遠距離恋愛の復縁きっかけ・冷却期間とは?会いに行くのはあり?

目次

遠距離恋愛の復縁きっかけ・冷却期間とは?会いに行くのはあり?

遠距離恋愛は維持していくのが難しいですよね。少しずつ心の距離が離れてしまい、別れを選んでしまうことも多いでしょう。

しかし決して気持ちが冷めたわけではありません。「もう一度やり直すことができないか」と、復縁を望む気持ちが出てきます。

遠距離恋愛であることを理由に別れたカップルの復縁は成功するものなのでしょうか。今回はきっかけや期間など、具体的な復縁成功のポイントを紹介します。

距離が離れているからこそ、慎重にアタックしていく必要があります。ぜひ参考にして、復縁できるよう考えてみてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

遠距離恋愛で別れてしまう原因

すぐに会えないことによる寂しさ

遠距離恋愛をしていて別れてしまうのは、やはり寂しさによることが大きいです。会いたいときに会えないというのは高い壁となります。

どんなに電話やメールなどで連絡をしていても、温もりを感じることはできません。体の距離がそのまま心の距離に直結してしまうものなのです。

手をつなぎたい。
抱きしめてほしい。
笑顔を見たい。

辛いときや悩んでいるとき、こう思うでしょう。しかしそれができないことで、寂しさばかりが募ってしまうのです。

近くにいる人への心移り

すぐに会えない距離にいると、心には隙間ができてしまいます。どんなに好きでも、会えないことで埋まらない気持ちがあるのです。

そうすると近くにいる人が心の隙間に入ってきます。一時の感情であっても、心が動かされてしまう瞬間があるのです。

温もりを感じることで心移りをしてしまいます。そして遠くにいる恋人の存在が薄れてきてしまい、別れを選択するのです。

すれ違いから喧嘩が増える

遠距離恋愛をしていると、どんなに気持ちがあっても、心がすれ違ってしまうことがあります。少しのことでも不安になるので、気持ちが見えずにイライラしてしまうのでしょう。

そうすると電話で喧嘩することも増えてきます。つい不安な気持ちから、元彼を信じられなくなったり余計な言葉を言ったりしてしまうのです。

こんなとき近くにいれば、仲直りするのに時間はかかりません。会って抱きしめれば、すぐに不安な気持ちはなくなりますよね。

しかし遠距離恋愛では、それができません。そのまま気まずくなり、仲直りのタイミングを逃したまま時間が過ぎてしまいます。

そうなれば心がどんどん離れてしまうでしょう。二人の間の溝が深くなり、修復できないようになってしまうのです。

欲求に勝てずに浮気

遠距離恋愛だと、元彼の温もりを感じることができません。それは性的な欲求も含まれています。遠距離恋愛では体を重ねる回数も少なくなってしまうでしょう。

そうなると近くにいる異性と体の関係をもってしまうことがあります。つまり欲求に勝てずに浮気をしてしまうということです。

遠距離恋愛だから、浮気がばれるリスクも少ないと感じて油断してしまうこともあるでしょう。しかし遠距離であっても浮気はばれるものです。

遠距離恋愛だからこそ、お互いの浮気には敏感になっています。少しの変化で勘付くことが多く、浮気が発覚します。

そうなれば別れてしまうことになるのも当然の選択でしょう。欲求を我慢できないことで、大切な人を失ってしまうことも多いのです。

お互いの本心が見えなくなる

遠距離恋愛の距離にもよりますが、離れていると会う回数は月に数回ほどですよね。飛行機に乗らないと行けない距離の場合、年に数回ということもあるでしょう。

電話やメールをしていても、会うことができないと本心を伝えることができなくなります。遠慮してしまうようになるのです。

だんだんと本心が見えなくなり、何を考えているのかわからなくなります。そして自分のことを言い出せなくなり、安らげる関係ではなくなってしまうのです。

遠距離恋愛で復縁する方法

自分の気持ちを整理する

遠距離恋愛で復縁するためには、自分の気持ちを整理する必要があります。寂しくて別れたのに、寂しくて復縁したのでは意味がありません。

まずは別れを選択した理由と向き合ってみましょう。復縁したいと感じている理由、そして復縁した後のことまで考えてみてください。

自分の気持ちを整理しないと復縁が成功することはありません。その時の感情に流されずに、きちんと自分の心と向き合ってみましょう。

強くなる努力をする

遠距離恋愛で別れてしまうのは、弱い心があるからです。感情に流されてしまったり、寂しさに飲み込まれてしまったりします。

弱い心のままで復縁をしても、また同じようなことで苦しんでしまうでしょう。元彼もそれが目に見えるので、復縁を避けてしまうはずです。

復縁をするためには、まず流されない強い心を持てるように努力してください。人に依存するのではなく、自立できるようになるのです。

そうすることで遠距離恋愛になっても強くいられます。自分と元彼を信じて真っすぐに進んでいけるようになるでしょう。

物理的に距離を縮める方法を考える

遠距離恋愛で別れてしまうのは、近くにいられないことが原因です。復縁するには、物理的に距離を縮める方法を考えましょう。

もし本気で好きなのであれば、自分も引っ越して、そばに行くのも一つの方法です。同棲を提案してみるのも良いでしょう。

距離を縮めることで、また心が戻ることもあります。それくらいの覚悟をもって復縁に挑めば、気持ちを理解してもらえるでしょう。

魅力的な人間になる

遠距離恋愛で別れてしまうと、近くにいる人に心変わりしてしまうこともあります。そばにいる人に魅力を感じてしまい、心が動かされてしまうのです。

遠くにいるあなたがアピールをしても、心に届かなくなってしまうこともあるでしょう。近くにいる魅力的な人の存在が大きくなってしまうのです。

復縁したいのであれば、交際していたときよりも魅力的になる努力をしましょう。外見も内面も磨いて、遠くにいても心に届くような存在になるのです。

久しぶりに会った元彼が、魅力的になっていることで愛情が再加熱します。もう一度心を取り戻せるようにしてくださいね。

常に元彼のことを大切に想う

遠距離恋愛で別れてしまうと、会うこともなくなり連絡も途絶えてしまいます。完全に関係が切れてしまうことになります。

しかし復縁をしたい気持ちがあるのであれば、離れていても常に元彼のことを大切に想う気持ちが必要です。気持ちを押し付けるのではなく、元彼の気持ちを考えて行動しましょう。

「今は考える時間が必要かもしれない」
「仕事が忙しくて余裕がないかもしれない」

どんな状況で何を考えているのか、配慮することが必要です。常に元彼を想う気持ちがあるからこそ、復縁は実現します。

遠くにいて会えないからこそ、元彼を大切に感じましょう。その気持ちがあることで、復縁は良い方向に進んでいくのです。

遠距離恋愛の復縁きっかけ

近くに行ったときに連絡

遠距離にいると、なかなか復縁のきっかけがありません。電話やメールをしても、心が伝わりにくいので復縁に至りにくいでしょう。

そこで近くに行ったときに、会う連絡をしてみましょう。もちろん偶然ではなく、会いに行っても良いのです。

「仕事に近くに来ているんだけど少し会えないかな?」
「今近くにいるから、話せない?」

このように会える距離にいることを理由にして連絡してみてください。遠距離恋愛をしていた元カノが近くにいると知れば、会おうと感じるものです。

久しぶり会ったときには、笑顔でポジティブに会話をしてください。「やっぱり別れるべきではなかった」と感じてもらうことが大切です。

近距離恋愛になれる状況になった

遠距離恋愛で別れてしまったのであれば、近距離恋愛で再チャレンジしてみると良いです。たとえば転勤などで離れてしまったのであれば、また地元に戻ってきたときになります。

今復縁をすれば遠距離でなくなるという状況になれば、復縁できる可能性が高いです。そのときに改めて気持ち伝えるようにしましょう。

「近くに帰ってきたから、一度ゆっくり話したい」

そう伝えて、会ったときに復縁の意思を告げてみてください。また近くで恋愛ができるのであれば、もう二人の間に障害はないわけです。

近距離になれることは、復縁をするのに大きなきっかけになります。このチャンスを逃さないようにしてください。

誕生日や大切な日に連絡する

元彼にとっての大切な日をきっかけにして、忘れずに連絡するようにしましょう。連絡をとるきっかけになります。

まずは元彼の誕生日です。0時になったら「お誕生日おめでとう」と連絡してください。離れていても忘れずにお祝いする気持ちを感じてもらえるでしょう。

また年始には「あけましておめでとう」と挨拶をするのも良いですね。大切な試験やイベントがあると知っていれば「頑張ってね」とエールを送るのも良いでしょう。

元彼の大切な日に連絡することで、大事に想ってくれているのだと実感できます。その気持ちが徐々に伝わることで、復縁につながっていくでしょう。

SNSに近況をUPする

SNSでつながっているのであれば、近況をこまめにUPしてください。あなたの投稿を見て、何か反応がくることもあるでしょう。

その中で時々は元彼が何かを感じるような投稿も入れてみてください。たとえば二人で頻繁に訪れた場所や興味のあるものです。

懐かしさを感じれば、つい連絡したい気持ちになります。それがきっかけで、また連絡を取り合うこともあるでしょう。

あなたが毎日頑張っている様子を見て、魅力を感じてくれることもあります。会いたいという気持ちが強くなることもあるのです。

だからこそ、できる限り前向きな投稿をしてください。愚痴や不満を投稿せずに、明るく楽しい毎日を伝えるようにしましょう。

嫉妬心を与えてみる

遠距離恋愛で別れてしまったカップルの多くは、まだ気持ちがある状態です。ただ物理的に距離が離れていることで、気持ちが離れてしまうことが多いでしょう。

そのため常に元彼のことを気にしている状態です。ただきっかけがないことで、別れたまま時間が過ぎてしまうでしょう。

そこで元彼の心に火をつけるべく、嫉妬心を与えてみてください。別の男性の影をちらつかせるのです。

これに有効なのは、前項同様にSNSです。普段は着ないような服をUPしたり、いつもは行かないような場所を訪れた記事を投稿します。

それを見ると「あれ?」と違和感を持つでしょう。そして少しずつ嫉妬心を感じ、我慢できなくなって連絡してくることもあります。

ただ気をつけるべきは、男性の存在をアピールしないことです。曖昧にして不安を掻き立てることがポイントなので、気をつけてください。

遠距離恋愛で別れたあとの冷却期間

まずは3か月落ち着いて考える

遠距離恋愛で別れた場合、冷却期間は最低でも3か月は必要です。どんな理由であっても、一度は心が離れています。

その状態ですぐに復縁を迫っても、何もうまくいきません。同じことを繰り返して、また別れを選択してしまうことになるでしょう。

遠距離恋愛であれば、偶然に会うことはありません。完全に関係が途絶える状況となります。その環境で3か月過ごしてみてください。

寂しさや恋しさもありますが、耐える気持ちが大切です。そして復縁について、ゆっくり考えましょう。

遠距離恋愛で別れた場合は、少なからず気持ちが残っているものです。だからこそ3か月は、とても長く感じることでしょう。

「好き」という感情。
「寂しい」という感情。

3か月で見えてくる気持ちを確認してください。お互いに見えてきたところで話し合えば、以前とは異なる気持ちで接することができます。

物理的に距離が近づくまで待つ

遠距離恋愛は、二人の距離が原因で別れてしまいます。同じ状態で復縁をしても、また同じことを繰り返してしまうだけです。

そこで会いたいときに会える距離に近づくまで待ちましょう。それは数か月なのか数年になるのかはわかりません。

それでも、遠距離でなくなる日まで待つのです。そして近距離恋愛になったとき、改めて連絡をして復縁について話し合ってください。

1年たっても気持ちが大きかったら行動

遠距離恋愛で別れてしまうのは、お互いの信頼関係や愛情が揺らいでしまったことが原因です。一度別れることで、余計に絆が薄れてしまうでしょう。

復縁したいと望むのは、ただの意地かもしれません。そこで冷却期間は長めにとって、どんなに離れていても元彼を想う気持ちが大きいままでいられるのかを確認しましょう。

もし1年たっても復縁の気持ちを持ち続けているのであれば、その愛情は強いものです。1年分の思いをぶつけることで、愛情を認識してもらえます。

別の恋愛を楽しむ期間も必要

遠距離であることがすぐに解消されないのであれば、復縁を急ぐのはおすすめできません。今の状況に適した恋愛を探してみるのも一つの方法です。

周囲を見渡してみましょう。気が付いていないだけで、あなたを支えてくれている人や素敵な人がいるはずです。

別の恋愛に目を向けることで、前の恋愛がリセットされます。そうなることで客観的に物事を考えられるようになってくるでしょう。

主観ではなく客観的に考えられるようになれれば、冷却期間としては十分な期間です。あとは新しい恋愛を満喫してみる努力をしましょう。

新しい恋愛で違う感情を抱えながら、それでも最終的に復縁を望むのであれば連絡してみてください。

自分が変われるまで

遠距離恋愛で別れた場合、同じことで壁にぶつかる可能性はとても高いです。状況や心情が変わらない限りは、うまくいくことはないでしょう。

そこで別れている期間に、自分の心が強くなれるように努力してください。自分が変われるまでは連絡せずに、冷却期間を設けましょう。

強くなるというのは、簡単なことではありません。まずは自分を信じて、ぶれない心を持つことから始めなくてはいけません。

自分を信じるには、それだけの努力が必要です。努力をした人は自信があります。それが強さに変化していくのです。

遠距離恋愛でも自分や元彼を信じられる強さをもてるまでは、期間を空けてください。時間がかかっても変われるまでは待ちましょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

遠距離恋愛の復縁で注意するべきこと

勢いだけで行動しない

遠距離恋愛で別れを選択してしまい、後悔する人は多くいます。しかし後悔しても、勢いだけで行動するのは危険です。

たとえば顔が見たくて、突然会いに行く人もいるでしょう。そして泣いてすがりつき、復縁したいと伝える人もいるかもしれません。

しかし別れを選択した人が、急に現れて泣き崩れるのでは元彼は困惑します。気持ちの整理ができていない状態では、迷惑に感じてしまうのです。

遠距離恋愛に限らず復縁に関して言えることですが、感情のまま勢いで行動するのは避けましょう。状態を混乱させて悪化させてしまうだけです。

距離だけの問題なのか考える

遠距離恋愛で別れると、すべてを物理的な距離のせいにすることがあります。しかし本当に距離だけの問題なのか考えるようにしてください。

世の中には、遠距離恋愛をしているカップル多数います。それぞれのカップルが寂しさや悩みを抱えながら、お互いを信じて支え合っているでしょう。

遠距離恋愛でも絆を深めて前を向いているカップルは多くいるのです。別れてしまうカップルは、何かが不足していることが考えられます。

忍耐力・愛情・信頼など、何が欠けていたのか考えましょう。そしてそれは距離の問題なのかも合わせて考えてください。

本質が別のところにあるのであれば、近距離になっても復縁は成功しません。きちんと問題点を見極めることが大切です。

同じことを繰り返さないようにする

遠距離恋愛は、別れと復縁を繰り返すカップルが多くいます。気持ちの整理ができていないままに復縁をすると、また同じことでダメになってしまうからです。

その多くは距離を埋められないということが要因です。寂しいとき、喧嘩をしたとき、会いたいとき・・近くにいないことで、心が離れていきます。そして恋しい気持ちや情から復縁をするのです。

安易に別れや復縁を繰り返してしまうと、すべてが軽いものになってしまいます。交際していることに重みもなくなり、すぐに別れを切り出すようになるでしょう。

これでは少しずつ信頼関係が失われていき、溝は深まるばかりです。遠距離なのに依存し合っているという複雑な状態に陥ります。

同じことを繰り返さないためには、原因と対処をしていかなければいけません。なぜ別れたのかを掘り下げて考えましょう。そして対処方法を考え、解決したときにだけ復縁を考えてください。

恋愛に依存しない環境をつくる

復縁を望む気持ちが強いときは、恋愛に依存している状態です。他のことへの意識が薄れてしまい、恋愛でしか自分を満たせなくなっているのでしょう。

だからこそ遠距離の元彼であっても、すぐに復縁したいと執着してしまいます。これは心の隙間を埋めようとしているだけの悪い状態です。

そんなときは、恋愛に依存しない環境つくりから始めましょう。仕事・趣味・運動・友人など、なんでも良いので自分の心が向けられる場所をつくりってください。

そこで恋愛以外の楽しさを味わうことで、依存や執着がなくなります。余計なことや無駄なことを考えることもなくなるでしょう。

そんな状態になったときに、復縁したい元彼であるかを考えてください。

寂しさが変わるまで待つ

遠距離恋愛で別れてしまったとき、余計に寂しい気持ちが増していきます。寂しさから復縁の連絡をしてしまう人も多いでしょう。

しかし寂しい気持ちは、耐えることで消えていきます。また別の感情にコントロールできる感情でもあります。

自分に今できることに没頭して、寂しい気持ちが別のものに変化するまで待ちましょう。寂しさを乗り越えて、恋しいと感じるまでは復縁はせずに我慢してください。

遠距離恋愛の復縁で会いに行くのはあり?

話し合いがまだの場合はあり

遠距離恋愛での別れは、電話やメールで終えてしまうことが多いです。きちんと顔を見て話し合う機会がないままに別れを選択しまうでしょう。

しかし顔を見ないと伝わらない気持ちもあります。お互いに離れたままでは、通じ合えないようなことや誤解もあるかもしれません。

もし別れの話し合いを直接していない場合は、会いに行くのもありです。きちんと顔を見て話し合う機会を設けるようにしましょう。

この場合の会いに行く時期は、早すぎても遅すぎてもいけません。別れて1~2週間ほどの期間で会いに行くのが良いでしょう。

ある程度は心が落ち着いた状態であり、なおかつ気持ちが確実に残っている状態です。あまり冷却期間を設けてしまうと、話し合いをしても気持ちが冷めているので気をつけましょう。

3か月期間をおいてからであればあり

きちんと顔を見て話し合いをしたうえで別れたのであれば、冷却期間は必要です。3か月の期間を空けてから会いに行くようにしましょう。

3か月あれば、お互い気持ちの整理もできています。そして改めて感じる気持ちや大切さに気が付くこともできるでしょう。

3か月たっても復縁したい思いから会いに行ったのであれば、元彼にも気持ちが伝わります。冷静な気持ちで会いに行きましょう。

連絡をしたうえで行くのであればあり

遠距離恋愛で復縁したくて会いに行くとき、必ず連絡を入れるようにしましょう。元彼にも今の生活があります。

もしかしたらすでに新しい彼女がいる可能性もあるのです。またまだ気持ちの整理ができていないこともあります。

「来週少しの時間でいいから会いに行ってもいい?」

このようにアポをとりましょう。もし断られてしまったら、今回は諦めてください。今は会いに行く時期ではないということです。

自分の気持ちだけで元彼を振り回すようなことはせず、元彼の気持ちも考える必要があります。それを忘れずに行動してください。

寂しくて会いに行くのであればなし

別れてしまった寂しさで会いに行くのであればなしです。ただ心の隙間を埋めるだけになってしまい、結局復縁が成功することはないでしょう。

会いに行くのであれば、心が落ち着いた状態であることが絶対条件です。一時の感情で会いに行っても、また離れれば寂しさ襲ってきます。

自分の中で寂しさを乗り越えられるように考えて努力してください。それまでは会いに行くのは我慢しましょう。

寂しさを乗り越えたら、堂々と会いに行きましょう。それが遠距離恋愛では必要なことであり、復縁する成功に大切なことです。

泣いたり怒ったり感情をぶつけるのはなし

遠距離恋愛で会いにいったとき、ただ感情をぶつけるようなことはやめましょう。そうなる可能性があるのであれば、会いに行くことはなしです。

もちろん久しぶりに顔を見れば、涙が出てきてしまうこともあります。収まっていた感情が爆発してしまい、冷静になれないこともあるでしょう。

しかし泣かれて怒られてしまうのでは、元彼は困惑するだけです。何のために会いに来たのかと疑問に感じます。ただ責められるだけでは不快な気持ちにもなるでしょう。

そうならないよう、顔を見ても落ち着けるようになってから会いに行くようにしてください。

突然会いに行くのであればなし

遠距離にいる元彼に会いに行くのであれば、必ず事前にアポをとらなくてはいけません。衝動的に突然会いに行くのは迷惑になってしまいます。

またサプライズで驚かせようという考えもやめた方が良いです。恋人同士であれば良いですが、もう交際しているわけではありません。

急に会いに行っても、仕事や約束があることもあります。それでも無理に会おうとするのは、自己中心的な印象しか与えないでしょう。

数日前から会いに行くことを伝えて、了承を得ることが大切です。了承を得ていないのであれば、会いに行くのはなしです。

まとめ

遠距離恋愛で別れてしまうと、なかなか復縁をするきっかけがありません。復縁の望みをもったまま、時間だけが過ぎてしまうでしょう。

遠距離恋愛だからこそ、復縁するのにはきっかけを逃さないことが大切です。自分の気持ちと元彼の気持ち、タイミングを見極めて復縁に向けてチャンレンジしてください。

また遠い距離いると伝えられない気持ちは、会いに行って伝えても良いでしょう。ただし、会いに行くのであれば注意するポイントもあります。

勢いに任せるのではなく、心を落ち着かせて整理しましょう。そして素直に自分の気持ちを届けるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。