別れて1ヶ月で復縁できるの?男の気持ちとは?連絡きたらどうすればいいの?

目次

別れて1ヶ月で復縁できるの?男の気持ちとは?連絡きたらどうすればいいの?

大好きな彼と別れたとき、「今すぐに復縁したい」という焦る気持ちばかりが強くなります。1日がとても長く感じ、辛く苦しい日々を過ごすことでしょう。

復縁をするためには、ある程度の冷却期間が必要です。では冷却期間をできる限り短くするためには、どのようなことをしたら良いのでしょうか。

今回は、別れて1ヶ月で復縁するための方法を紹介していきます。男性の気持ちや対処方法まで具体的にお伝えするので参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

別れてから復縁するまでに必要な期間とは?

別れて1ヶ月での復縁は可能性が高い

別れてからの1ヶ月は、何も手につかないほど長い期間です。しかし手につかないからこそ、ゆっくりと別れた相手を考えられる時間も確保できるでしょう。

男性は、別れた直後は「別れ」から逃げてしまいます。そのため復縁まで意識することはできません。

そして徐々に失ったことの寂しさや後悔が心に出てくるようになります。それがピークに達するのが1ヶ月後となるのです。

別れてから1ヶ月後は、復縁できるかどうかの勝負のときだといえます。辛くても耐え抜いて、勝負の日がくるのを待ちましょう。

別れの原因により冷却期間は異なる

別れて1ヶ月後が勝負というのは、復縁の基本パターンです。しかし別れの原因は多種多様なので、一概には言えないところもあります。

また後ほど紹介しますが、別れの原因によっては1ヶ月では短い場合もあるでしょう。「冷却期間=1ヶ月」ではなく、柔軟に期間を考慮するようにしてください。

関連記事:復縁の冷却期間はどのくらい?【なし】でも上手くいく?よくある失敗例と冷却期間後の対応も紹介!

別れて1ヶ月未満の復縁はおすすめできない

復縁までの期間で共通しているのは、1ヶ月未満の復縁はおすすめできないということです。感情だけで別れや復縁を繰り返してしまうことは避けましょう。

昨日別れて、今日会いたくなるのは当然の心理でもあります。これは愛情ではなく、ただの情や寂しさからくるものです。

いちいち感情のまま動いていては、お互いに混乱してしまいます。別れたときこそ心を落ち着かせて、頭で考える必要があるのです。

そのためには最低でも1ヶ月の期間がなくてはいけません。どんなに好きな気持ちがあっても、1ヶ月は自分自身と向き合う時間にしてください。

別れて1ヶ月後の男性心理

男性は元カノを引きずる生き物

基本的に男性は元カノを引きずる生き物です。どんな別れ方であっても、元カノの存在というのは消えずに残ります。

「女性は上書き保存」「男性は名前をつけて保存」という例えがあるのをご存知でしょうか。

女性は元カレに新しい男性を上書きして、消去していきます。しかし男性は、きちんとフォルダ名をつけて残しておくのです。

「1ヶ月の間に元カノとしての存在が薄くなるのが怖い」

こんな不安を持つ女性もいるかもしれません。しかし男性は元カノを綺麗に保存している状態なので、存在が薄れることはないでしょう。

向き合うことから逃げる

女性は別れた翌日から悲しみに浸りますよね。寂しさや後悔から、泣いてばかりの毎日を過ごすようになります。

しかし男性は、別れた直後に悲しみに浸ることはありません。なぜなら別れから目を反らして向き合うことをしないからです。

自分の気持ちを誤魔化すように、フリーになった喜びを感じようとします。無駄にテンションを高くして過ごす日々を送るでしょう。

徐々に悲しみが増してくるころ

男性に別れの悲しみが襲ってくるのは、別れて1ヶ月後ほどです。少しずつ隣にいた彼女の存在の大きさを実感して寂しくなります。

「なぜ別れたんだろう?」
「今何をしているんだろう?」

元カノのことばかりを思い出して悲しみに浸るでしょう。保存していたフォルダをようやく開いて向き合い始めるのです。

女性が別れた翌日に感じる気持ちは、男性は1ヶ月遅れて感じると思っておくと良いでしょう。

別れて1ヶ月で復縁する方法

1ヶ月間は連絡しない

別れて1ヶ月で復縁するには、「1ヶ月は連絡しない」ことが原則です。音信不通の状態から、急に復縁に向けて始動するのです。

先ほどお伝えしたように、別れた直後に男性は悲しみに浸ることはありません。このときに連絡しても何も響かないのです。

それよりも1ヶ月たつ頃に男性に悲しみや寂しさを感じてもらう必要があります。心にぽっかりと穴が空いた状態にするわけです。

1ヶ月連絡しないことで、何をしているのかと気になります。情報がないことで、余計に知りたくなってしまうでしょう。

こまめに連絡をしてしまうと、男性の心に穴が空くことはありません。いつでも連絡をくれる元カノに安心してしまうので執着もしないです。

必ず1ヶ月の音信不通は守るようにしてくださいね。男性の気持ちの変化を理解して、我慢する期間を設けましょう。

存在だけアピールする

音信不通の状態であっても、「存在感」はアピールしていきましょう。つまり「元気に生きているけれど、元カレには連絡しない状態」だと理解してもらいます。

たとえば共通のグループLINEがある場合、そちらには応じるようにしてください。今まで通りに連絡のやり取りをしましょう。

他にも職場が同じであれば、一生懸命に仕事をします。SNSで誰かの投稿にコメントを残したり、近況をアップするのも良いです。

「あれ?俺にだけ連絡くれないのかな・・」
「別れても普通に元気にしているのか・・」

そう思わせることで、男性の取り戻したいという本能を刺激してみましょう。音信不通で存在まで消してしまうことのないよう気をつけてくださいね。

別れた理由と向き合う

別れて1ヶ月で復縁するのであれば、それまでに別れの原因を解決しなくてはいけません。解決していないのに依存して復縁しても何も意味がないです。

「別れ」を良い経験に変えるのであれば、二人で乗り越える必要があります。それには原因と解決が必要不可欠です。

  • 交際中に足りなかったこと
  • 別れの原因が再発しないための対処法
  • 復縁に対する気持ち

感情に任せて勢いで復縁することのないように、よく考えてください。そして復縁を望むときに、男性に伝えられるようにしておきましょう。

悲しむより前を向く

別れてからの1ヶ月は後ろを向いてしまいがちです。しかし悲しくて辛い気持ちバネにして、少しでも前を向けるように努力してください。

何でも良いので1ヶ月の目標を作ると良いでしょう。

  • 3キロ痩せる
  • 転職活動をする
  • 毎晩自炊する

このような目標を設定して、前を向くことが大切です。1ヶ月ぶりに再会したときに、彼に以前より増した魅力をアピールできるようにしましょう。

寂しさを他の男性で埋めない

男性依存になりやすい女性は、彼と別れた寂しさを他の男性で埋めようとします。優しくしてくれる人に心を預けてしまうのです。

しかし復縁したいのであれば、心の隙間に他の男性を入れてはいけません。噂はすぐに広まり、元カレにも幻滅されてしまいます。

心が弱くなってしまうときこそ、踏ん張り時です。男性に頼るのではなく、自分の力で心の隙間を埋められるようになりましょう。

1ヶ月で少しでも強く成長することが必要です。耐える気持ちの先に復縁の成功があると信じて頑張ってみてください。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

1ヶ月での復縁が難しいパターン

彼に好きな人ができた

もし彼に好きな人ができたことが原因で別れた場合です。あなたより夢中になる存在がいるのでは、現状勝ち目はないでしょう。

別れてから1ヶ月で、彼は好きな女性にアピールを始めているはずです。そのアピールの結果が出るまで復縁は待たなくてはいけません。

もし成功して交際を始めてしまったら、半年ほどは連絡しない方が良いです。辛いですが恋愛の行方を見守るしかありません。

半年経過したところで、新しい恋人と順調かどうかを探るために一度連絡してみましょう。もしレスポンスの反応が良ければ、チャンスということです。

「好きな人ができた」とき、彼の心の8割以上は新しい女性で埋め尽くされています。元カノのフォルダは、当分開かれることはないでしょう。

振ったことを後悔する女性になれるよう、女磨きに力を入れてチャンスを待ってくださいね。

交際中の自分の浮気

別れの原因が自分自身の浮気であった場合は、1ヶ月で復縁しようと思わない方が良いです。一度なくした信用を取り戻すのには時間がかかります。

自分のしたことを後悔・反省し、本当に復縁したいのであれば長期戦で臨んでください。目安としては半年から1年以上です。

浮気された男性は、プライドも傷つけられて自信もなくしています。まだ愛情もありますが、怒りや悲しみの方が強いので感情が混乱している状態です。

そんなときに復縁を望まれても、何も考える気になれません。都合良く振り回されているようで、嫌悪感をもってしまうでしょう。

まずは自分したことを後悔・反省していると正直に話します。そして時間をかけて愛情を伝えていくことを伝えてください。

彼の反応が悪くても月に数回だけ、連絡を入れるのです。長期間続けることで、少しずつ彼の心の傷が癒えてきます。もう一度信用してみようと考えてくれるでしょう。

状況の変わらない遠距離恋愛

遠距離恋愛で心の距離も離れてしまい、別れを選ぶカップルは多いです。そして寂しさで別れたことに後悔し、復縁を望む人も多くいます。

しかし復縁をしても、状況が変わらないのであれば同じことを繰り返してしまうでしょう。またすれ違いから別れてしまいます。

遠距離恋愛で別れた場合、原因が解決していない限り復縁は難しいです。解決となるのは、物理的に距離が近づいたときになります。

もしくは数か月離れて、相手に依存しない強さを持ちましょう。遠距離恋愛でもうまくいくための基盤を作るのです。

このようなことは1ヶ月でできることではありません。半年以上かけて状況が変化していくのです。

別れて1ヶ月で復縁するときの注意点

泣いてすがらない

1ヶ月で心の整理をつけたつもりでも、再会すると感情が溢れてきます。復縁したい気持ちが強いあまりに泣いてしまうこともあるでしょう。

しかし1ヶ月して彼が復縁の意思がなくても、泣いてすがることはしないでください。逆効果で彼の心はより冷めて離れてしまいます。

男性は手に入らないものが欲しい生き物です。追われることで価値がないように感じてしまいます。

1ヶ月で復縁できなかったら、今はタイミングではないということです。引き際を見極めて、再度チャレンジしてください。

押し切らない

復縁したい気持ちが強いと、むきになってしまうこともあるでしょう。しかし押し切って復縁をすることはおすすめできません。

「私のこと好きじゃなくてもいいから!」
「悪いところ全部直してあなた好みになるから!」

このようなセリフを使うと、彼に復縁してもらったように感じます。女性の立場が完全に下になり、不安な日々を送ることになるのです。

「北風と太陽」の北風になってはいけません。意固地になって無理に迫っても、余計に相手の心に壁ができてしまいます。

それよりも太陽のように逆に待つことを大切にしてください。その先に幸せな復縁があるのです。

体の関係を持たない

元カノが復縁を望むとき、元カレは都合のいい存在だと感じることがあります。そのまま「都合のいい女」にならないように気をつけなくてはいけないのです。

1ヶ月たって関係が曖昧になり、体を重ねて関係を保とうとします。この時点で、元カノはセフレに成り下がってしまうのです。

そうなってしまえば復縁の可能性はなくなります。何か月たっても都合のいいセフレから昇格することはないでしょう。

別れて1ヶ月は体も寂しくなり、つい関係をもってしまう人が多いです。しかし自分を下げることになるので気をつけてください。

別れて男性から連絡がきたときの対処法

1ヶ月は用件のみ返信

1ヶ月以内に元カレの方から連絡がきた場合。数日空けて用件のみ返信するようにしてみてください。

連絡をするということは、少なからず気持ちが残っている証拠です。元カノを引きずっていて、気になってしまい連絡をするのでしょう。

そこで飛びついてしまうと、元カレは安心します。しかし完全に無視をするのも良くないですよね。

数日空けたところで、少し素っ気なく返信してください。

たとえば「元気?」とシンプルに連絡がきたとします。そしたら2日後に「遅れてごめんね。元気だよ。」と返信しましょう。

シンプルな返事を見て、元カレは焦りを感じます。「もう俺のことは忘れたのかな?」と不安になり、あなたに執着心をもつのです。

電話には出ない

別れて1ヶ月以内に電話がきた場合。電話には応じないようにしましょう。しばらくたってからメールやLINEをしてください。

電話で声を聞くと、気持ちが揺らいでしまいます。1ヶ月の冷却期間をとることができません。そして元カレを安心させてしまうのです。

翌日に「電話あったけど、どうしたの?」と連絡を入れて反応を見てください。

アメとムチで距離を保つ

連絡してくるということは、元カレは様子が気になっているということです。ただ自分の気持ちの整理もできていない状態なのでしょう。

男性は感情的になり別れを選択してしまうことがあります。そして徐々に悲しみが襲ってくるものです。後悔や悲しみを感じたときに連絡をします。

そのときアメとムチで元カレを翻弄させることができれば、1ヶ月で復縁が実現するのです。

既読スルーをしたり、少し突き放してみたり、興味のないように振る舞ったり。でも心配したり、優しくしたり。

そのバランスで元カレの気持ちを自分に戻していきましょう。1ヶ月経過した頃には、あなたとの復縁しか考えられなくなるはずです。

別れて1ヶ月で復縁できなかったときは?

次の勝負は3か月後

1ヶ月で元カレの気持ちが戻らなかった場合は、さらに3か月後に勝負を移行しましょう。すぐに諦める必要はないです。

男性は気持ちの整理をするのが女性よりも遅いです。本当に大切さに気が付くのも、少し遅れて感じることがあるでしょう。

また元カノをフォルダで保存したまま、見ることから逃げていることもあります。

しかし男性はしっかり保存をしているのです。それを見返す日は必ずきます。その日まで期間をとって待ちましょう。

3か月して、また連絡をとってみてください。そのときに復縁の可能性が本当にないのかを見極めると良いです。

長期戦で別の恋愛にも目を向ける

1ヶ月で復縁に成功しなかった場合、いったん恋愛をリセットした方が良いです。別れたことがマイナスのままだと、苦い思い出を引きずってしまいます。

そこで長期戦で復縁を考えてみましょう。1ヶ月ではリセットできない恋愛も半年たてば新鮮な気持ちになります。

思い出は美化されていき、良い思い出として残るのです。そこで復縁について考えてもらった方が成功する確率も高くなります。

長期戦なので、その間元カレに新しい彼女ができることもあるでしょう。また、自分にも気になる人ができることもあります。

そのときは、流れに身を任せてみてください。恋愛に正解はなく、確実な将来もありません。今感じている気持ちを大切にしましょう。

いくつかの恋愛をした後に、また復縁したいと思えたときは再度連絡をしてください。経験を積んだからこそ、お互いの魅力に気づけることもあるのです。

復縁できない理由を明確にしておく

もし1ヶ月で復縁できなかった場合は、その理由を尋ねてください。それによって今後の方針を決めていく必要があります。

「もう冷めた」
「今は考えられない」

このニュアンスによって、可能性がどれくらいあるのかがわかります。

「冷めた」とはっきり言われたら、しばらく復縁はできないでしょう。「今は考えられない」のであれば、あと数か月待てば可能性はあります。

元カレの理由を聞いて、そこに込められている気持ちまで考えましょう。そして再度タイミングを決めてみてください。

まとめ

別れて1ヶ月でも復縁はできます。ただ別れてからの1ヶ月をどのように過ごすかが、復縁を成功させる分かれ道になることを知っておきましょう。

どんなに辛く悲しくても、1ヶ月は気持ちを落ち着かせる期間にしてください。元カレにしつこく連絡しては、心が離れていってしまいます。

うまく復縁まで気持ちを高めていけば、1ヶ月たったときに彼の方から連絡がくるでしょう。意味のある1ヶ月になるよう努力してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。