復縁活動が辛い…気持ちを落ち着かせる方法とは?

復縁活動が辛い…気持ちを落ち着かせる方法とは?

復縁活動をしていると、心が折れそうになることが何度もあります。復縁の進む道には壁や山ばかりで、なかなか真っすぐに歩くことができないからです。

こんなに辛い気持ちになってまで復縁活動をする意味があるのかと悩むこともあるでしょう。諦めてしまった方が楽になるのかもしれません。

「それでも復縁したい」
「前向きに頑張りたい」

そんな復縁活動をしている人へ、今回は辛い気持ちを落ち着かせる方法を紹介します。自分の気持ちをコントロールしつつ復縁活動に励みましょう。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁活動が辛い理由

理由①ターゲットが1人だから

恋愛活動や結婚活動の場合、複数の対象者がいますよね。狙っている人がダメであれば、また別の人を探せば良いでしょう。

しかし復縁活動の場合、代わりになる人はいません。復縁活動の対象は、元彼ただ1人です。気持ちを移す場所がないので辛くなってしまいます。

理由②幸せな時間を知っているから

恋愛活動と復縁活動の違いとして、「経験」「記憶」の有無があります。

恋愛活動は、まだ見ぬ幸せをつかむための活動です。一方の復縁活動は、過去の幸せを取り戻すための活動となります。

たとえば、月収20万円の人が100万円を目指して仕事をしているとしましょう。

①もともと月収10万円で20万円にupした人
②もともと月収100万円で20万円にdownした人

この2つのパターンの場合、①は辛さよりも喜びや自信が大きいです。しかし②は100万円の生活を知っているからこそ、現状が辛くて惨めに感じてしまいます。

つまり同じ状況であっても、過去の経験や記憶によって辛さは増してしまうのです。

復縁活動をする人は、恋人の温もりや優しさなど幸せだった時間を経験しています。それを取り戻す活動というのは、精神的な負担が大きいといえるでしょう。

理由③自分のものでなくなっていく怖さ

前項でもお伝えしたように、復縁活動というのは「取り戻す」活動です。一度は自分のものだったのが、少しずつ手元から離れていくことを実感してしまいます。

それを必死に自分のもとに引き寄せるというのは、精神的にも辛いものです。復縁活動がうまくいかないときは心の穴が広がっていくような寂しさがあるでしょう。

復縁活動の辛いところ

復縁できる可能性が低い

復縁というのは、白か黒かの2つの可能性しかありません。恋愛活動のように、ダメだったときに代わりの人がいるわけではないです。

また原因があり別れてしまったのですから、スタートもマイナス地点という場合もあります。これは活動として苦戦するものとなるでしょう。

このようなことから、復縁は望んでも成功する可能性が低いです。頑張っても報われないことが多いというのが、復縁活動の辛さとなります。

結果が出るのに時間がかかる

復縁活動は、タイミングが重要とされています。別れてすぐに復縁を望んでも、うまくいかないことの方が多いです。

復縁するカップルは、半年から1年ほどかけて復縁しています。つまり復縁活動は、長期戦になるということです。

望むタイミングや諦めるタイミングを見極めるのも難しいでしょう。ただ時間が過ぎていくのを我慢する時期もあるのが、復縁活動の辛いところです。

簡単に諦めることができない

復縁活動は、幸せだった時間が記憶にあることが辛いところです。恋人だったときの楽しい時間や優しさを知っていることで気持ちが強いものとなります。

だからこそ叶わないと感じても、簡単には諦めることができません。「もう少し」「あと少し」とずるずる復縁活動を続けてしまうことになるでしょう。

後悔ばかりしてしまう

恋愛活動は、未来を見ておこなうものです。どうしたら恋愛を成就させることができるのか、相手を見ながら考えて頑張るでしょう。

しかし復縁活動は、過去を振り返ることが多いです。過去の経験や記憶から復縁活動を続けるので、その中で後悔をすることもあります。

「あのとき、自分がこうしていれば・・」
「あのとき、なぜあんなことを言ってしまったのか・・」

後悔ばかりしてしまい、辛い気持ちを抱えてしまうのです。

自分を嫌いになってしまう

復縁活動をしていると、自分の嫌な面が出てきてしまうこともあります。その結果、自分を嫌いになってしまうことがあるのです。

嫉妬・後悔・羨望・恨み・懺悔・自己嫌悪など、負の感情をもつことが多いです。復縁したい気持ちが強ければ強いほど、負の感情も大きくなるので辛い毎日となるでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁活動で気持ちを落ち着かせる方法

他の異性と遊んでみる

復縁活動をしていると、別れた恋人のことしか頭に思い浮かばないでしょう。どうしたら元彼の心を自分に戻せるかと考え悩む毎日となります。

しかし辛くなったときには、他の異性と遊んでみることも大切です。気分転換をすることで、別の視点で物事を考えられるようになります。

もしかすると復縁をしようと意地になっているだけかもしれません。また情や寂しさから、執着や依存をしていることもあります。

他の異性との時間を過ごすことで、「他にもいい人がいるかもしれない」と気づくことができるでしょう。復縁という呪縛から解放されるのです。

そして狭かった視野が広がることで、心が落ち着いてくるでしょう。復縁ができなくても、まだ自分は恋愛していけるのだという自信にもなります。

友人や知人を誘い、気軽に遊んでみましょう。複数でのグループデートでも良いので、異性との交流を広げる努力をしてみてください。

恋愛から身を引いてみる

復縁活動が辛いと思っているまま続けていても、成功することはありません。辛いときは気持ちを抱えていると、後ろ向きで暗くなってしまうからです。

それでは本来のあなたの魅力も半減してしまうでしょう。そんな状態で復縁活動を続けても、元彼の心に入ることは難しいです。

辛いときは、逃げてもいいのです。無理に頑張る必要はありません。「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがありましたが、まさにその通りです。

今いる辛い場所から身を引くことで、客観的に見えてくる景色があります。そこで新しい発見や考えを見つけることができるでしょう。

復縁や恋愛という、人を想う気持ちをフラットする期間も必要です。そのぶん自分を見つめなおしつつ、気持ちを落ち着かせてみてください。

目標を見つけて打ち込む

復縁活動をしていると、生活のすべてが復縁一色になります。

「今日は連絡していいかな」
「そろそろ返事くるかな」
「今どこで何しているかな」

そんなことばかり考えて振り回され、気持ちが疲れてしまうでしょう。

そこで復縁活動以外に、もっと自分が打ち込めるものに目を向けてください。復縁活動を忘れるくらい打ち込めるものを探しましょう。

仕事でも勉強でも、遊びでもよいです。目標を持って、頭を無心にして打ち込めるものが必ずあります。まずは無理にでも探して始めてみましょう。

いろいろな恋愛パターンを知る

復縁活動をしていて辛くなるとき、おそらく復縁活動は順調ではないということですよね。そんなときは、復縁や恋愛の方法を少し変えてみる必要があります。

その方法の一つとして、まずは恋愛の映画・ドラマ・小説などをたくさん見てください。そして多くの恋愛模様をインプットしていきましょう。

「映画のようにうまくいくはずがない」と思う人もいるかもしれません。ただこのような作品から、言動や心情を学ぶことはできます。

また新鮮な恋愛を見ることで、意固地になっていた気持ちにも変化がでるものです。柔軟な気持ちで恋愛をすることができるようになる効果があります。

辛いときは、無理に進まずにスタートに戻ってみてください。そのまま続けることが正解ではないと思った方が良いです。

復縁に執着しない

復縁活動は、他の恋愛活動よりも強い執着をもってしまうことが多いです。交際していた元彼だからこそ、「絶対に戻りたい」という焦る気持ちが生じてしまうのでしょう。

しかし元彼には、今の生活があり気持ちもあります。どのような考えや価値観で生活しているのかは、別れてしまえばわからないものです。

あなたが復縁に執着していても、元彼は新しい目標をもって前に進んでいるかもしれません。その状態でお互いの心が通じ合うことはないです。

復縁活動をやめる必要はありません。しかし執着をすると疲れてしまいます。復縁活動をしつつも、別の恋愛や別のことに意識を移し替えてみましょう。

少しずる賢くなってもいいのです。復縁を望みつつ、合コンに行くのは悪いことではありません。どんどん自分を解放させれば、辛い気持ちも晴れていきます。

辛い気持ちが晴れたときの方が、復縁も恋愛もうまく進んでいくものです。執着心をなくせるようにコントロールしてみてください。

美味しい食事と睡眠をとる

復縁活動で辛くなったときこそ、まずは生活の基礎を見直して正していきましょう。健やかに生きていくための基盤となるのは、食事と睡眠です。

しかし復縁活動をしていて辛くなると、食事や睡眠をおろそかにしてしまいます。食欲がなくなり、眠れない夜を過ごすこともあるでしょう。これではパワーが出ず、余計に心身が疲れていきます。

美味しい食事をとりましょう。朝昼晩と三食好きなものを食べてください。お腹が満たされることで、頭も心も満たされます。

また睡眠がとれていないと情緒が安定せず、イライラしたり不安が募ったりしやすくなるものです。入浴をして、布団に入り目を閉じてください。

すぐに眠れなくても目を閉じるだけでリラックスします。余計なことを考えてしまう場合は、睡眠導入として読書をするのもおすすめです。

良質な食事と睡眠で生活習慣を正すと、心にも余裕や落ち着きが出てきます。辛いときこそ生活を見直してくださいね。

スポーツで汗を流す

スポーツで汗を流すことは、心身ともにリフレッシュさせる効果があります。マラソン・水泳・テニス・ダンスなど興味のもてることを積極的に始めてみましょう。

スポーツをしているときは、余計なことを考えずに無心になれます。そして体を動かすことで、モヤモヤとした気持ちを発散させることもできるのです。

汗を流したあとには、気分爽快ですっきりした気持ちになるでしょう。「なるようになる」「やるだけやってみよう」そんな前向きな気持ちに切り替わります。

家に引きこもるような時間を減らして、外に出てリフレッシュできるようにしてください。それが復縁の辛さを和らげ、復縁を成功させるきっかけにもつながるでしょう。

もっと輝ける自分になる

復縁活動がうまくいかない理由として、「別れの原因」が大きいです。復縁を成功させるためには、別れの原因を上回る魅力を感じてもらうことが必要でしょう。

それには過去の自分よりも輝かなくてはいけません。交際していたときよりも、魅力的な存在にならなければ心が戻ってくることはないです。

  • 外見を磨く
  • 内面を向上させる
  • 知識を高める

人間として一回りも二回りも輝けるように努力してみましょう。

目標を「復縁すること」にするから辛くなるのです。「自分を輝かせること」にすれば、輝いた先に復縁が待っていることもあります。

まずは現状の自分よりも高みを目指すことを意識しましょう。そうすることで目標が達成するたびに心が晴れていき、辛さを軽減させることができるのです。

復縁をポジティブに考える

復縁というと、どこかネガティブなイメージがありますよね。過去に縛られていて、毎日悲しみを抱えて泣いて過ごす人も多いです。

しかし決して復縁はネガティブな行為ではありません。もう一度やり直したいと思えるくらい好きな元彼がいるのは素敵なことです。

復縁は辛い思いを抱えてする活動ではありません。前向きな気持ちで楽しく行う方が成功率も高くなります。

まずは復縁という言葉をポジティブな意識に変えてみましょう。自分の考え方を変えるだけでも辛い気持ちから解放されていくのです。

新しい恋愛の一つだと考える

復縁の辛いところは、過去と比較してしまうことです。交際していた時の事実や気持ちがあるからこそ、辛さが生じてしまいます。

しかし過去は過去として切り離して考えてみましょう。楽しかったことや幸せだった時間は、幸せな記憶として大切にしてください。

そして復縁を新しい恋愛だと考えます。過去ではなく、未来を想像するようにしましょう。それだけでもモチベーションに変化が出ます。

辛いときこそ前を向いてください。振り返り涙を流しても、得るものはありません。ポジティブな気持ちで復縁活動をすることが辛さを解消させるコツなのです。

復縁が辛いとき諦めるタイミング

「最後」と伝えて気持ちを伝える

復縁活動は長引くものです。数か月また数年かけて復縁する人もいるでしょう。そうなると諦めるタイミングもわからずに辛さを引きずってしまいます。

そこで自分の中で線引きや幕引きを設定することが大切です。復縁活動の集大成となるべき、最後の告白を決行しましょう。

最後に伝えたいことがある

事前に元彼にも、これが最後のチャンスであることを伝えておくと良いです。ここで復縁しなければ、もう復縁することはないとお互いに認識しておくのです。

最後だと伝えたうえで告白をして、ダメなら諦めましょう。すぐに忘れることができなくても、徐々に時間が解決してくれます。

心身に支障が出てきている

復縁活動をしている人は少なからず辛さを抱えています。ただ辛さの度合いは人それぞれです。それが心身に大きなダメージを与えてしまっては危険です。

ストレスで倒れてしまったり、体調を崩してしまうようでは意味がありません。そんなあなたを見て、復縁したいと感じることもないでしょう。

もし生活や仕事に影響が出るようであれば、復縁活動は一時中止するべきです。まずは自分が健康で穏やかに生活できることを一番に考えてください。

復縁活動は、その先にあるものです。「辛いときは休む」これは逃げではありません。頑張りすぎて自分を見失わないように気をつけましょう。

周囲に諦めるよう説得される

復縁は1人で抱え込まずに周囲にも相談するようにしましょう。周囲からの意見は客観的で的確であることが多いです。

とくに復縁の場合、思い込みが大きいこともあります。できる限り冷静な目で判断してもらうことが必要でしょう。

最初は応援してくれている人も異変があれば諦めるように説得します。

「明らかに無理」
「復縁の価値がない」
「辛そうで心配」

信頼している人にそう言われたときは、諦めるタイミングです。周囲の意見にも素直に耳を傾けるようにしてください。

まとめ

復縁活動中は、過去と現在のギャップに悩み苦しみます。誰しもが辛さを抱えながら復縁活動をしていることでしょう。

しかし辛い毎日を送っていては、魅力的な人間にはなれません。むしろ輝きが失われて、魅力まで失われてしまいます。

まずは辛い復縁活動から解放されることが、復縁を成功させるために必要なことです。気持ちを落ち着かせて前向きに復縁活動ができるように対処していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。