復縁のきっかけとは?LINEや誕生日の活用法を紹介!

目次

復縁のきっかけとは?パターン別に紹介

復縁をするのに重要なのは、『きっかけ』を見逃さないことです。きっかけとは、物事を始める手がかりや糸口のことをいいます。また原因や動機ともいうでしょう。

復縁のきっかけは待っているだけではやってこないこともあります。自分で積極的に探し求め、また作っていく必要もあるのです。

何が復縁のきっかけになる?
どうやってきっかけを作る?

そんな疑問を持つ方に、今回は復縁のきっかけをパターン別に紹介していきます。元彼との復縁を望んでいる女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁のきっかけパターン①連絡を入れる

復縁のきっかけは、お互いの意識が向き合ったときです。これには連絡を通じて、再び自分のことを意識してもらう必要があるでしょう。

別れてから期間を経て連絡することで、改めて元カノの存在の大きさに気がつくこともあります。また忘れていたドキドキとした感情を取り戻すこともできるのです。

しかし元彼に何を連絡したら良いかと悩むでしょう。急に復縁を意味するような連絡をすると、警戒されてしまいます。

そこで、『きっかけとなる事柄』に便乗して連絡を入れてください。もし見つからない場合は、『きっかけを生み出す』ことで連絡することができるのです。

元彼の誕生日

誰でも1年に1回は必ず訪れる日だからこそ、きっかけとして有効です。また元彼にとって特別な日であることから、もっとも効果が高いといえるでしょう。

誕生日当日というのは、なんだか新しい自分になれるようでドキドキしますよね。同時に、自分が生まれてきた日をお祝いしてくれる人がどれほどいるのかと不安にもなるでしょう。

知らない人に『おめでとう』と言われても嬉しいくらいの日です。そこで、元カノが自分の誕生日を覚えていてお祝いしてくれることに深い愛情を感じます。

【お誕生日おめでとう。〇〇が生まれきてくれたことに感謝です。】

【お誕生日おめでとう。〇〇にとって素敵な1年になりますように。】

このように短文に気持ちを込めて連絡しましょう。ここで元彼から【ありがとう】と返信がくれば、連絡を再開させるきっかになります。

年末年始の挨拶

年末年始には、1年の節目として挨拶をします。年賀状を出すのも古風で気持ちが伝わりますが、ハガキのみで完結してしまうこともあるでしょう。

そこでメールやLINEで年末年始の挨拶をしてください。定型文に一言だけ、特別な文面を加えておくと効果的です。

【本年もお世話になりました。よいお年をお迎えください。今年は色々あったけど、また来年は新たな気持ちで歩んでいけたらいいな。】

【あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。今年はまた〇〇と色々な話ができたら嬉しいです。】

このように少し意味ありげなことを伝えてみてください。あまり重すぎずに、気軽に交流を持てるような雰囲気を出しておくと元彼も安心するでしょう。

連絡事項

業務連絡がある場合は、率先して元彼に連絡しましょう。そこから質問や相談がくることもあり、連絡のやり取りが始まるきっかけになります。

たとえば職場が同じ場合は、仕事の依頼や報告ができるでしょう。地元が同じであれば、友人の結婚式や同窓会の連絡をすることができます。

不特定多数の人に送るような一斉メールでも、きっかけにはなるのです。どんなことでもきっかけにして連絡するようにしましょう。

【明日の会議はクライアントの都合でキャンセルになったそうです。急ぎの用件だったのでLINEしました。手強いクライアントみたいだね…頑張ってね!】

【再来月に〇〇と〇〇が結婚するよ。それで〇日に二次会があるんだけど、出席できそうですか?】

連絡事項だからといって、あまり他人行儀になりすぎないようにすると良いです。短い文章の中に、少し砕けた文章を入れることを意識すると元彼も返信しやすいでしょう。

元彼にお得な情報

交際していたときには、二人で色々な情報を共有していたと思います。そのため、元彼がどんな情報だと喜ぶのか把握しているでしょう。

そこで別れても情報を共有してみてください。そうすることで自然と友達のような関係に戻ることができます。それが復縁へのきっかけにつながるのです。

ゲーム好きの元彼であれば、新作の発売やイベントの情報などが喜びます。グルメな元彼であれば、美味しいお店や新店情報に食いつくでしょう。

元彼が喜ぶ情報を伝えることで、会う口実にもなります。うまく誘導できるように情報収集をこまめにして、元彼へ発信してください。

【〇〇のイベントやるらしい!極秘で予約不要みたいだから絶対行く価値ありそうだよ!】

【〇〇駅に新しくラーメン屋オープンしていたよ!あまりの行列に入れなかったけど、〇〇の好きなとんこつ系だから食べに行ってみてね!】

もし元彼が少しでもあなたに気持ちがあれば、この流れで誘ってくることも考えられます。それも見越した文章になるようにすると良いでしょう。

忘れていたこと

本来は見過ごして良いことですが、あえて引っ張りだしてきっかけにすることもできます。それは交際していたときの何かしらの『忘れていたこと』です。

伝えるのを忘れていたり、貸しているのを忘れていたり。『あ、そういえば…』と思い出す些細なことがありますよね。

わざわざ言わなくても良いこともありますが、連絡をするきっかけになるでしょう。そこから連絡が頻繁に増えていくこともあるのです。

【ごめんね。私〇〇の件、伝えるの忘れていたよね。】
【私の〇〇の本、家にないかな?調べたいことあるんだけど置き忘れてる気がして…】

このような用件であれば、再会する口実にもなりますね。元彼との間に忘れていること・ものはないか思い返してみてください。

復縁のきっかけパターン②時間やタイミング

きっかけというのは、自分が復縁へと前向きに進むために背中を押してくれる動機です。つまり動機を自分で設定することで、前を向くきっかけにすることができるでしょう。

しかし闇雲に動機をつくっても復縁はうまくいきません。復縁に適した時間やタイミングを設定して、良いきっかけとなるようにしてください。

設定した冷却期間が終了した

復縁には別れの原因や状況によって、冷却期間が必要です。『なぜ別れたのか?』『現在の元彼の心境や状況は?』ということを考えてみましょう。

そして『どれくらいの冷却期間が必要か?』と計画を立ててください。通常は1~6か月ほどの期間は必要とされており、基本的には会うことも連絡することも禁止です。

自分で設定した冷却期間が終了したとき、一つの区切りとなり復縁に挑戦するきっかけにもなります。そこで復縁のきっかけとなる連絡を入れてみましょう。

別れてから1年が経過した

冷却期間の設定がうまくできないときには、別れてからの月日を区切りに考えます。きっかけとして有効なのは、別れてから1年経過したときでしょう。

1年たてば、あなたとのネガティブな感情は消えています。思い出は美化されており、また新しい気持ちで向き合うこともできる期間です。

1年たったことをきっかけにして、【久しぶりだね】と連絡を入れてみましょう。そしてお互いの近況報告をしながら、再度距離を縮めてみてください。

実質的な距離に大きな変化があった

もしあなたが転勤などで引越しをする場合、復縁するきっかけになります。引越しには、元彼に近づく場合と遠ざかる場合があるでしょう。これはどちらもきっかけとなります。

もし実質的に距離が近くなる場合。別れた原因が遠距離などであれば、別れの原因が解決したことになるのです。そのため復縁する大きなきっかけになるでしょう。

反対に実質的に距離が遠くなる場合。あなたが急に遠くに行ってしまうことで、元彼があなたの存在の大きさを認識するきっかけとなります。

どちらにしても二人の距離に大きな変化があることで、もう一度相手のことを考えることができるのです。そこで復縁について向き合うことができるでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁のきっかけパターン③SNSを有効活用

今はLINEも含めると9割の人がSNSを利用しています。Instagram・Twitter・Facebookで元彼とつながっているものがあれば復縁のきっかけになります。

SNSの共通した利点は、元彼に特定して発信していないことです。不特定多数の人に発信していることで、元彼にとって負担に感じることはありません。

そのうえで自分の近況や変化などを伝えることができます。元彼の心にあなたという存在を刻み込むことが可能なツールなのです。

LINEのIDが変わった

携帯電話を新しくするとLINEが引き継げずにIDを変更することがあります。その場合は、携帯番号などの連絡先から表示される元彼のLINEへ連絡をしましょう。

【LINEのID新しくなったからよろしくね~】

このように一言だけ文章を送ります。元彼から【携帯変えたの?】【元気?了解しました】など返信がくれば連絡のやり取りが始まるのです。

LINEの機能を活用する

SNSはLINEだけだという元彼も多いでしょう。そこでLINEのトーク以外の機能も復縁のきっかけに活用してください。

まずは自分のプロフィールを変更することです。アイコンの写真や名前などを変更すると、友達一覧の上部に表示されます。

そこで少しでも『あれ?』と感じてもらえれば成功です。写真を開いたことがきっかけで、トークから連絡がくることもあるでしょう。

またアイコンの横に表示される『一言』もポイントです。この一言を工夫して定期的に変更することで、元彼もチェックするものです。

10文字程度の短文ですので、明るく前向きな言葉を入れてください。また元彼の心を動かすような一言があれば、ぜひ使ってみましょう。

【大好きなLINEに行ける!】
【前を向いて歩くと良いことがあるものだっ!】

このような何かあったようににおわせておくのも一つの方法です。この一言をうまく活用して、好きな人から連絡をもらう女性も多くいます。

またFacebookのようなタイムラインでの投稿も可能です。こまめにチェックする人は少ないかもしれませんが、元彼がLINEしかしていない場合には活用してください。

元彼が興味ある投稿をする

Instagram・Twitter・Facebookであれば、いかに元彼の興味を引く投稿をするかが重要です。思わず連絡をしたくなる投稿をすることで、復縁のきっかけになります。

たとえば元彼が映画好きであれば、観に行った映画の感想が良いでしょう。共感や質問など、何かしら元彼から連絡がくる可能性が高いです。

他にもゲーム・アニメ・スポーツ・共通の友人・思い出の場所など。元彼が何に反応して連絡がくるか色々と試しながら投稿をしてみてください。

意味深な投稿をする

別れたとはいえ、恋人だった相手です。別れても常に動向は気になるものでしょう。特に男性は、いつまでも元カノは自分のものだという勝手な思い込みも強いです。

いつまでも自分のことを好きでいてくれる女性。そして望めば手に入る女性。

一度手に入れた経験のある女性だからこそ、どこか上から目線で考えています。だからこそ復縁に焦ることもないのです。

そこで元彼に危機感を与えるような意味深な投稿をしてみましょう。不安を煽ることで、存在の大きさや大切さに気づいてくれることもあります。

【今日は新作の服と化粧品を購入。大事な日に向けて奮発しちゃいました!】

【季節は寒い冬ですが…ついに私にも春到来!心はポカポカです!】

【今日は夜景の見えるレストランでディナー。こんな豪華な食事は人生初です!】

このような投稿を見たら『何があった?』『新しい男?』と勘付くでしょう。そして元彼が奪われてしまうような焦りを感じて、元彼から連絡がくる確率が高くなるのです。

また改めて嫉妬してもらうことで、元彼が自分自身の気持ちに気づくこともできます。そうすれば復縁の大きなきっかけと決め手にもなるでしょう。

心機一転した自分を見せる

SNSでは変わった自分を見せることもできます。もし元彼があなたの変化に気づいてくれれば、見直してくれることもあるでしょう。

今現在頑張っていることや、成長したことなどをSNSにアップしてみてください。またおしゃれをして外見を磨いている自分の姿も投稿するようにすると良いです。

元彼は自分と別れてから、美しく強くなる元カノに対して『惜しいことをした』と後悔します。それが復縁のきっかけになるのです。

復縁のきっかけパターン④元彼の相談を受ける

元々恋人だったのですから、相手の考えや心理は理解できるはずです。つまり元彼と元カノとは、一番の理解者になりやすい関係だといえます。

復縁を強く訴える前に、まずは元彼の相談役に徹してみてください。そうするとことで信頼関係が深まり、復縁のきっかけにつながるでしょう。

恋愛相談

好きな元彼の恋愛相談を聞くのは辛いことでもあります。しかし恋愛相談こそ、元カノの力の見せどころでもあるでしょう。

元彼が好きな人や新しい彼女のことで悩んでいる場合は、相談相手になってください。決して相手の女性を蹴落とすようなことはせずに、心から解決できるよう努めましょう。

あなたが親身になって支えてくれることで、元彼にとってオアシスのような存在になります。一緒にいると癒されてくるのです。

そうすると少しずつあなたへの気持ちに変化が出てきます。相談相手の元カノから、一緒にいると安心できる女性になり、そして復縁のきっかけとなるのです。

仕事の悩み

男性が一番悩むのは、やはり仕事のことですよね。しかし仕事の悩みは、なかなか人には言えないものです。そこで元カノであるあなたが聞いて受け止めましょう。

仕事のことですから、あなたがアドバイスをする必要はありません。ただ悩みを聞くだけで良いのです。元彼の悩みに共感して寄り添ってあげてください。

それだけで元彼の心は救われます。そして自分に必要なのは元カノであると、その存在の大きさに気がつくきっかけとなるのです。

愚痴や弱音のはけ口となる

男性はプライドが高いので、なかなか自分の愚痴や弱音を吐くことができません。しかし自分の素を見せることができる元カノであれば、自分のネガティブな部分も見せることができるでしょう。

そこで元彼の愚痴や弱音をすべて受け入れてあげてください。元カノであるあなたに会うと負の感情がすべてなくなり、すっきりと軽い気持ちになるようにするのです。

それがきっかけとなり、また少しずつ二人の距離は近くなります。時間をかけて距離を縮めることで、復縁のきっかけができるでしょう。

復縁のきっかけパターン⑤グループ交流で親睦を深める

もし元彼と共通の友人・知人がいる場合には、グループ交流をして親睦を深めてください。複数人で会うことで、自然と友達関係に戻ることができます。

グループLINEで仲良くトークをしたり、グループで一緒に出掛けたりしましょう。そして他の友達と同じように接してください。

皆で仲良くなり、友達関係に戻りつつ復縁のチャンスを狙います。あまり焦ることなく、少しずつゆっくりと関係を修復していきましょう。

復縁のきっかけパターン⑥自分の素直な気持ちを伝える

復縁のきっかけには、元彼の心を大きく動かす必要があります。そのためには、あなたの復縁したい気持ちを素直に伝えることも大切でしょう。

復縁にはタイミングが大切です。ただ自分の気持ちを素直に伝えておくことで、元彼の意識も変わります。気持ちを知ってもらうだけでも大きな変化となるのです。

『別れたことを後悔している』
『少しでいいから私のことをもう一度考えてほしい』
『今でも変わらずに好き』

ありのままの気持ちを伝えてください。ただすぐに答えを出してもらうのではなく、自分の気持ちを伝えるだけにしましょう。

あなたの真っすぐな気持ちが届くことで、元彼はあなたを『元カノ』ではなく『女性』として見ます。それだけでも復縁の可能性は高くなるのです。

復縁のきっかけパターン⑦偶然の再会

別れてしまうと、なかなか会うことがなくなってしまいます。会うことがなければ、少しずつ頭から存在が消えていってしまうでしょう。

しかし再会することで、また心に火をつけるきっかけになります。偶然の再会であれば、運命だと感じてもらうこともできるのです。

また再会するときに、少しでも自分に磨きをかけておきましょう。『綺麗になった』と思わせることで、復縁したいと思わせることもできます。

元彼の生活パターンに合わせて行動

元彼と偶然の再会をするためには、生活パターンを合わせる必要があります。交際していたときのことを思い返して、元彼の1日に合わせてみてください。

起きる時間・家を出る時間・ランチの時間・帰社の時間・寝る時間などです。またできる限り元彼の行動範囲内で生活してみてください。

可能な範囲で続けることで、電車やコンビニでバッタリと再会することもあるでしょう。そうなれば偶然の再会が復縁への道をつなげてくれます。

まずは自分自身も運命を信じて元彼との偶然の再会を待ってみてください。信じて行動することで引き合わせてくれるときがくるでしょう。

待ち伏せをして偶然を装う

なかなか偶然の再会が難しい場合には、偶然を装って元彼と再会しましょう。元彼の最寄りの駅や立ち寄る場所に出向き、元彼がくるのを待ってみてください。

元彼を見かけたら、『あれ?〇〇?』と驚いたように話しかけましょう。朝は時間がないので、帰りの時間を狙う方が良いです。

偶然に再会できたら、1回目は少しだけ話をして帰るようにします。そして2回目に会えたときには、時間があればカフェなどに行くよう誘ってみてください。

偶然の再会は、復縁するのに大きな効果があります。これは別れてから少し期間を空けると、なおきっかけとしての効果が高まるでしょう。

忘れ物・借りていた物を口実にする

元彼と再会するためには、口実が必要となります。何か会わなければいけない口実を探してみてください。そして会う約束をこぎつけましょう。

『借りていたDVDが出てきたから、返したいんだけど来週空いている日ある?』
『〇〇の家にポーチ忘れているよね?旅行で使いたいから、取りに行ってもいい日あれば教えて?』

このように会う前提で日程を問うような内容にしましょう。そうすれば元彼も空いている日を提示してくれるはずです。

口実を作って会った日は、ただ一目会うだけで効果があります。特別に長く会話をする必要はありません。ただ笑顔で挨拶をして、立ち去りましょう。

元彼の中に、再度あなたの存在を記憶させることに効果があるのです。懐かしさから記憶がよみがえり、連絡をしてみようと考える男性も多いです。

一目会ったことがきっかけとなり、復縁がスムーズに進みます。まずは顔を見せ合うことを目的にして、会える用件を探しましょう。

復縁のきっかけパターン⑧あなたに新しい男性が近づく

男性は一度交際した女性を『自分のもの』だと認識する傾向があります。別れても心の片隅には常に元カノがいて、自分だけのものでいてほしいという独占欲が残るのです。

そのため、新しい男性の存在を知ると途端に焦りを感じます。自分の手の中にいた元カノが遠くに行ってしまうように感じるのです。

元カノに新しい男性が近づくことは、復縁への動機として元彼の心を大きく揺さぶります。嫉妬心を煽ることで、元彼の心を引き寄せてみましょう。

知ってもらう方法としては、友人に吹きこんでもらったり、SNSを活用するのも良いですね。また自分から元彼へ恋愛相談をするのも一つの方法でしょう。

心が揺れている男性、また自分に好意を寄せてくれる男性。元彼が知らない新しい男性の存在をアピールしてみてください。

復縁のきっかけパターン⑨思い切って決別をする

曖昧な関係をはっきりさせたいという人は、決別することが復縁の決め手になることもあります。イチかバチかの賭けになってしまいますが、前進するきっかけになるでしょう。

このパターンは、あなたが復縁したいという気持ちが元彼に伝わっていることが条件です。そのうえで元彼がはっきりしない場合に決行してみてください。

『私は復縁したい気持ちが強くて、あなたの気持ちが戻るのを待っていた。でもいつまでも過去の恋にしがみついても仕方ないよね。もう諦める。ちゃんと思い出にする。だから連絡もしない。今までありがとう。』

このように諦めて連絡もしないように伝えます。これでも元彼の気持ちが戻らない場合は、もう復縁の可能性はないということです。

しかし悩んでいたのであれば、引き留めてくれます。この決別がきっかけとなり、元彼の本当の気持ちを気づかせることになるでしょう。

良い結果になっても、悪い結果になっても、曖昧なモヤモヤとした状況からは脱することができます。前に進みたい人は思い切ってメールを入れてみてください。

復縁のきっかけで注意するべきことは?

復縁にはいくつものきっかけがあります。復縁を望むのであれば、積極的にきっかけを増やしていきたいと考えるでしょう。

しかし復縁のきっかけには、いくつか注意するべきことがあります。猪突猛進にならないよう、落ち着いて行動するようにしてください。

あくまで『きっかけ』なので大事なのは自分の本質

今回紹介している内容は、復縁のきっかけとなることです。つまり復縁をゴールとしたときに、スタート地点に立つようなことでしょう。

何かしらのきっかけでスタート地点に立ったのですから、そこからは自分の努力が必要です。あくまできっかけなので、それを活かさなければ意味がないということになります。

きっかけ作りにばかり夢中になってはいけません。別れた原因や自分の間違いを見直していくことが先決です。それがなければスタートから進むことはできません。

きっかけを狙う前に、復縁できる状態に自分を持っていきましょう。勝負できる状態になったところで、復縁のきっかけを考えてください。

自分だけの要望を押し付けるようなことをしない

復縁のきっかけがあると、チャンスを逃さないためにも必死になってしまいます。しかし自分だけの要望や願望ばかりを押し付けてはいけません。

当然ですが、復縁とは相互の気持ちが成立してできるものです。一方的に気持ちを押し付けてしまえば、元彼は困惑してしまいます。

今元彼がどのような状況であり、どのような心情でいるのかを考えましょう。そのうえで負担のないようにきっかけや復縁へのアピールを進めていくようにしてください。

わかりやすいきっかけ作りはNG

きっかけとは、いくらでも自ら作り出すことができます。しかし何度もきっかけばかりを作っていては、わざとらしさを感じてしまうでしょう。

わざとらしくなれば、元彼は重たく感じてしまいます。元カノの行動が負担になり、余計に距離を置こうとしてしまうのです。

きっかけは、期間を決めて時折訪れるものだと思いましょう。あまり頻繁にきっかけ作りをするようなことはせずに、落ち着いて時期を見計らうようにしてください。

復縁のきっかけで大切なこと

復縁するきっかけは、小さいものから大きいものまでさまざまです。中には気づかずに見逃してしまうようなこともあるでしょう。

復縁のきっかけを考えるとき、大切にするべきことがあります。これから紹介する3つのことを意識してきっかけを探してください。

常にアンテナをはる

常にきっかけを意識してアンテナをはることが大切です。『これは復縁のチャンスだ』と思える小さなことも見逃さないようにしましょう。

きっかけは、降ってくることもあれば落ちていることもあります。視野が狭いと気がつかないこともあるのです。

主観だけでなく客観的な判断や見方をしつつ、視野を広げて生活しましょう。そうすることできっかけを見つけて、それを復縁につなげていくことまでできるのです。

後ろではなく前を向く

復縁とは、過去の関係を取り戻すことです。だからこそ過去にばかり執着して、後ろを向いてしまう人も多くいます。

しかし復縁は過去のことではなく、現実であり未来のことです。過去の二人にしがみつくのではなく、今や未来などの前を見て進んでください。

『昔はこうだったから…』
『前はこうだったのに…』

そんな言い訳ばかりでは、何も解決しません。また新たに交際を申し込むつもりで、前を向いて復縁活動をするようにしましょう。

別れの原因を解決し自分を磨く

先ほども紹介したように、復縁のきっかけとは『復縁のスタート地点』に立つことができることです。そこからの勝負はあなた自身がしなくてはいけません。

そのためには、別れの原因を解決しておくことが何よりも重要事項となります。またあなた自身の悪いところを改善して、自分磨きをしましょう。

それによりきっかけを元にして、復縁を果たすことが可能となるのです。せっかくのチャンスを逃さないようにしてください。

復縁のきっかけを逃してしまったら?

復縁のきっかけがあっても、うまくつかめずに逃してしまうこともあります。そうなると復縁はもう無理なのかと悩んでしまうでしょう。

復縁のきっかけを逃す場合、あなたが考えることについて最後にお伝えします。元彼や復縁と再度向き合って今後のことを考えてみてください。

元彼に復縁の意志がない

きっかけを逃すということは、『きっかけの効果がなかった』ということです。つまり復縁のスタート地点に立つことができなかったわけでしょう。

これは、元彼に復縁の意志がないということが大きいです。何が起きても元彼の心が動かなければ、きっかけにはなりません。すべてスルーされてしまいます。

『SNSを利用しても、偶然の再会をしても、何をしても意味がない…』

それは元彼の心があなたにないのです。現状の復縁は難しいと考え、諦めて別の恋愛をする方が良いといえるでしょう

今は復縁のときではない

復縁はタイミングが大切です。別れて1か月後に復縁できない二人でも、半年後には復縁できることもあります。

復縁のきっかけを逃してしまったのであれば、今は復縁のときではないのでしょう。すぐにきっかけを探さずに期間をおいてみてください。

そして落ち着てから、また改めてチャンレンジします。そのときに、きっかけがどのように働くのかを見ながら判断していきましょう。

まとめ

復縁のきっかけは、毎日アンテナをはって意識して探すことで必ず存在するものです。また自分できっかけを作りだすこともできるでしょう。

『きっかけ』を見つけたら、あとはきっかけを復縁につなげることが重要です。元彼にもう一度好きになってもらうために、反省や努力を惜しまないでください。

もし元彼が運命の相手であれば、きっかけから復縁までスムーズに進展していきます。ぜひ復縁への第一歩となるきっかけを大切にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。