復縁で連絡しない期間はどれくらい?効果はあるの?

復縁で連絡しない期間はどれくらい?効果はあるの?

復縁をしたい気持ちが強いと元彼のことばかり考えてしまいます。毎日携帯を見つめて、連絡するべきかどうかと頭を抱えてしまうことでしょう。

「今何しているのだろう」
「声が聞きたい」
「早く復縁に向けて話し合いしたい」

そんな焦る気持ちばかりが先行します。しかし復縁は、そのときの感情で動いてしまうとうまくいきません。連絡しない期間をつくる方が効果的なのです。

今回は復縁で連絡しない期間について具体的に紹介します。まずは冷静になって、自分なりの復縁計画を立てていきましょう。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

まずゆっくり別れについて考える

最初に考えるべきことは、二人が別れを選んだ理由です。「なぜ」「どちらから」「どういう状態で」別れたのか。その後の気持ちの変化まで整理してみましょう。

なぜ」:(例)忙しくて会えない時間が増え、すれ違いやケンカが増えたことが原因
どちらから」:(例)自分から申し出て話し合いをした
どういう状態で」:(例)寂しさに耐えられなくなった
その後の気持ち」:(例)別れたことで自分のわがままだったと気づいた

この例のような状況の場合、別れて数日で連絡しても元彼は混乱します。復縁しても寂しい思いをさせるのだから意味がないと判断してしまうでしょう。

復縁で連絡するタイミングは、別れの原因や状況によって異なるのです。復縁を考えるよりも、まずは別れについて考えてみてください。

復縁で連絡をしない効果

音信不通で元彼の気を引く

連絡しない期間があることで、あなたの状況や心情がわからなくなります。わからなくなると、人は知りたいという気持ちが高まるのです。

「もう好きな人ができたのかな?」
「元気でやっているのかな?」

わからないからこそ、どうしているのかが気になります。そして気がつくと、元彼はいつもあなたのことを考えるようになるのです。

たとえば、芸能人でも同じことがいえます。SNSをしていて、自分の言動や個人情報までなんでも公表していると興味が薄れてくるものですよね。

それ以上に知りたい情報もなく、心が満たされてしまいます。親近感はもてますが、すぐに飽きられてしまうでしょう。

反対に私生活は何も公表していない芸能人は、興味を掻き立てられます。もっと知りたいと気になってくるので、どんどんはまってしまうのです。

人は情報量が少ない方に興味をもちます。あまり自分から情報提供をせず、音信不通でいることで元彼の気を引くことができるでしょう。

連絡しない期間で気づく気持ちがある

別れても頻繁に連絡をとっていると、存在価値が薄れてしまいます。あなたの存在が当たり前になってしまうので、大切に気づくことができないのです。

  • 寂しい
  • 恋しい
  • 愛おしい
  • 会いたい

このように元彼を求愛するような気持ちは、存在価値を感じたときに心に生じます。目の前にいることが当たり前ではないと痛感して初めて感じるでしょう。

連絡しない期間で、改めて「大切で必要な存在だった」と気がつくことは多いです。連絡しない期間を設けなければ、求愛させることができないのです。

冷静な気持ちになれる

別れた直後は、お互いに落ち着いた精神状態ではありません。悲しみ・怒り・寂しさなど、マイナスの感情で混乱している場合が多いです。

この時点では、気持ちの整理ができていません。心身ともに恋愛に疲れている状態でもあります。少し休息が必要ですよね。

連絡しない期間があることで、一度心を休めることができます。そして冷静になり、自然に頭と心の整理を始めるでしょう。

「別れの原因は自分だった」と反省したり。
「しばらく恋愛はいいや」と休息したり。
「復縁したい」と思い直したり。

連絡しない期間で、あなたと同じようにいろいろなことを考えます。連絡をしてしまうと、また混乱させてしまい面倒に感じてしまうことが多いです。

お互い別の異性に目を向けることができる

心に元彼が残っていたとしても、別れたのであればフリーになったというわけです。それなら別の男性に目を向けても良いでしょう。

悪い別れ方をしない限りは、少なからず復縁したい気持ちは誰にでも出てきます。また情や寂しさから連絡したくなることも多いです。

ただ恋は盲目という言葉があるように、好きだった人に盲目になり執着しているだけという可能性もあります。一度別の男性と交流することで、別の世界が見えてくるでしょう。

そこで新しい発見や価値観と出会うこともできます。もしかすると新しい恋愛が始まることもあるかもしれません。

連絡しない期間は、存分に遊んでしまいましょう。そして新しい自分や人との出会いをすることで、可能性を広げていく期間にする効果があるのです。

追われないことで追いかけたくなる

恋愛の心理として、「追われると逃げる」「逃げられると追う」というものがありますよね。人には狩猟する本能のようなものがあるでしょう。

復縁で連絡しない期間は、元彼にとって「追われていない状態」です。そうすることで自然とスマホを眺めてあなたからの連絡を待つようになります。そして追いかけたい衝動にかられてくるのです。

カップルでも、束縛が強いと余計に浮気をしたくなるものだといわれますよね。反対に自由にさせていた方が、意外と浮気せずに愛情を深めてくれるのです。

別れているのですから、お互いに自由です。この自由を奪わずに、そのまま野放しにしてみてください。そうすると自然と自分の元に戻ってくる効果が期待できるでしょう。

別れを引きずらずに新しい恋ができる

別れた直後に連絡をすると、どうしても別れの名残がありますよね。一度はうまくいかなくなった二人というマイナスな印象しかありません。

しかし連絡しない期間が長いことで、過去の恋愛が浄化されリセットされていきます。半年から1年経過すれば、元彼も新鮮な存在になるのです。

そこでまた新しい恋愛をスタートさせる気持ちで向き合えば、復縁の可能性も高いでしょう。別れを引きずらずに前に進めるのです。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁で連絡期間を空けないとどうなる?

執着や依存を感じてうっとうしい

復縁で連絡しない期間がないと、しつこく付きまとわれているように感じてしまいます。恋愛が一方通行になり、元彼にとってはうっとうしい存在なのです。

「別れたのに何?」
「今さら何?」

気持ちの整理ができていない状態ですから、重荷に感じるでしょう。そうすると復縁が成功することはありません。ストーカー扱いをされて、余計に届かない人になってしまいます。

別れを乗り越えることができない

別れてすぐに連絡してしまうということは、完全に別れを乗り越えていない証拠です。ただ前の恋愛を未練たらしく引きずっている状態となります。

理由があって別れたのに、別れを乗り越えることができなければ意味がありません。もし復縁できたとしても、また同じようなことで別れてしまいます。

都合のいい存在になってしまう

連絡しない期間こそ、お互いの大切さを認識することのできる時間です。その期間がないことで、大切な存在だと気づくことはないでしょう。

むしろすぐに連絡をすると、都合のいい便利な存在になってしまうことも多いです。寂しいときだけ頼ったり、セフレのような関係になることもあります。

これでは、ただ心の隙間を埋めるだけの人になってしまうのです。また恋人関係になりたいのであれば、すぐに連絡をしてはいけません。

連絡しない期間をつくって存在価値を高めていきましょう。

タイプ別:復縁で連絡しない期間

最短でも1か月は期間を空ける

復縁で連絡しない期間は短くても1か月はとるようにしましょう。苦しい日々の1か月は長く感じてしまうかもしれません。しかし別れや自分の心を向き合うのに必要な時間です。

最初は毎日のように涙を流していても、10日ほどすると少し落ち着いてきます。そして寂しさが襲ってくるでしょう。

寂しい気持ちを別のことに発散させることで、少しずつ気持ちが前向きになります。元彼を想う時間も減ってくるものです。そうなったら、復縁について考えてみてください。

冷静な状態で連絡できるようにしていきましょう。1か月あれば、元彼もある程度心の整理をつけているはずです。

自分から振った場合は3か月

どんな理由であっても、自分から別れを告げたのであれば3か月は連絡しないようにしましょう。短期間で連絡してしまうと、元彼は混乱してしまいます。

まずはお互いに冷却期間を作ってください。なぜ別れを選び、なぜ復縁したいのか。それを明確に考えるのです。

3か月以上たってからであれば、「1人でゆっくり考えた結果」という前置きができます。気持ちの整理をして伝えることができるでしょう。

好きな人や恋人がいる場合は半年以上

もし「好きな人ができた」と言われて別れた場合は、すでに新しい彼女がいる可能性もあります。その場合、復縁の可能性はないでしょう。

チャンスとなるのは、少し飽きが出てくる半年以降です。愚痴や不満も出てきていている頃でしょう。そこで一度連絡をしてみてください。

「久しぶり!元気?」とだけ送り、様子を見てみましょう。あなたの存在価値に気づいていれば、すぐに返信がくるはずです。

喧嘩別れの場合は半年以上

頻繁に喧嘩することが原因で別れたのであれば、すぐに復縁しても同じように喧嘩が起こります。状況が変わらない限り、うまくいくことはないでしょう。

半年以上は連絡をせずに、一度恋愛から離れてみるのも良いです。もしくは復縁に執着せずに、別の男性にも目を向けてみてください。

違う考えや価値観を身に着け、状況が変わったときに連絡をしましょう。ものの見方が変わっているだけで、復縁できる可能性も高くなるのです。

すれ違いが原因の場合は1年以上

遠距離や仕事が忙しいことですれ違いが多くなり別れてしまうこともあります。このような場合は、物理的な要因が解決してからにしましょう。

距離が近くなったり、仕事が落ち着いたりしたときです。目安としては1年ほどとなりますが、もう少し短い期間になることもあるでしょう。

「久しぶり!先月からこっちに越してきました」など別れの原因が解決されたことを伝えてください。そこで元彼の反応を待ちましょう。

まとめ

復縁したいとき、連絡をするタイミングが大きなポイントとなります。何も考えずに感情に任せて連絡してしまうと、復縁は成功しないでしょう。

別れの原因に合わせて冷却期間を設けてください。そうすることで良い状態で復縁をすることができ、また復縁後もうまくいきます。

連絡しない期間は辛いですが、お互いのためには必要な時間です。落ち込んでばかりいるのではなく、少しでも自分を磨く時間にして過ごしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。