた』

この言葉は、もう告白しているようなものでしょう。大切と言われたときには、同じように元彼の存在の大きさを伝えて二人で話し合うようにすると良いです。

『会いたい』は復縁の手前

別れているのに『会いたい』と言ってくるのは、もう復縁の手前であるといえます。会える機会があれば、その日に元彼から復縁の申し出があることでしょう。

『今週会える日はある?会いたい』
『どうしても会いたい』

素直に会いたいと伝えてくるというのは、あなたへの気持ちが大きい証拠です。復縁を強く望んでいる脈ありサインですので、あなたも素直に応じるようにしてください。

『あのとき』『あの頃』を多用する

元彼と話しているとき、復縁したいという感情があると思い出話が多くなります。交際していたときのことを楽しそうに語るのは元カレが無意識に出している脈ありサインです。

『あのとき、すごい遅刻して怒られたよね』
『あの頃は、毎日のように二人でファミレス行ってたよね』

とても美しい思い出を話すように笑顔であなたに語りかけます。これはあなたとの記憶が美しいものであり、もう一度戻りたいと願っているからです。

二人で綺麗な思い出を共有するように話してください。その流れで、どんどん復縁に近づいていくことでしょう。

『大丈夫?』と常に心配している

男性は気になる女性をいつも心配しています。体や精神面など、少しでも辛い思いをしていないかと心配になってしまうのです。

『最近遅いみたいだけど大丈夫?』
『仕事大変そうだけど大丈夫?』

いつも気遣うような言葉をかけてくれるのは、脈ありサインだといえます。もし脈がなければ元カノであってもそこまで心配するようなことはありません。

【復縁脈ありサイン】行動編

あなたの行動パターンに合わせる

好きな人ができると『会いたい』という気持ちが強くなりますよね。そこで行動パターンを把握して、偶然を装って会えるように行動した経験はないでしょうか。

もともと交際していた相手であれば、とくに行動パターンを知りつくしています。『この時間の電車に乗る』『帰りにコンビニに寄る』といった内容を把握しているでしょう。

元彼があなたと復縁したい場合、あなたの行動パターンに合わせてきます。つまり偶然会う回数が多くなるのです。

最近よく会うと感じた場合、元彼が会うために行動しているのでしょう。脈ありで復縁の機会をうかがっている可能性が高いです。

用事をつけて会おうとする

別れてしまえば、基本的には会う用事がなくなります。それでも何か用事をつけて会う約束をしてくる場合は、脈ありサインだといえるでしょう。

『返したいものがあるから会える?』
『聞きたいことがあるんだけど、空いている日ある?』

そういって何かしら用事をつけます。これは単に会いたいからでしょう。それを素直に伝える勇気がなく、用事をつけて会おうとしているのです。

他の男性へ嫉妬する

別れているのに他の男性へ嫉妬するような行動が見られれば、それは脈ありサインです。嫉妬とは好きであることで芽生える感情だといえます。

あなたが男性と話しているのを見るといても立っても居られなくなるでしょう。イライラしたり、間に入り込んでくることもあります。

明らかに嫉妬している様子が見られたら、それは好意が残っているからです。復縁の意志があるといえるでしょう。

何かあれば駆け付けてくれる

脈ありサインが明確に見つけられない場合は、サインが付くかどうか試してみましょう。気持ちを試すことも復縁をするうえでは大切なことです。

『辛いことあって、今1人で飲んでいるよ~』
『終電逃して歩いて帰ってるけど…暗いし遠い…』

このような困った状況にいることを伝えます。もし気持ちがあれば、元彼はすぐに駆け付けてくれるはずです。心配で仕方なくなるでしょう。

待ち伏せをする

仕事や家の前で待ち伏せをしている場合は、完全に脈ありです。あなたに執着しており、とにかく会いたいという気持ちが強くなっている証拠でしょう。

『ちょうど近くを通ったから』
『偶然こっちに用事があったから』

このように待ち伏せしている理由は伝えますが、実際はわざわざ来ていることがほとんどです。わかりやすい脈ありサインですので、復縁も近いといえるでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

【復縁脈なしサイン】メール・ライン編

基本的に既読スルー

脈なしの場合には、メール・ラインで返信がきません。読んでもそのままスルーされてしまう状況が続くでしょう。

質問を含めた内容であっても、気持ちがなければ返信しません。元彼にとっては、読むことだけでも面倒に感じてしまうのです。

2~3回のスルーが続いた場合は、今後何度連絡をしても返信はこないでしょう。脈なしだと判断して、今は諦める方が良いかもしれません。

句読点すらない文面

返事がきても、交際中とは明らかに異なる文面の場合は脈なしです。句読点もなく、ただ必要な単語だけを返信してくるのです。

【了解】
【そう】
【違う】

このような2文字程度での返信は、感情もまるでない文面だといえます。あえてぶっきらぼうに返信しているのは、あなたに脈なしだと伝えたい証拠でもあるのです。

写真も絵文字もスタンプもない

ラインであれば、好きな人との連絡に絵文字やスタンプを使用しますよね。その方が気持ちが伝わりやすく、楽しいやりとりとなるからです。

反対に脈なしの人との連絡であれば、スタンプしようという意欲も出なくなります。とても単調な文章の場合は脈なしだと判断した方が良いでしょう。

元彼から質問することはない

脈ありであれば、できる限り連絡を続けようとします。反対に脈なしの場合は、できる限り連絡を終わらせたいと思うでしょう。

そのためメール・ラインをしていて、元彼から連絡を続ける意志が見られない場合は脈なしです。掘り下げるようなことや質問もまったくありません。

とりあえずあなたからの連絡に応じるだけであれば脈なしです。自然と連絡が途絶えていってしまうことでしょう。

あえてリア充報告をしてくる

元彼が復縁を望んでいる場合、どこかで後悔を感じるものです。そのため連絡をするときにも、その後悔を伝えてくることでしょう。

反対に後悔どころか充実している様子を伝えてくる場合は、脈なしであることをアピールしています。別れたことに後悔しておらず、解放や自由を感じていると言ってきているのです。

もちろん充実状況については、時期やタイミングによっても変わります。だからこそ今は脈なしだと察知して、別のことに意識を向けるのが良いでしょう。

【復縁脈なしサイン】言葉編

『友達』を強調する

元カノとの復縁を望まないけれど、友達でいたいこともあります。その場合は、あえて友達だという関係を強調して言葉にしてくるでしょう。

『やっぱり持つべきものは友達だな』
『ずっといい友達関係を続けようね』

このように友達だとはっきり言葉にするのは、元彼が復縁はないと線引きをしているのです。脈なしのサインを強めに出しているのだと心得た方が良いでしょう。

『新しい恋を始めている』と公表

脈なしの場合は、元カノを過去のことにしています。そして前向きに進んでいることを、あえて元カノに伝えてくることでしょう。

『最近合コンに行っているんだよね』
『気になる人ができたんだ』

このような言葉を出すのは、もう元カノが恋愛から除外されているからです。対象から外れて友人だと思っているからこそ、恋愛について話すのです。

もし新しい恋愛をしている旨の言葉が出た場合には、脈なしのサインだと思ってください。恋愛を応援して、あなた自身も別の道に進むと良いでしょう。

『いい思い出』と過去にする

脈なしの場合には、元カノとのことは完全に終わったと思っています。そのため会話をしていても、いい思い出だとすべて過去形にして話すのです。

『本当にいい思い出だよ』
『僕にとって大切な思い出だ』

思い出を強調して言葉にするのは、もうあなたに恋愛感情がない証拠でしょう。今は脈なしサインを出していると判断して気持ちを切り替える方が良いです。

『面倒』だと邪険にされる

あからさまな言葉ですが、元カノであるあなたに『面倒』という感情を伝えた場合は脈なしです。むしろ友人としての付き合いも絶ちたいと考えているかもしれません。

たとえば『忘れ物があるから届けていい?』と話したとします。そこで『面倒だから捨てていいよ』と返答された場合は、脈なしの証拠です。

脈ありであれば関わりができたことを面倒に感じることはありません。それを無駄な時間だと感じてしまっているのであれば、復縁は難しいといえるでしょう。

『今が楽しい』と言う

別れてから楽しいという言葉を使うのであれば、別れに後悔していない証拠です。今の生活を満喫していているということをアピールされた場合は脈なしサインでしょう。

『今すごく楽しいよ』
『毎日楽しくてさ』

こんな言葉を別れた彼女に言うのは脈がない証拠です。自分の日常に元カノを入れないように線を引かれていると思った方が良いでしょう。

【復縁脈なしサイン】行動編

視線が合わない

元彼と会っても視線が合わない場合は、もうあなたへの感情がない証拠です。もし脈ありであれば、あなたの目を見て話そうとします。

しかし脈なしだからこそ、もう特別な存在だと思うことができません。そのため真っすぐに目を見ることもできないのです。

会っているのに遠くを見ているように感じる場合は、もう復縁が難しいと思いましょう。わかりやすい脈なしサインの行動です。

二人きりになるのを避ける

別れてから会おうとしても、どうしても二人きりになるのを避けようとします。気まずさや復縁を望まれることが鬱陶しいと感じてしまうからです。

用事があると言っても、『送って』『メールして』『捨てて』と誤魔化そうとします。また二人ではなく複数人で会うことを提案することもあるでしょう。

会いたくても二人で会えないような状況が続いた場合、元彼が意図している証拠です。脈なしサインですので、今は諦めた方が良いと言えます。

他の男性を紹介する

脈ありであれば、元カノが他の男性といることに嫉妬します。しかし脈なしの場合は、反対に男性を紹介してくるのです。

この理由の一つとして、本当に元カノの幸せになってほしいと感じています。だからこそ自分の友人を紹介しようとするのです。

元彼自身好意の気持ちはないけれど、自信を紹介できる人であれば安心だと思うのでしょう。そこでおすすめの男性を紹介します。

もう一つの理由として、責任逃れをしたいと考えているのです。自分に執着されないように、他の男性を紹介することで自由になろうとしています。

どちらにしても、脈なしだからこそ男性を紹介するのです。元彼に誰かいい人がいると言われてしまったら、もう復縁は難しいと判断した方が良いでしょう。

距離が遠い

今までは隣にいて手をつないでいた二人です。別れてから会っても、自然と二人の距離が近くなってしまうのは当然だといえます。

しかし久しぶりにあった元彼が、あえて遠い距離を保とうとしている場合は脈なしサインです。これは気持ちがないことで条件反射のように遠ざけているのでしょう。

一緒に歩いていても食事をしても、とにかく距離が遠いと感じたら脈なしサインだといえます。遠ざけられているのだと諦めた方が良いです。

興味なさそうにする

話していても、まるで興味なさそうな場合は脈なしです。あなたに対しての興味も好意もないということでしょう。

『ふーん』
『へー』

このような相槌しかうつことができず、まるであなたの関心がありません。このような行動の場合は、もう復縁にこぎつけるのは難しいと思った方が良いです。

脈ありの場合にするべきこと

同じように脈ありサインを出す

元彼が脈ありサインを出しているのであれば、同じように脈ありサインを出しましょう。元彼は復縁できるかどうか探りを入れているのです。

そこで脈ありサインを返すことで、元彼は自信を持つことができます。そこで正式に復縁の申し出をしようと決めることができるでしょう。

元彼と同じ温度でメール・ラインや行動を開始してください。二人の心が同じところを向いたところで、元彼がアタックするのです。

脈ありサインに食いつかない

脈ありサインを見抜くと、すぐにでも復縁したいと感じるでしょう。しかしあなたから食いつかないように注意してください。

せっかくきているチャンスを、あなたが食いつくことで消息させてしまうこともあります。男性は追いかけるのが好きなのです。

その勢いをとめてしまうことのないように、食いつかずに待ちましょう。あなたは脈ありサインをキャッチするだけで良いのです。

自分の気持ちに素直になる

元彼からの脈ありサインに気づいたら、意地やプライドをなくして素直に応じましょう。復縁に一番余計なものとは、まさに意地やプライドです。

大切なのは、自分の気持ちに素直になることでしょう。元彼が脈ありサインを出しているのですから、それを素直に喜んで受け入れてください。

脈なしの場合にするべきこと

期間をつくる

脈なしの場合、復縁するタイミングでないということもあります。『今』は復縁するべきときではないのです。そこで冷却期間を設定してください。

冷却期間は半年から1年ほどを計画すると良いでしょう。その間は元彼や復縁に執着せずに、自分の時間を大切に過ごしてください。

冷却期間が終わったら、もう一度連絡をとってみましょう。そのときの元彼のサインを再度見極めて、これからの道を検討してみてください。

新しいことを始める

脈なしだと判断した場合は、まず新しいことを始めるようにしましょう。気持ちを切り替えて、ポジティブに進むことが大切です。

無理に元彼を忘れようとしても難しいものでしょう。しばらく引きずってしまうのは仕方のないことだといえます。

だからこそ意識して新しいことに集中してください。習い事・趣味など興味のもてるものを探してみましょう。

新しい恋愛をする

過去の恋愛を忘れるためには、新しい恋愛をすることです。脈なしの元彼にいつまでも執着するのではなく、別の男性にも気持ちを切り替えてください。

合コン・紹介・街コンなど、異性と出会えるチャンスはさまざまあります。出会いがないと恋愛から逃げることなく、自分から新しい出会いを探してつかみ取りましょう。

もし元彼が運命の相手であれば、何年かかっても復縁できるものです。その運命や可能性に望みをかけてみるのも一つの方法だといえます。

周りを見渡せば素敵な人はたくさんいるものです。元彼との思い出に蓋をして、新しい恋愛をスタートさせてみてください。

まとめ

復縁をするときでも、元彼はサインを出しています。脈あり・脈なしは言動の中にはっきり出ているので、見極めるのは難しいことではないでしょう。

ただ復縁の場合、本能で現実から逃げてしまうこともあります。どこかで復縁を信じているからこそ、現実を受け止めるのが怖いのです。

しかしサインを見逃がさずに受け止めなければ前に進めません。タイミングを逃さずにサインを見極めることが復縁では重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。