復縁までの平均期間は何か月・何年?理由と成功例を紹介!

別れたカップルが復縁をするとき、『冷却期間』が必要だといわれます。一定の期間を空けた方が復縁の成功率を高くなるのです。

しかし適切な期間を調べようとしても情報はさまざまでしょう。『1か月がベスト』というものもあれば『6か月はマスト』というものもあります。

そうなると結局どれくらいの期間待てば良いのか悩んでしまうでしょう。取捨した情報を間違えると、復縁は失敗に終わってしまいます。

復縁までの期間は、一概に言えるものではありません。100組いれば100通りの期間があり、別れや状況に適した期間を自分で見極めることが大切なのです。

そこで今回は復縁までの平均期間や成功例を理由付きで紹介します。自分たちの事例と当てはめながら、適した期間を考慮してみてくださいね。

目次

復縁までの平均期間は何か月・何年?理由と成功例を紹介!

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁の平均期間は3~5か月

別れてから復縁するまでの平均期間は3~5か月です。すぐにでも復縁したい人にとっては長いように感じますが、100日の考える時間をもつことが成功の鍵となります。

復縁した多くのカップルは、別れて3か月から連絡や再会を始めていくのです。そして徐々に距離を近づけていき復縁につなげます。

前述したようにカップルによって状況は様々です。しかし平均期間は大きな目安の一つになるでしょう。他の人も耐え忍んでいると思えば長い期間でも頑張れるものです。

3~5か月が成功する理由

男性が別れた直後に感じるのは解放感や自由です。フリーになれた喜びで、少し浮ついて過ごす人が多いでしょう。

これは決して元カノが嫌いになったわけではありません。ただ男性は別れということから現実逃避をしようとするのです。そのためプラスのことを考えて、別れから逃げてしまいます。

そんなときに元カノが復縁を持ちかけても男性は聞く耳を持ちません。せっかく自由になれたので、『うざい』とすら感じてしまうでしょう。

男性が元カノへの未練を感じるのは、3か月ほど経過してからです。少しずつ現実と向き合い、寂しさや後悔が出てきます。

そこへ元カノが登場することで、心に空いた隙間に入り込むことができるのです。早すぎず遅すぎず…男性の心理を考慮しても3~5か月の復縁はおすすめとなります。

成功例①3か月音信不通にした(30代女性・OL)

別れてすぐに復縁したいと感じ、毎日泣く日々を過ごしました。しかし元彼は元気に過ごしているようだったので、自分から連絡するのは我慢しました。

まずは3か月連絡をやめよう』と心に誓い、連絡先やSNSまで消去。そうして自分の中で迷いがなくなるようにしたんです。

毎日思い出してはいましたが、今は冷静になる時間だと言い聞かせました。そして3か月たって久ぶりにSNSを開いて元彼の投稿に『いいね』しました。

そしたら元彼から『元気?』と連絡が入ったんです。どうやら音信不通で心配していたようでした。そのまま復縁まで時間はかかりませんでした。

あとで聞くと1か月過ぎた頃から、何も連絡ないことに不安を感じていたとのこと。私の作戦が功を奏したようです。

成功例②とにかく自分磨きをした(20代女性・OL)

別れて1週間は、睡眠不足で泣いてばかりいました。だから鏡を見るとひどい顔の自分がいて衝撃を受けたんです。このままでは復縁できないと確信しました。

そこで泣く前にできることをしようと気持ちを切り替えました。美容院や買い物に行き、ジムにも入会しました。女子力を上げることに意識を向けたんです。

3か月過ぎた頃、仲間との飲み会で元彼と久しぶりに会いました。変わった私を見て元彼は驚いたようで、すぐに話しかけてきました。

そのとき『他の男にとられたくない』と思ったようです。飲み会の帰りに復縁を切り出されて、めでたく成功しました。努力に意識を変えて本当に成功でした。

成功例③合コンに数回行って発散した(20代女性・大学生)

別れてから、元彼は合コンを複数回していました。友人からの情報で聞いていた私は彼女ができてしまうのではないかと心配していたんです。

それでも今連絡をしても逆効果だと思い、自分も合コンに参加して楽しみました。新しい出会いは自分の刺激にもなり、寂しさも紛れて良かったです。

私の場合は合コンに参加したことで、元彼の大切を改めて感じることもできました。改めて復縁願望を強める期間にもなりました。

どうやら元彼も同じようで、数回合コンに行って満足できたようです。3か月すると、元彼から連絡が入り、そのまま復縁しようと言われました。

もし元彼の合コンを阻止していたら、復縁は成功しなかったように思います。あのとき気持ちを切り替えることができて本当に正解でした。

復縁まで長期戦1~3年で成功したパターン

復縁をするカップルの中には、かなりの長い期間を要する場合もあります。1~3年というと長すぎて待てないと感じる人も多いでしょう。

しかし別れた理由によっては、長い期間を経て復縁することで成功することもあるのです。まずは別れの原因と現在の状況を確認してみてください。

【どちらかの浮気や好きな人の出現により別れた】
【仕事の忙しさや転勤などの時間のすれ違いで別れた】
【結婚への意識など将来性の違いにより別れた】

このような原因の場合、すぐに復縁するのは難しいです。もし復縁できたとしても同じことで別れてしまう確率が高いでしょう。

一度元彼のことは心の奥にしまい、新しい人生を生きる気持ちが大切です。もし運命であれば、数年たっても気持ちが引き戻されると信じて前向きに過ごしましょう。

1~3年が成功する理由

1~3年たつと、気持ちだけではなく環境や状況も大きく変化します。考え方や価値観まで変わることも多いでしょう。

だからこそ、当時は納得できなかったことや気付なかったことが見えてくるのです。そして『今ならうまくいく』という確信に変わります。

数か月ではなく数年という時間は、二人の絆を強めることもあるのです。そして長期間離れて復縁した二人は、そのまま結婚までいく可能性が高いでしょう。

成功例①1年後に反省し、元彼に謝罪(20代女性・大学院生)

彼の浮気が原因で別れました。そのときは好きだったけれど、やっぱり許せない気持ちの方が大きかったので別れたんです。

でも1年たって、『あの頃の私は最低な彼女だった』と反省しました。自分のことしか考えていなくて、彼の気持ちを考慮したことなんてなかった気がします。

それで浮気されて当然だなと…むしろ付き合ってくれていたことに感謝しました。それで元彼に連絡をとって謝罪したんです。

そしてら彼の方もとても後悔していたようで、謝ってくれました。少し友達期間を続けて、その後いきなりプロポーズされたんです。

長く離れたからこそ素直に向かい合うことができました。ちゃんと非を認めることができて良かったです。もちろん結婚生活は順調にいっています。

成功例②彼の仕事が落ち着くのを待った(30代女性・OL)

当時私は28歳で結婚に焦っていました。彼は転職したばかりだったのに、結婚をせまって情報誌を買ったりしていたんです。

それが彼には負担だったようで『結婚する気はない』と言われて振られました。その後私は婚活をしていましたが、結局彼以上の人はあらわれませんでした。

30歳になったとき、元彼から誕生日メールが届きました。そこで『今も独身なら戻ろう』と言われたんです。驚きました。

元彼の仕事が落ち着いて、結婚願望が出てきたとのこと。そのとき頭に浮かんだのが私だったようです。もちろん私も即OKでした。

2年たっても違和感なく交際をスタートしました。今は落ち着いてお互いのことを考えつつ、結婚に向けて進んでいます。

成功例③遠距離の元彼と友達から再スタート(20代女性・OL)

彼の転勤がきっかけですれ違いが続いて別れてしまいました。新幹線で1時間の距離でしたが、会いたいときに会えないのは辛かったんです。

復縁したい気持ちありましたが、今は無理だと思い別の恋人をつくりました。でも3年たって、元彼が戻ってきたんです。

そこで友達として会うようになりました。お互い意識しているのは感じていましたが、なかなか復縁の話は出ませんでした。

それで私から『今なら毎日会えるね』と言ったんです。そしたら元彼が『戻ってくれるの?』と。そのまま3年ごしの復縁が叶いました。

状況が変わるのを待っていて正解でした。期間が空いても運命の二人なら必ず復縁できるものです。それを信じることが大切だと感じました。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

別れの理由によっては最短平均1週間

別れた理由によっては、復縁までの期間が短い方が成功する可能性も高くなることがあります。短い期間の平均としては1週間です。

すぐに復縁できることの共通点としては、『勢いで別れてしまった』ということでしょう。好きなのに頭に血がのぼり別れを切り出してしまうこともあります。

【些細な喧嘩からの別れてしまった】
【勘違いが原因で別れてしまった】
【嫉妬心で意地になって別れてしまった】

このようなことが原因である場合、平均して1週間で復縁が可能です。溝が深くなってしまう前に、鉄が熱いうちに対策をしましょう。

1週間でも復縁が成功する理由

勢いで別れてしまった場合、翌日には強い後悔をします。そのため1週間もあれば、相手の存在の大きさを認識することができるのです。

もしここで1か月以上の期間を空けてしまうと、熱が冷めてしまいます。また意地や勘違いから、関係が悪化してしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、1週間で復縁するのが成功のポイントです。少しだけ時間をおいたら、意地を張らずに落ち着いて話し合いをしてください。

成功例①自分の気持ちを整理した(30代女性・OL)

私は彼と同じ職場でした。そのため彼が他の女性と話すのが、毎日気になってしまい嫉妬ばかりしていました。自信がなかったんです。

その日も仲良く女性と話しているのを見て、イライラした気持ちをぶつけてしまいました。その勢いで「じゃあ別れる」と言ってしまったんです。

彼は「泣かせてしまうくらいなら…」と言って別れを受け入れました。でも家に帰ってから、後悔の気持ちしかありませんでした。

1週間自分なりに気持ちの整理をして、元彼と話し合いをしました。謝罪をして、もっと信じることを誓いました。そして自分の時間も大切にすることを約束したんです。

その結果、元彼とは復縁することができました。復縁してからは嫉妬することも少なくなり、私自身も気持ちが楽になりました。

成功例②浮気を疑ったことを反省した(20代女性・OL)

会えない日が続き、彼は毎日終電での帰宅で連絡も減り…私は浮気を疑いました。それで問い詰めると彼が激怒してしまい、勢いで別れてしまいました。

でも知人に話を聞くと、仕事がとても大変だったようです。それで毎日残業続きで、体も心もボロボロになって仕事をしていた時期でした。

そうとも知らずに、私は理解して癒すどころか傷つけてしまいました。不安をぶつけて、ただ1人で勘違いしてしまったんです。

本当のことを知り深く反省し、すぐに元彼に謝罪しました。自分に自信がなくて、配慮できなかったことも伝えました。

元彼は「自分も仕事のことばかりで配慮できていなかった」と言ってくれました。そこで絆が深まったような気がします。すぐに復縁できて本当に良かったです。

成功例③ケンカ別れを反省(20代女性・大学生)

私たちはよく些細な喧嘩をしていました。どこかで喧嘩しても大丈夫だという自信があって、私もひどい言葉を使っていたんです。

その日もいつものように喧嘩をしていたのですが…。ついに彼から「もう疲れた。別れよう。」と言われてしまいました。私も悔しくて「いいよ。」と応えてしまったんです。

よく考えると理由も思い出せないような喧嘩です。なぜこんなことで別れてしまったのかと悲しくなりました。きっと思いやりがなくなっていたんだと気づきました。

1週間考えていると、彼から連絡がきました。同じように考えてくれていたようです。そしてくだらない喧嘩よりも思いやりを大切にしようと話して復縁しました。

それからも喧嘩はしますが、今までとは変わりました。お互いの思いやりや喧嘩を引きずるようなことはなくなったんです。雨降って地固まった感じです。

復縁成功例から学ぶ7つのコツとは?

友達以上恋人未満で良い関係を維持する

復縁までの期間は自分だけの問題ではなく、お互いのタイミングです。3か月たって自分が復縁に前向きでも元彼が同様とは限りませんよね。

そこで重要となるのは、タイミングを見極めることです。元彼と友達以上恋人未満の関係になり、「今だ」というタイミングを見計らってください。

月に1度飲みに行くくらいの関係で良いでしょう。ただ元カノだからこそ受け入れてあげられることもあるはずです。友達以上に深く心に入り込んでください。

そうして様子を見ていれば、絶好のタイミングで復縁することができます。それまで焦らずに待っていてください。

元彼の一番の理解者になる

「復縁するまでの期間=音信不通期間」ではありません。恋人同士ではなくても、連絡をとったり会うことは悪いことではありません。

しつこく誘うのは問題ですが、そうでなければ親しくしても良いのです。彼女になれなくても、元彼の一番の理解者になるよう努力してみてください。

交際していたあなただからこそ、元彼の長所も短所も知り得ていますよね。だからこそ言えることや聞けることも多数あるはずです。

すべてを受け入れてくれる理解者がいるのは、元彼にとって安心できる場所になります。癒しを与えてくれる存在になるのです。

安定しすぎた関係を崩す

復縁を成功させるためには、あまりに関係が安定しすぎているのも問題になります。友達以上恋人未満の関係に居心地の良さを感じることで、変化を求めなくなってしまうのです。

そこで心を引き寄せる計画を立てましょう。まずは安定した関係になることは大切です。唯一無二の元カノという存在で元彼の理解者であり癒しになってください。

元彼にとって特別な存在になったところで、その関係を少し崩そうとします。少し連絡を控えたり、他の男性をちらつかせたりするのです。

そうすると途端に元彼は焦りを感じるでしょう。「自分だけの特別な存在が遠くにいってしまう」という不安で埋め尽くされて、どうにかしようと動き始めます。

そして元彼の方から復縁について話を出すのです。そのときは焦らさずに、自分の気持ちを素直に伝えて復縁しましょう。

復縁するためには、ストレートに歩くだけではいけません。遠回りやカーブをすることも、成功するためには必要なものだと考えてくださいね。

常に前向きに復縁活動をする

復縁活動をしていると、どうしてもネガティブな感情になりやすいです。自分に自信がなくなり、ひがみやねたみを感じてしまうことも増えるでしょう。

しかしネガティブな感情のままでは復縁の成功はありません。なぜなら女性としての魅力が半減してしまうからです。負のオーラしか感じないでしょう。

どんな状況であっても明るく前向きに生活しましょう。そして元彼に対しても、ポジティブな感情で向き合ってください。

別れたからこそ気が付けることは必ずあります。そして成長してプラスになることも多数あるものです。別れにも意味があるのです。

別れたことを引きずらず、復縁できない焦りを見せず、笑顔で楽しく会話をしましょう。それだけで元彼の心は戻ってきます。前向きであることが復縁に見られる多くの成功例です。

復縁が長引く場合には気持ちを切り替える

復縁の期間は1週間~3年と実に幅広いですよね。大好きな彼との復縁を望むとき、1週間なのか3年なのか…先が見えずに辛い日々をおくることもあるでしょう。

しかし先は見えないのではありません。別れの原因や状況を考慮すれば、先を読むことはできるはずです。おおよその復縁までの期間も自分なりに検討することも可能でしょう。

ただ何年も待つという現実を受け入れることができないのです。頭でわかっていても心がついていかないこともあります。

そんなとき復縁の成功例としては、一度気持ちをリセットさせることです。元彼にこだわらずに新しい男性にも目を向けてみましょう。

新しい出会いをして、新しい恋愛をするのです。無理にでも新しいことに意識を移すことで、元彼の呪縛から解放されます。

そうしているうちに1年はあっという間にすぎていくでしょう。新しい恋愛に没頭できれば、もう復縁にこだわる必要はなくなります。

それでも元彼のことが忘れられないのであれば、新しい恋が終わったときに考え直してみましょう。そして再度復縁活動をすれば良いのです。

平均にとらわれすぎない

復縁までの平均期間は3~5か月だと紹介しました。しかし、あくまでも統計上の平均値ということを理解してください。

人は平均と比較して焦りや余裕を感じます。「まだ1か月だから余裕」「もう6か月だからヤバイ」そう考えるのは安易です。

元彼とあなたのことは二人にしかわかりません。別れの原因や状況も平均と比較できるものではないのです。だからこそ焦りも余裕も禁物でしょう。

平均は、一つの目安として参考にする程度で良いのです。それよりも大切なのは、二人の復縁に対する温度です。タイミングを平均に合わせないでください。

自分たちなりの復縁計画を立てた人こと、成功するパターンです。マニュアル通りに進めないようにしましょう。

追うよりも追わせることでうまくいく

復縁は最終的に彼に追わせることで成功します。元彼に復縁をせまってもらい、あなたが承諾するような関係になるようにしましょう。

そのためには、あなたから追わないことです。男性は追えば追うほどに逃げようとする生き物です。反対に逃げれば追いかけてくる本能があります。

男性本能を利用して、とにかく追わせるように仕向けてください。罠にかかりさえすれば、とんとん拍子に物事が進んでいくでしょう。

まとめ

調査によると復縁の平均期間は3~5か月です。気持ちが安定しているうえで、お互いの大切さもわかる頃でしょう。

ただし平均は、別れの理由によっても変動があります。あくまで平均であり、最短で1週間や最長で3年ということもあるのです。

期間が決まらないと、心も不安定になるでしょう。しかし前向きに過ごすことが復縁成功パターンでもあります

ぜひ笑顔を絶やさずに毎日を前向きい楽しく過ごしましょう。そして二人の素敵な再出発となるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。