別れて1年後が復縁のチャンス!?男性心理や連絡がきたときの対応とは

目次

別れて1年後が復縁のチャンス!?男性心理や連絡がきたときの対応とは

元彼と復縁したいと思いつつも、タイミングがないままに別れて1年が経過してしまうことがあります。長いようで短い、でも短いようで長い…そんな1年。

今さら復縁するなんて無理な話だと諦めていませんか?

実は別れて1年後こそ、復縁にベストなタイミングです。遅いと思わずに、元彼に未練のある人は復縁に挑んでみるべきでしょう。

『なぜ1年後がベストなの?』
『どうやって復縁すればいい?』

そこで今回は、別れて1年後が復縁のチャンスである理由や復縁の方法を紹介します。男性心理や具体的な連絡の対応まで伝授するので、ぜひ参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

別れて1年後が復縁にベストな理由とは?

お互いに感情的ではなくなっている

どんな理由であれ『別れ』を選んだ二人は、ネガティブな感情をもっています。喧嘩やトラブルがあった場合には、怒りや憎しみに近い気持ちを抱いてしまうこともあるでしょう。

感情はコントロールすることが難しく、理性ではどうにもなりません。そのため別れたあとは、感情の起伏が激しくなってしまい整理ができないのです。

しかし時間の経過とともに感情は落ち着いてきます。怒りも憎しみも、そして悲しみも処理されて浄化されていくのです。

1年あれば感情を落ち着かせるのにじゅうぶんな期間でしょう。そのためフラットな状態で向き合うことができるので、復縁にベストなタイミングなのです。

思い出が美化されている

人の記憶は『思い出すほどに強く刻まれる』仕組みになっています。交際していて別れると、最初は辛いことも楽しいことも同じように思い出すでしょう。

しかし徐々に嫌な記憶には抑制がかかるために、良い記憶だけが再生されるようになります。さらに記憶は自分の都合のいいように微妙に書き換えられていくのです。

別れて1年経ったとき、交際していたときの記憶はほぼ美化されています。別れたときに揉めたことや泣いたことは忘れてしまうのです。

『あのころは楽しかった』
『一緒に行った旅行は最高だった』
『毎日笑って過ごしていた』

具体的な記憶ではないのですが、ぼんやりとした良い記憶だけが脳に残っています。そのため懐かしさや恋しさが蘇る時期となるのです。

存在の大切さに気がつくことができる

近すぎて見えなくなっていたことが、離れたことで見えてくることもあります。また客観的に考えることで、良さや魅力に気がつけることもあるでしょう。

たとえば、会社が嫌になり退職したとします。別の会社に転職をして働いてみると、前の会社が恵まれた環境であったことに気がつき、退職を後悔してしまうことがあるのです。

その時の感情で最善の策だと考えたことでも、別の視点から考えると違う見方ができます。それは1年経つことで理解できることも多いでしょう。

元カノの存在は別れて時間が経過することで、より大きいものに変化します。男性が自分の居場所を元カノに求めるようになるのは、1年経った頃なのです。

状況・環境・心情に変化が出る

人生はすべてタイミングでできています。その時の状況・環境・心情によって、どんなに強い絆で結ばれている二人でも別れを選択することもあるでしょう。

しかしタイミングというのは、常に『その瞬間』のことです。1年経てば、置かれているすべてのものは変化しますよね。

仕事の状況や住んでいる場所、考え方や価値観まで変わってくるものです。別れを選択したときとは違う状況になっていることで、復縁に前向きになれることもあります。

たとえば当時、仕事が忙しくて会う時間がないことで別れた二人。1年経過して働き方改革が浸透し、定時で帰社して時間に余裕ができたかもしれません。

当時は結婚観もなく、自由でいたいことで別れた二人。1年経過して周囲も既婚者が増えて、結婚願望が強くなったかもしれません。

このような変化こそが、1年後に復縁を成功させるポイントです。別れた頃とは違う今があることで、うまくいきやすくなるでしょう。

気持ちがリセットされる

人は誰しも新しいものに胸をときめかせますよね。そうすると知り得たものへの執着や興味が薄れてしまうものです。

これは男女でも似たような感覚があります。そのため別れた後に、男性は元カノよりも別の新しい女性に興味をもってしまうでしょう。

しかし1年経つと、元カノも新しい女性のような感覚になります。距離ができたことで『自分のもの』ではなくなり、一度気持ちがリセットされるのです。

初々しい気持ちで再会ができます。そしてドキドキとした心理状態になり、復縁がしやすくなるのです。

別れてからの男性心理とは?

【別れた直後】感情的になっている

最初に少し紹介しましたが、別れた直後は感情が高ぶっています。とくに男性は感情的になりやすい人が多いので、冷静な状態ではないでしょう。

別れ方にもよりますが、ほとんどの男性心理は『イライラ』『モヤモヤ』といった複雑な心理です。それは気持ちの整理ができていないので混乱している状態となります。

このような心理状態で復縁を考えることはできません。もし復縁できたとしても、表面上の復縁であり心が戻るわけではないでしょう。

別れた直後はお互いに冷却するのが一番です。何も言わず、そして動かず。ただ自分と向き合う期間として静かに過ごすことがおすすめです。

【別れて1か月頃】フリーになったことの開放感がある

別れて1か月すると、高ぶっていた感情がクールダウンしてきます。そして『別れ』ということを認識しつつも、あまり深く考えないように脳の奥へと閉まってしまうのです。

そのときの男性心理は、『もう自由だー』という開放感。飲み会も合コンも、女性と話すのだって誰に遠慮することもありません。

お金を遣っても、朝帰りしても、酔った勢いで…と何をしても許される環境であるように感じます。それが素晴らしい自由であると脳が思い込もうとするのです。

そのため別れて1か月後は、開放感でハイになっています。この時期に復縁の話をしても、ただ元カノのことを面倒に感じるだけでしょう。

【別れて3か月頃】寂しさや後悔を感じる

3か月経つと、男性はやっと別れというものと向き合います。そして孤独になったことを受け入れて、感傷に浸ることでしょう。

ここで元カノへの未練を感じる人もいます。別れたことの寂しさや後悔などがあり、復縁したいと連絡をする男性もいることでしょう。

この時点で元彼から連絡がきて復縁するのは、決して悪いとは言いません。気持ちが一致してタイミングが重なったのであれば、復縁するべき二人だったということです。

しかし別れて3か月は、『誰しも感傷的になる時期』。つまり好きという気持ちや元カノの存在の大切さに気がついたわけではなく、孤独という寂しさが上まわっています。

つまり復縁できてもうまくいかないパターンが多いでしょう。すぐに同じような理由で別れを選ぶことになってしまうのです。

【別れて半年頃】気持ちが前向きになる

別れて半年頃になると、マイナスになっていた男性心理は徐々に回復してきます。一つの恋が終わったことを前向きに捉えて、新しい一歩を踏み出そうとする頃です。

同時に元カノとのことが思い出として保存されます。このとき、元カノに対してネガティブな感情は大きくないでしょう。

ただ前へ向こうと気持ちを整理しています。復縁の話を持ち出してしまうと、整理途中の心が混乱してしまう可能性があるでしょう。

【別れて1年後】元カノの存在の大きさに気がつく

別れて1年経過したとき、元彼の中では完全に気持ちの整理ができています。落ち着いて冷静に、そして客観的に物事を考えることもできているでしょう。

もしかすると新しい恋愛をしたかもしれません。親しい女性や気になる女性が出現するのも、1年あれば当然あり得ることです。

1年という期間で経験や学びを得たからこそ、元カノの存在の大きさに気づける頃でもあります。比較対象となる女性が登場したことで、元カノの良さが浮き彫りになることもあるでしょう。

『やっぱり俺には〇〇しかいない』

そう確信が持てるのは、1年という長い時間離れているからこそのことです。そう思えたときに復縁をすれば、復縁後も上手くいきます。

ただ必ずしも良い方向に気持ちが傾くわけではなく、この反対の心理になることもあるでしょう。それは『やっぱり別れて正解だった』ということです。

どちらにしても男性なりの気持ちの整理はできている時期となります。元彼との復縁にチャンレンジするには最適だといえるでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

別れて1年後の元彼との復縁成功率を上げる方法

1年経った今の関係を明確にする

1年経てば、二人の関係にも変化があり、これはカップルによってさまざまでしょう。まず復縁を切り出す前に、現在の自分と元彼との関係性を明確にしてください。

そしてどのように復縁のステップを踏んでいくべきか計画を立てます。復縁は勢いや思いつきで行動するよりも、焦らず計画的に進む方が成功率も高いです。

  • 現在の連絡頻度
  • 1年間の冷却(音信不通)期間
  • 直接会うことはあるか
  • 共通の友人や仲間がいるか

これらを整理して、どれくらいの距離にいるのかを知っておきます。ポイントは、このとき距離が遠い方が復縁の成功につながるということです。

逆に距離が近い元彼とは復縁の可能性が低くなります。1か月復縁を延期させてでも、あえて距離を遠ざけるように意識してください。

理由は2つあります。

1つ目は、別れても近くにいる存在は大切だと気がつかないからです。現状の関係に居心地の良さを感じている場合は、わざわざ復縁しようとは思わないでしょう。

2つ目は、急な登場がインパクトやドキドキ感を与えるからです。いつも元カノが身近にいるのでは、連絡をしたところで気持ちに変化が起きません。

このような理由から、復縁をしたいときには、元彼との関係性を断ち切ります。距離を作ることで、元カノとして存在感をアップさせるようにしましょう。

別れの原因と対処法を整理する

1年経過しても『別れた』事実は変わりません。交際していた二人には何かしらの原因があり別れたのですから、それが解消しなければ同じことの繰り返しです。

復縁に挑むときには、別れの原因と対処法を整理してください。

『今なら乗り越えられることなのか?』
『上手く付き合うためには何が必要なのか?』

1年後だからと曖昧にすることはせず、自分で明確な答えを導き出しましょう。それが復縁につながり、そして復縁した後も成功するために大切です。

元彼の現状を把握する

1年経てば自分も元彼も状況が変化します。引っ越していたり、転職していたり、新しい彼女ができていることも考えられるでしょう。

元彼が今どのような生活をしているかを知らなければ、復縁を申し出ることも難しいです。タイミングを見計らうためにもSNSや共通の友人・知人から情報収集してください。

別れてから1年という期間は復縁にはベストです。しかし元彼の状況によってはベストでないこともあるので、よく考えてみましょう。

きっかけを作り出す

別れて1年も経っていると、どのように元彼に接触して良いのか悩みますよね。とくに1年間完全に連絡を取っていない場合は、突然の連絡に違和感を持たれてしまうでしょう。

しかし待っていてもきっかけがあるわけではありません。きっかけは自分で作り出すものです。元彼と再度連絡を取り合うきっかけはいくらでもあります。

次の章で具体的なきっかけの作り方や連絡方法を紹介しているので、参考にしてください。ポイントは、『行動あるのみ』です。

復縁したい気持ちを素直に伝える

恋愛に邪魔なものは『プライド』だと言われています。別れて1年経っても、あなたが元彼との復縁を熱望しているのであれば、その強い気持ちに素直になりましょう。

別れても忘れられないこと。
自分が1年も引きずっていること。
こんなにも復縁をしたいということ。

なんだか恥ずかしく、また惚れすぎていることが悔しいですよね。それでも意地を張らずに、好きという純粋な気持ちを伝えてください。

元彼にはあなたの一途で純粋な気持ちが届きます。余計なプライドがあると、真っすぐな気持ちが届かずに復縁が遠ざかってしまうのです。

別れたことを過去にして冷静に話す

1年経てば感情的になることもなく、落ち着いた気持ちで向き合えると思いますよね。しかし元彼と話していると、過去の記憶がよみがえり感情が高ぶることもあるのです。

1年は長いように思えますが、感情を戻せる期間でもあります。どんな話になっても冷静にならなければ、意味がありません。

そのために別れたことは『過去の経験』として割り切るようにしましょう。過去のことで元彼を責めたりするようなことや泣き出すことは絶対にNGです。

大切なのは『今』そして『これから』の前向きな気持ちとなります。面倒な女にならないように注意してくださいね。

特別で大切な存在であると伝える

別れて1年経って復縁するためには、いかに元彼が特別で大切な存在であるかを伝えましょう。交際して別れて1年。元彼のいいところも悪いところも知り得た結果、やはり好きなわけです。

それほど自分にとって必要な存在ということでしょう。自分の言葉で素直に元彼に伝えるようにしてください。

『どんなに遠くにいても、あなたのことばかり考えていた』
『わたしには、あなたしかいない』
『他の男性ではなく、あなたがいい』

そう言って特別であることを伝えれば、元彼だって嬉しいです。復縁の意志がなくても、必ず心に響くので復縁について考えてくれるでしょう。

別れてから1年後に効果的な連絡方法・きっかけとは?

【LINE】何気ない会話

元彼と久しぶりに連絡を取るのであれば、LINEが一番気軽な手段です。LINEは携帯を変更しても引き継がれるものなので、滅多に変更されるものではありません。

突然のLINEで何を送れば良いか悩んでしまいますよね。最初から重たい話題を送るのではなく、何気ない会話で軽くやり取りをしましょう。

間違っても復縁を迫るようなLINEをしないようにしてください。あくまでもLINEはきっかけ作りですので、元彼との距離を縮めるのが目的です。

【久しぶり!急にごめんね。最近は仕事どう?私は相変わらずだよ!】

【こんにちは。先週誕生日だったよね。おめでとう!もう〇歳だなんてびっくりだね。】

【LINE】周囲の情報や報告

LINEでの何気ない会話が難しいときは、共通の知人や何か報告をすると自然です。事実だけではなく、少し話題を作ってしまっても構いません。

元彼が知っている人や、興味のあること。交際していたときに報告していたことや応援していたこと。1年たっても盛り上がれるような共通のことをLINEで送ってみましょう。

【久しぶり!先週同期会があって皆に会ったよ。〇〇が今度結婚するみたい!びっくりだよね?】

【こんばんは。最近どう?転職するって言ってたけど、その後順調かな?私の方はなかなか転職ができなくて…苦戦中だよ~】

【LINE】画像などの話題

LINEがつながっていると、稀にTOP画やホーム画が変更されていることがあります。またタイムラインで近況を投稿している人もいるでしょう。

もし元彼が何かしらの変更をしたときはチャンスです。画像でも投稿でも、その他のLINEの機能である一言や音楽などに反応してみてください。

【TOP画変更したんだね。ペットの〇〇ちゃん、懐かしくてLINEしたよ!】

【音楽〇〇になってる!この前ライブ行ってきたよ~】

【SNS】いいね!やコメントをする

LINEよりも気軽にコンタクトを取るのであれば、SNSがおすすめです。Instagram・Facebook・Twitterなど、今の時代何かしらのSNSをしている人が多くいます。

元彼が投稿しているSNSがあればフォローしましょう。そしてまずは『いいね!』とスタンプを押して、少しコンタクトを取ります。

続いて気になる投稿があれば、コメントをしてください。コメント返しをしている人であれば、そこで久しぶりに接点ができます。

【わ~美味しそうなラーメン!どこにあるの?】

【相変わらず元気そうで安心したよ!仕事は忙しいの?】

【SNS】ダイレクトメールでコンタクト

メールやLINEなどがわからないけれど、SNSでつながっていることも多いでしょう。そんなとき、ダイレクトメールもおすすめです。

先ほど紹介したコメントの場合、SNSをフォローしている人にやり取りを見られてしまいます。そのため誰に見られてもおかしくないような表面上の会話しかできません。

ダイレクトメールはSNSを通して個人メッセージを送れるものです。元彼に送れば、元彼しか読むことはできません。

SNSの投稿に関する話題などを自然に送ることができるので、内容も自然に考えることができます。長文にならないように簡潔に送りましょう。

【久しぶり!投稿見たけど、最近ジム通いしているんだね!筋肉ついてきた?】

【投稿見たよ!転職したんだね!おめでとう!!】

【直接】偶然を装う

難易度が高い方法ではありますが、運命を感じるような再会方法です。元彼が出没するスポットに偶然を装って登場します。

突然目の前に元カノが現れれば、元彼も驚きと喜びがあるでしょう。挨拶だけではなく、久しぶりに会えたことに会話の花も咲きますよね。

【うわ~偶然!びっくり!久しぶりだね!元気そうで安心したよ。】

【こんなところで会えるなんてびっくり!仕事帰り?】

【直接】グループで集まる機会を作る

二人で会うのはハードルが高いので、最初はグループで集まるのも一つの方法です。共通の友人がいれば、皆での飲み会などを開催しましょう。

大勢で会うことで、自然と会話をすることができます。そこから距離を縮めていき、またLINEなどを開始することもできるでしょう。

文字ではなく、1年ぶりに直接会うことで心が揺れ動く効果があります。目と目を合わせて会話できるようにセッティングしてください。

別れて1年後に元彼から連絡がきたときの対応は?

素直に喜ぶ

別れて1年後は、あなた同様に元彼も復縁を考えていることが多いです。その場合、突然連絡がきて驚くことがあるでしょう。

元彼もすぐに復縁をしたいと伝えるわけではありません。また復縁の意志はなく、ただ連絡をしている可能性も考えられます。そうなると突然の連絡の返信に悩むでしょう。

しかし難しいことではありません。復縁したい元彼から連絡がきたときには、まず素直に喜びを伝えることが一番です。

元彼も『連絡してどんな反応するかな?』と不安を持っています。その不安を吹き飛ばして安心できるようにしてください。

【久しぶり!連絡ありがとう!すごく驚いたけど、嬉しかったよ。そして元気そうで安心したよ。】

【連絡くれてありがとう!実は私も連絡しようかなと思っていたから…すごく嬉しい。】

上手に距離感をとる

元彼から連絡がきたときは、良い距離感を保ちながら様子を見ましょう。復縁できると期待してガツガツ攻めるようなことは避け、元彼の出方を待つ方が良いです。

そして『元彼が連絡してきた意図』を探ります。もし復縁したい気持ちがあって連絡してきたのであれば、あなたに好意的な感情で行動に移してくるでしょう。

連絡がくれば、返信する。
会いたいと言われれば、会う。
その代わり自分からは積極的に連絡をしないようにする。

これで上手な距離感とバランスが取れます。元彼が何を求めて連絡してきているのか、ゆっくり考えてみてくださいね。

1年間の変化・成長を伝える

別れて1年経ち、元彼はふいに元カノの現状が気になって連絡してきたのでしょう。そんなとき、あなたが元彼の想像を上回る女性になっていると復縁が成功しやすいです。

あなたが別れて1年で反省したことや経験を元彼に伝えましょう。また成し遂げたことや頑張っていることなども話してみてください。

『俺の知っている元カノ以上になった』と思わせます。そうすると会いたい気持ちが強まり、元彼の方から誘いがかかるのです。

別れて1年後の復縁に成功してから大切なこと

別れた経験をいかす

別れて1年後は復縁のチャンスです。しかし復縁が成功したら終わりではありません。そこからが二人の再スタートとなるのです。

1年後に復縁したとき、それを『新しいスタート』だと考えてはいけません。良くも悪くも別れた過去があることを忘れないようにしましょう。

1年前、なぜ別れを選択することになったのか。それを復縁したときに、経験としていかしていくことが大切です。忘れたいことでも、心に留めて教訓にしましょう。

『束縛しすぎて別れたから、次はお互いの時間を大切にしよう』
『仕事に熱中しすぎて別れたから、次は彼氏を優先させよう』

失敗から学ぶことは多くあります。復縁できたことで安心してしまい、同じことを繰り返さないように注意することが大切です。

素直に気持ちを伝え合う

恋人とはいえ他人なのですから、言葉にしないと伝わらないのは当然です。復縁したからといって大丈夫だと思わず、常に素直に気持ちを伝え合うようにしましょう。

『好き』という気持ちも、言わなければわかりません。毎日言う必要はないですが、時々自分の気持ちを彼の目を見て伝えるようにしてください。

また付き合っていれば不安や不満も出てくるでしょう。そのときは、マイナスなこともきちんと言葉にしてください。溜め込んでしまうのはお互いのために良いことではありません。

お互いを尊敬・尊重する

恋人は『好き』という気持ちも大切ですが、恋愛を持続させるためには尊敬・尊重し合うことも必要です。彼女だからとすべてを優先してもらおうとせず、彼の生活を第一に考えます。

同時に自分の時間や生活スタイルも大切にして、自己成長できるよう高めていきましょう。そうすることでお互いに刺激し合いながら自分も相手も大切にできるのです。

別れてからの1年間であなたがするべきことは?

気持ちの整理をする

復縁のチャンスである1年。もし今現在別れたばかりという人は、あと1年も待つのが長く感じてしまうでしょう。しかし1年はあっという間です。

1年の間に自分の気持ちの整理をしましょう。元彼に対して依存しているのではなく、心から必要な存在であるのかを今一度問いかけてみてください。

交際していたことや別れたこと。元彼とのことや今後のこと。冷静に客観的に考えて、自分の気持ちの整理をすることで復縁に備えるようにしましょう。

元彼に縛られない

1年後の復縁を目標にしていても、元彼に縛られて過ごす必要はありません。もし気になる男性ができたら、積極的に連絡やデートをしてみましょう。

他の男性を知ることで、価値観や考え方が変わります。新しい刺激を受けることで、ますます女性としても磨きがかかっていくものです。

もし好きという気持ちが芽生えたのであれば、元彼よりも運命の相手を見つけたということでしょう。反対に元彼以上の男性がいないのであれば、復縁の意志を強くすることもできます。

復縁はあくまで自分の目標であり、誰に明言する必要もないものです。元彼に呪縛されずに柔軟な考え方をして過ごしてください。

自分を成長させる

別れて1年経って元彼の目の前に現れたとき。1年前と何も変わらない元カノでは、ときめきを感じることはできないでしょう。

1年前より何倍も魅力的になっていることで、別れたことを後悔させてください。それは外見も内面も含めたことです。

自分に今できることは何か。
描く未来や目標は何か。
理想の女性とは何か。

自問自答しながらも、1年かけて成長していきましょう。同じ1年でも過ごし方によっては大きな差が出てしまいます。

別れから1年後の復縁に失敗したときは?

別のタイミングを待つ

別れて1年後は復縁のチャンスです。しかしチャンスだからといって、必ずしも成功するということではありません。

もし1年後の復縁がうまくいかなかったときは、今はタイミングではないと思いましょう。そのタイミングは自分と相手にしかわからないものです。

もし元彼が諦められないのであれば、また半年先など期間を決めて一度諦めてください。恋愛も復縁もタイミングですので、ダメなときは何をやってもダメだと理解しましょう。

復縁できない理由を明確にする

復縁が成功しないとき、必ず理由が存在します。あなたに魅力がないということではなく、今の元彼にとって必要な存在にはなれなかったということです。

自信をなくさずに、なぜ復縁できなかったのか理由を明確にしましょう。そうすることで次の作戦を立てることもできます。

『別に彼女(好きな人)がいる?』
『今は仕事が大切で優先させたい?』
『別れた苦い記憶が消えない?』

どうしたら復縁できない理由を対処できるのかを考えてみてください。それが今後復縁をするために大切なポイントとなるのです。

新しい出会いを探す

絶好のチャンスである別れて1年という時期に復縁ができなかったとき。あなたにとって元彼は運命の相手ではなかったのかもしれません。

どんなに想い続けていても叶わないこともあります。それならば視野を広げて新しい出会いや恋愛に挑戦する方が良いでしょう。

月並みな言葉ですが『男は星の数ほどいる』のです。元彼に固執せずに、他の男性とも親しくなってみてください。

恋愛経験を増やすことで、いつかまた元彼と結ばれることもあるかもしれません。そのときに備えて女性としての魅力を磨いていきましょう。

まとめ

別れて1年後は復縁のチャンスと言われます。これは結果論ではなく、心理的な動向から見ても、信憑性の高いものであるでしょう。

1年という時間を経ても元彼を好きという気持ちがある。そこまで好きな人がいるのは素敵なことですね。簡単に諦めるのはもったいないでしょう。

元彼とのきっかけを作り、様子を見ながら距離を縮めます。そして意地やプライドは捨てて、素直な気持ちを伝えるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。