何回までOK?復縁と別れを繰り返すカップルに未来はあるの?

目次

何回までOK?何度も復縁するのは運命なの?

カップルの中には別れと復縁を繰り返す人がいます。しかし復縁とは、何回までOKなのかと疑問を感じたこともあるでしょう。

別れることが癖になってしまうのは、良いことではありません。逆に何度も復縁ができるというのは、カップルの運命が強いようにも感じます。

2人に未来はあるの?
何回までならあり?

今回は、復縁を繰り返すカップルについて具体的に紹介していきます。何度も経験している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

別れと復縁を繰り返す理由とは?

別れを乗り越えていない

別れて復縁をしたとき、別れの原因を乗り越えていなければ意味がありません。これでは何度復縁をしても、何でも別れることになってしまいます。

カップルが別れる原因は、一つではないでしょう。いろいろな要因が重なり、最終的に別れを選んでしまうのです。その一つ一つをクリアにしなくてはいけません。

  • 浮気?
  • 遠距離?
  • 喧嘩?

原因を曖昧にしたまま復縁しても、同じことで揉めますよね。そして別れ、また復縁をする同じルートばかりまわってしまうでしょう。

別れるのは、それだけの理由があります。小さなことの積み重ねであっても、それぞれには理由があるものなのです。

別れの理由を明確にしないまま復縁をしても、何も解決していない状態でしょう。だからこそ結局また同じことを繰り返してしますのです。

またわかっているのに見て見ぬふりをすることもあります。浮気や金銭トラブルなどであっても、知らないふりをして復縁するのです。

このような関係では上辺だけしか修復することはできていません。根本的な解決をしていないので、すぐに別れてしまうのでしょう。

感情だけで動いている

恋愛とは、感情でするものです。そのため別れるのも復縁をするのも、その場の感情だけに任せて動いてしまう人は多くいます。

「こんな人とは付き合えない!別れる!」
「やっぱり好き!離れたくない!」

「信じられない!やっぱり別れる!」
「でも寂しい!復縁したい!」

このように感じるのは当然の心理です。それでも通常は一度感情に蓋をします。そこで自分の感情が本物であり正しいかどうか冷静に考えるのです。

しかし何度も別れと復縁を繰り返す人は、感情に蓋をすることはありません。感情のままに行動をするので、結果的に別れたり復縁したりするのです。

別れることが癖になっている

「別れよう」という言葉は、とても重い言葉ですよね。安易に口にするものではなく、最終的な決断として伝えるものでしょう。

それが何度も別れを繰り返しているうちに、だんだんと軽く口にするようになってしまいます。別れることに危機感や重みを感じなくなるのです。

「嫌なら別れればいい」
「どうせ復縁できるだろう」

そう簡単に考えてしまうのでしょう。別れも復縁にも慣れすぎてしまうことで、カップルにとって癖になってしまっているのです。

これでは何度でも同じことばかりを繰り返してしまいます。嫌なことがあるたびに、どちらかが別れを提案することになるでしょう。

相手に依存している

復縁するときに、「なぜ復縁するのか」ということを考えていない人も多いです。ただ寂しくて悲しくて…そんな心の隙間を埋めるように復縁を選択するのでしょう。

しかし心の隙間を埋めるためだけに復縁をするのは、相手に依存しているだけです。ただ一時的に気持ちを満たしてくれるための要員として利用している状態になります。

依存状態では復縁をしても、また少しのことで関係が崩れてしまうでしょう。そして修復できなくなり別れを繰り返してしまうことになるのです。

冷却期間を設けていない

別れてから復縁するまで、1~3か月ほどの冷却期間が必要です。時間と距離をとることで、それぞれが頭や心の整理をすることができます。

整理して考えた結果に復縁をした場合、絆は深まります。一つの壁を二人で乗り越えたからです。もう別れを繰り返すことはないでしょう。

しかし冷却期間を設けていないと、何も考えないままに復縁をしている状態です。冷静な思考ではないままに復縁をしても、また別れてしまうことになります。

別れや復縁を繰り返すのは、短期間で決断をしてしまうからです。別れたカップルに時間は必要なものでしょう。時間を設けないと同じことを繰り返してしまいます。

強い絆で結ばれている

何度別れても何度でも復縁できるというのは、絆の強さもあるでしょう。別れという辛い経験をしているのに、それを上回る魅力がある証拠です。

「辛くても一緒にいたい」
「傷ついたけど許したい」

別れというもの以上に、二人の絆が強いということになります。何があっても、絆が強いと縁を切ることができません。それが復縁につながるのです。

絆とは、付き合っていたときに築かれた信頼関係です。交際期間に関わらず、絆が強いカップルは何度でも復縁を繰り返すものでしょう。

なんだかんだ好みのタイプ

どんなに性格や価値観が合わなくても、相手のことが「好みのタイプ」ということもありますよね。顔やスタイルが、とにかく自分好みなのです。

そうすると別れても、復縁したい気持ちになります。理性よりもタイプであることの方が何よりも勝ることもあるのです。

うまくいかないと理解しながらも、好みのタイプであると復縁したい願望が強くなります。そして復縁して満足をし、またうまくいかなくなり別れてしまうのです。

ほかに良い人がいない

別れても、「元恋人以上の人が現れない」ということもあります。そうすると妥協案の一つとして、「やっぱり戻ろう」という気持ちになり復縁するのです。

実際にほかに良い人がいないということはないでしょう。期間を設けてゆっくり探せば、素敵な人が必ずいるものです。

しかし寂しさや焦りから、すぐに諦めてしまい復縁を選びます。自分を理解して好きになってくれるのは、この人しかいないと錯覚してしまうのでしょう。

そして結果またうまくいかなくなり、別れてしまうのです。これでは負のループにはまってしまい、いい恋愛ができずに過ぎていきます。

情だけで復縁している

どんな理由で別れても、少なからず情が残るのは当然です。相手への名残のようなものや恋しさは、恋愛とは異なる感情だといえます。

しかし「情」を勘違いして復縁するカップルも多くいます。情けで復縁したところで、恋愛ではないのでうまくいくことはありません。

情だけでつながっていた二人は、また別れを選んでしまうでしょう。そして同じように名残だけが消えずに、また復縁をするという繰り返しとなるのです。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁は何回までOK?

1回でダメなら縁はない

基本的には復縁は1回までだと思っておきましょう。別れて復縁をして、そこで別れてしまうこともあります。その場合は、もう復縁をするべきではないのです。

1回別れることで、カップルの多くは考えを改めます。相手への大切さや交際の意味などを再度認識したうえで復縁をするでしょう。

それでも別れてしまうということは、何も変われなかったという証拠です。1度目の別れから何も学びを得ていないということになります。

1回の復縁でダメだった場合、もう縁はなかったと考える方が良いです。新しい出会いを探すことをおすすめします。

2回で勝負する

1回目の復縁のすえに別れてしまっても、どうしても諦められない人もいます。どうしてももう一度復縁したいと望むこともあるでしょう。

本来であれば、2回の復縁は良い未来が見えません。しかし愛情があるのであれば、最後のチャンスであると思い2回で勝負をしましょう。

その時には、「これで最後にする」ということをお互いに話してください。2回目の復縁でまた別れてしまった場合には、もう別々の道を歩くことを心得ておくのです。

覚悟をもって復縁をするのであれば、2回目もありです。二人で話し合いをして、重く強い決意で2回目の復縁をしましょう。

3回以降は同じことを繰り返す

3回以降になると、別れも復縁も軽く考えている証拠です。癖になっていることから、何度も同じことを繰り返してしまうでしょう。

3回目からはおすすめできません。どんなに情があっても、しばらく距離を置いてください。新しい恋愛に目を向ける方が、お互い幸せになれる可能性が高いです。

別れと復縁を繰り返すカップルの未来とは?

結婚しても離婚する

別れと復縁を繰り返すカップルでも、気持ちが盛り上がって結婚を選択することもあります。好きで復縁するのですから、結婚を考えることもあるでしょう。

しかし別れと復縁を繰り返すカップルは、「嫌なことが解消されていない」ということです。これは結婚したからといって変わるものではありません。

結婚をしても「嫌なこと」が再び繰り返され、その都度けんかや別居をします。そして最終的には離婚に至ってしまうでしょう。

もし結婚をするのであれば、復縁をして数年別れない状況が続いてからにしてください。結婚の重みについて二人で話し合いをしてから決断しましょう。

同じことを繰り返す

別れと復縁を繰り返すカップルの未来は、何も変わることはありません。別れと復縁を繰り返すカップルのまま時間だけが過ぎていくでしょう。

「別れ」にも「復縁」にも向き合っていない証拠です。だからこそ何度でも同じことを繰り返します。決して成長をすることはありません。

情だけでつながっている二人の絆は少しずつ弱くなります。そのまま最終的にはカップルとして成立しなくなってしまうのです。

話し合えば絆が深まる

別れと復縁を繰り返す中で、少しずつでも話し合いをしていれば修復していくこともあります。微々たるものかもしれませんが、それでも絆が深まっているのです。

人の価値観はすぐに変わるものではないでしょう。それでも別れを経験するたびに、少しずつでも相手の価値観を知り合わせる努力ができていれば変えていくことができます。

つまり話し合いができていれば、繰り返すほどに絆が深まっていくのです。このようなカップルであれば、良好な未来が待っていることもあるでしょう。

だらだらとした関係が続く

別れと復縁を繰り返すカップルは、常に関係が浅くて曖昧な状態です。いつも危うく、新しい恋愛を探しつつも離れられないような関係になるでしょう。

そうすると復縁をしても、だらだらとした関係になります。そして別れても完全に距離をおけずに、まただらだらと会うことを繰り返すのです。

このような二人は、別れても復縁をしてもだらだらとした関係でしかありません。未来を想像しても関係は変わらずに、曖昧なまま続いていくでしょう。

明るい未来はない

総じていえば、明るい未来はないカップルが多いです。どちらかというと未来は暗く、闇のループにはまってしまうでしょう。

別れて復縁して、また別れて復縁して…このように別れの回数が増えてばかりでは溝が深まります。別れを重ねるごとに溝がより大きくなるでしょう。

何度も繰り返すことに、良いことなどないのです。明るい未来はないと心得て、今後の二人の進む道を決めていくと良いでしょう。

別れと復縁を繰り返すカップルは運命?

運命ではなく情のつながり

別れても復縁できるのを「運命」だと都合よく解釈してはいけません。決して運命だから復縁するということではないのです。

復縁するのは、「運」ではなく「意志」だといえます。つまり意志が弱いことで復縁を繰り返してしまうというのが大きいでしょう。

たとえば別れて数年後に偶然再会するのであれば、運命だと呼べることもあります。しかし何度も繰り返している二人であれば、運命という言葉につなげるのは間違っているでしょう。

少なからず運命の糸はつながっている

ただし運命の二人でないと言い切ることはできません。何億人もいる人の中から交際することになったのですから、出会えたこと自体が運命です。

運命の糸がなければ、最初の交際に至ることもありません。そして別れても引き寄せられるというのは、それも運命の力であるといえるでしょう。

運命の力で復縁するわけではありません。しかし運命の糸が二人の間に存在することに間違いはないのです。あとは糸をどう処理していくかが重要となります。

そもそも運命なら別れない

「運命だから復縁する」という考えもあります。しかし「運命であれば別れない」ということも前提にあるといえるでしょう。

運命とは、恋人や好きな人がいるときに都合よくつかわれる言葉です。運命だと思い込むことで、心を正当化させようとしているのでしょう。

運命だから復縁しよう!
運命だから復縁しても間違っていない!

そう思うと復縁するのに迷いがなくなるのです。しかし運命を言い訳にしてはいけません。運命の二人なら別れないことを前提に考えるようにしてください。

運命だと酔いしれてはいけない

何度も復縁できることを運命だと勘違いして酔いしれる人もいます。しかし復縁を繰り返すことは、決して酔いしれることではありません。

友人が「私は彼と10回も復縁しているのよ」と自慢してきたら、どう思いますか?

10回復縁していることよりも、10回別れていることに問題を感じるはずです。

復縁の数だけ別れがあるということを忘れてはいけません。運命だと勘違いしてしまうのは、とても恥ずかしいことだということを心得ておきましょう。

復縁は運命ではなく向き合い

復縁をするということは、お互いに向き合うことです。自然と結ばれるというよりも、きちんと対面して話し合うことで再度交際するという決断をします。

つまり復縁するには、運命にゆだねてはいけません。二人の未来について、きちんと話し合いをしてこそ復縁が成功するのです。復縁に努力は不可欠でしょう。

別れと復縁を繰り返さないための対処法

別れを乗り越える

別れと復縁を繰り返さないためには、「別れ」を曖昧にせずに乗り越える必要があります。別れることには必ず原因や理由がいくつか存在しているので、明確にしてみましょう。

「なぜ私たちはうまくいかなかった?」
「どのようなことが別れる要因になった?」
「この問題を解決するために必要なことは?」

このようなことと向き合うのは辛く苦しいこともあります。しかし向き合うことから逃げてしまえば、また同じことを繰り返すだけになってしまうでしょう。

しっかりと別れを乗り越えてから復縁をすれば、同じことで立ち止まることはなくなります。別れを繰り返さずに添い遂げていけるのです。

自分と向き合う

復縁したいという気持ちは、ただ寂しさや愛おしさを感じているからではないでしょうか。自分が弱いことで、心の隙間を埋めたくなってしまうのです。

しかし情や弱さで復縁をしても、また別れる日がすぐにきてしまいます。そして復縁と別れを繰り返してしまうでしょう。

相手と向き合うことも大切ですが、自分自身と向き合うことも大切です。自分の弱いところやダメなところを見つめなおし、まずは改善できる努力をしてみましょう。

すぐに寂しくなってしまうのであれば、そうならない方法を考えるのです。仕事に打ち込んでみたり、ペットを飼うだけでも気持ちに変化が出てきます。

ゆっくりと自分と向き合うことで、「復縁することの意味」を考えることができるでしょう。そのうえで今後の進む道を決めていくようにしてください。

なぜ復縁したいのか考える

感情のままに別れや復縁を繰り返していると、いつまでも同じことばかりが続いてしまいます。感情で動くことも大切ですが、頭で考えてから行動することも大切です。

「彼に会いたい」
「彼を失いたくない」
「彼と復縁したい」

このような感情になったとき、まずは「なぜ?」という疑問を自分に投げかけてみてください。

「なぜ会いたい?」
「なぜ失いたくない?」
「なぜ復縁したい?」

答えが意地や寂しさではなく、相手への愛情であることを確認しましょう。自分の気持ちに確信をもって決意して復縁をするようにすると良いです。

すぐに復縁しない

別れてから、どれくらいの期間を空けて復縁しているでしょうか。数週間ですぐに復縁をしている場合は、期間を空けることを意識してください。

まず短くても1か月は冷却期間として連絡しない期間を作ります。この間は、会うことも連絡することもせずに音信不通にしましょう。

そして、自分のことやお互いのことを冷静に考える時間にします。それだけでも復縁に対して正常な判断ができるようになるのです。

期間を設けないと、感情に流されてしまいます。1か月~6か月は必要だと思い、ゆっくりと考えてみてくださいね。

二度あることは三度ある

このコトワザは、「二度同じことあると三度続く心配や恐れがある」という意味です。悪いことは続くので油断しないようにという戒めの言葉でもあります。

しかしこれは人間心理にも通ずるものがあるでしょう。二度浮気をする人は三度目もありえます。借金や喧嘩にも同じことがいるのです。

だからこそ二度別れと復縁を繰り返していれば、三度目の確率も高くなります。そして四度目以降も続いていく可能性が高いです。

この言葉を肝に銘じておきましょう。そして二度目の時点で立ち止まり、考えを改める方が良いです。今後も同じことが続く覚悟を持って二度目以降の復縁を考えるようにしてください。

運命に身を委ねる

先ほどもお伝えしたように、復縁は決して運命ではありません。つまり「復縁しよう」と行動しない限りは、復縁に至ることはないでしょう。

そこで行動するのをやめて、運命に身をゆだねてみてください。もし運命の相手であれば、まためぐり逢うことができます。そして自然と復縁できるでしょう。

反対に運命の相手でなければ復縁はありません。それも運命だと思い、決断できるようにしておくと良いです。

復縁は1度までと決めておく

別れと復縁を繰り返さないために、復縁は1度までと決めておくことも大切です。最初の復縁のとき「これでうまくいかなかったら諦める」と覚悟しましょう。

そうすれば簡単に別れを切り出すことも受け入れることもなくなります。一つ一つの決断を慎重に考えられるようになるのです。

何度でもチャンスがあると思っていると、何度でも繰り返してしまいます。チャンスは一度きりだと思って挑むようにしましょう。

繰り返す理由を考慮する

別れと復縁を何度も繰り返すカップルには、それぞれに理由があるはずです。まずは繰り返してしまう理由を考えてみましょう。

「簡単に考えすぎている?」
「感情に流されすぎている?」
「癖になっている?」

理由がわかったら、具体的な対処法も見つかります。

繰り返すことを当たり前だと考えてしまうと、何も変わりません。当たり前ではないことだと思い、きちんと対策を考えるだけで関係は変わってきます。

もし答えが見つからない場合は、周囲に相談してみるのも良いでしょう。必ず理由があるものなので、明確にして対策してください。

ほかにいる運命の相手を探す

別れと復縁を繰り返しているということは、あなたの運命の相手は他にいる可能性が高いです。彼に固執せずに視野を広げて恋人を探してみましょう。

他に運命の人がいると思えば、少し考え方も変わりますよね。他の異性を意識できるようになり、彼への執着からも解放されてきます。

もし別れと復縁を二度繰り返したら、ほかにいる運命の相手を探してください。彼は残念ながら運命の相手ではなかったと言い聞かせましょう。

もう復縁はできないと思う

何度も繰り返すのは、何度も復縁が成功しているからでしょう。別れても復縁できるという自信があるから、何度でも別れてしまうのです。

そこで「もう復縁はできない」と思ってください。常に最後であり、別れたら永遠のお別れだという覚悟を持ちましょう。

それだけでお互いを少し大切にできます。その「少し」が二人の関係を大きく変えていくものです。

まとめ

別れと復縁を繰り返すカップルは、依存・情・執着などで癖になっている証拠です。それを運命だと勘違いしてしまうと明るい未来ではなくなってしまいます。

別れも復縁も軽く決断できることではありません。簡単にできるようなことではないのです。それを心に刻むようにしましょう。

そのうえで最後のチャンスだと思い、慎重に決断をしてください。それが自分のためでもあり、相手のためでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。