復縁に役立つ心理学テクニック13選とは?復縁の決め手・メールなどを紹介!

復縁に役立つ心理学テクニックとは?復縁の決め手・メールなどを紹介!

元彼と復縁するために努力しているのに、まるで効果がないと悩んでいませんか?もしかすると、あなたの努力の方向性が間違っている可能性があります。

恋愛や復縁で効果をだすためには、相手の心理に基づいて行動することが重要です。これは心理学的テクニックであり、科学的にも実証されています。

心理学とは、ある現象に対しての心の反応や行動を研究する学問のことです。元彼が今どのような心情であるのか察知しながらアプローチをしていくのが心理学テクニックです。

有名な恋愛心理学に『吊り橋効果』があります。揺れる吊り橋の上に男女を立たせると、ドキドキ感を勘違いして恋に落ちやすいというものです。

このように現状や状況を作り上げることで、元彼の心を変えていくことができます。復縁に効果的な心理学テクニックを使えば、元彼とやり直すことができるのです。

そこで今回は復縁に役立つ心理学テクニックを紹介していきます。自分の感情だけで空回りせず、テクニックを正しく有効に使ってみてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いピュアリは、復縁成功率98%口コミ実績No.1の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁に役立つ心理学テクニック

復縁心理学①返報性

返報性とは、自分のしたことは相手からも同様に返ってくることをいいます。復縁で使う場合は、恩を着せておくことで要求を通りやすくできる効果があるのです。

あなたが困っているときに、いつも味方になって助けてくれる人がいるとします。そうすると、その人が困ったときには全力で助けようとするものですよね。

同時にいつも助けてもらっている相手だからこそ、『助けて』と言われると断ることができません。同じようにしなければ…という心理が勝手に働くのです。

テクニックの使い方

元彼に恩を着せれば復縁できるということではありません。まずは素直に元彼に対する自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

『好き』という気持ちはストレートに元彼に届きます。その気持ちが返報性によって、同様の気持ちになることもあるでしょう。

また何があっても元彼の味方でいてください。困ったときには助け、励まし、癒してあげられる存在になるのです。

元彼にとって唯一無二の大切な存在になることで、あなたの気持ちや要求が通りやすくなります。恩着せがましくならないように気をつけて、恩を重ねてみてください。

復縁心理学②コミットメントと一貫性

コミットメントと一貫性とは、『約束を守りたい』『一貫していると思われたい』という人間心理のことです。そのため約束したことは一貫させようとする圧力が自然とかかります。

人から『矛盾している』と思われることを嫌う人は多いです。自分を正当化して、常に辻褄の合う人だと思われたいと感じています。

そのため一度約束したことは、簡単にひるがえしたりしません。少し意地になってでも、その約束を貫こうとするものなのです。

テクニックの使い方

復縁にコミットと一貫性を使う場合は、まず元彼と小さな約束をしてください。YES・NOの二択にして、YESを導くようにするのです。

私と友達でいてくれる?→『YES』
もう一度私とのこと考えてくれる?→『YES』
復縁を前向きに考えてくれる?→『YES』

このようにコミットを取り付け、それを貫いてもらうようにしましょう。少し強引な方法ではありますが、責任感の強い男性であれば効果が期待できます。

復縁心理学③ダブルバインド

ダブルバインドとは、矛盾したコミュニケーション手法のことです。『何か言ってよ』と言われたから口を開くと、『うるさい』と言われるような状況をいいます。

心理学の効果としては、八方塞がりとなることで服従させることです。少し強引なマインドコントロールも含まれているでしょう。

テクニックの使い方

恋愛や復縁でダブルバインドを使う場合は、服従ではなく断れない状況にすることです。『YES・NO』という選択しではなく、YES前提の『A・B』という質問をします。

『いつ食事に行ける?』『来週食事に行ける?』という質問は曖昧に流されてしまう確率が高いです。これには『行かない』という選択があります。

そこで『フレンチとイタリアンどっちがいい?』『土曜と日曜どっちにする?』と聞いてください。食事に行く前提なので、元彼は選択するしかないのです。

このようなダブルバインドであれば、矛盾を感じることなくマインドコントロールされます。これで距離を縮めていくことができるでしょう。

復縁心理学④権威

権威とは、他の者を服従させる威力のことを言います。自分より優れている人を無意識に従うような行為のことです。

たとえば三ツ星レストランのシェフが自信作だと出した料理は、どんな味でも美味しく感じます。それが本当はコンビニのお弁当であっても、一流の味だと錯覚してしまうでしょう。

権威とは、ある意味で思い込みです。自分の存在を優れて見せることで、相手を信じさせるようにマインドコントロールできてしまいます。

テクニックの使い方

権威を復縁のテクニックで使う場合は、あなたの付加価値を伝えることです。それだけで元彼はあなたに権威を感じるようになります。

たとえば『別れてから男性に口説かれている』と言えば、あなたは『モテる女』なのだと感じます。そうすると途端に『いい女』に見えてくるでしょう。

別れてしまったことが急に惜しくなり、そして復縁したいという気持ちになります。これが権威のもつ効果なのです。

復縁心理学⑤バンドワゴン

バンドワゴンとは、『多数派に支持が集まる』現象のことです。多数決で決まった意見は絶対的な効力があるのもバンドワゴンの効果でしょう。

また行列ができているお店を見ると並んでしまいますよね。そして味が普通であっても、なぜか美味しく感じてしまうものです。これもバンドワゴン効果となります。

バンドワゴンの対義語となるのがアンダードッグ効果です。これは少数派で不利な状況を助けたくなる人間の心理のことをいいます。

復縁に効果があるのはバンドワゴンでしょう。しかし元彼の性格によっては、アンダードッグが有効となる場合もあるので見極めが必要です。

テクニックの使い方

バンドワゴンは権威のテクニック同様に、あなた自身が多数派になることです。元カノに支持が集まることで、元彼は焦りを感じます。

『複数の男性に言い寄られている』という内容を話してみましょう。自慢やわざとらしさを感じないように、あくまで控えめに伝えてください。

これで元彼は多数派になり行列を呼んでいる元カノに強い興味をもちます。そして焦りを感じて取り戻しにかかってくるのです。

アンダードックの場合は、孤独であることで同情を引くようにします。優しい男性で、弱い女性を守りたいという本能がある人に効果的です。

ただ同情を引く行為は、うざい女にもなりやすいでしょう。面倒なかまってちゃんにならないように気をつけてください。

復縁心理学⑥単純接触

単純接触とは、繰り返し接することで好意が増してくるという効果です。これは恋愛・復縁だけでなく、すべての人や物に適用することでしょう。

たとえばカメを飼ったとします。最初は何も感じなくも毎日世話をしていると愛着が増してくるものです。気がつくとカメが生きがいになっている場合もあるでしょう。

テクニックの使い方

時間はかかりますが、元彼と接触する回数を増やしていくことです。できるだけ期間を空けずにコンスタントに会うようにしましょう。

もし職場が同じであれば、目に入れてもらうだけでも良いです。簡単に会えない場合は、メールやLINEで接触するように試みてください。

復縁心理学⑦ウィンザー効果

ウィンザー効果とは、当事者よりも第三者からの意見の方が信憑性は高くなるという現象のことです。口コミサイトやランキングがあるのも、第三者の意見を参考にしたい人が多いためでしょう。

『わが社の製品はいい』と言うよりも『A社の製品はいい』とB社が言う方が信じやすいですよね。そこで第三者を利用して、相手の心理に働きかけていきます。

テクニックの使い方

友人にあなたの評価を上げてもらうよう依頼しておきましょう。特に元彼の男友達であると効果的です。同性に評価が高いとウィンザー効果と同時にバンドワゴン効果も加わります。

『別れたなんてもったいない』
『〇〇最近綺麗になったよね』
『結構狙っている男多いみたいだよ』

このような言葉を吹き込んでもらいましょう。依頼するときには返報性で、あらかじめ男友達に恩を着せてから要求するとうまくいきます。

復縁心理学⑧カタルシス効果

カタルシス効果は、苦悩や怒りを言葉にして吐き出すことで安定を得ることができることです。簡単に言えば、ストレス発散効果のようなものでしょう。

自分の中に負の感情があると、精神が不安定になります。その負の感情を受け止めてくれた人に対しても好意や信頼をもつようになるのです。

テクニックの使い方

まずは単純接触効果で会う回数を増やします。頻繁に会うことで、恋愛感情でなくても好意はもつようになるでしょう。そして友達関係も良好になります。

その次のステップアップとして、カタルシス効果を使ってください。信頼関係から癒しや安心を感じることで、恋愛感情が生まれてきます。

復縁心理学⑨エスカレーター効果

エスカレーター効果とは、思い込みに反するときに起こる違和感のことです。想像や予想とは異なるような心理をさします。

停止中のエスカレーターを使用すると、足が重たく感じます。『エスカレーターは動くもの』と思い込んでいるので、バランスを崩してしまうのです。

たとえば100円ショップに売られている商品に、すごく便利で高性能な品物があると目につきますよね。それは100円ショップの概念を覆されたからです。

このような『いい裏切り』は人の心理に深く刻まれます。恋愛においては、ギャップなどもエスカレーター効果に近いといえるでしょう。

テクニックの使い方

元彼の中に『元カノは〇〇だ』と思い込んでいることがいくつかありますよね。交際していたときの記憶が刻まれているでしょう。その記憶を会ったときに裏切るのです。

少しぽっちゃり体型だったのに→スレンダーになっている
料理なんてしたことなかったのに→手作りのお弁当を作ってきた
マイペースで自分勝手だったのに→気遣いや気配りが見える

このような変化は、元彼に強い印象を与えます。それが当たり前のことであっても、思い込みを裏切られることで衝撃となるのです。

復縁心理学⑩吊り橋効果

冒頭でも少しお話をした吊り橋効果です。これは不安や恐怖を感じているときに出会った人に対して、恋愛感情を持ちやすくなる効果のことをいいます。

ドキドキとした感情を錯覚することで恋愛がスタートするのです。吊り橋だけでなく、高い場所・お化け屋敷・夜景などドキドキできる場所であれば効果があるでしょう。

テクニックの使い方

元彼が不安や恐怖を感じる場面で、隣にいられるようにしてください。ホラー映画・ジム・スポーツ観戦などでも効果があります。

一緒に鳴いて笑ってドキドキしましょう。それが再び恋愛感情に火をつけるきっかけになるのです。錯覚から本物へと移行していくでしょう。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁に役立つ心理学テクニック:メール編

復縁心理学メール①フットインザドア

フットインザドアは、承諾しやすい要求から始めて徐々に要求を大きくしていく方法です。この方法であれば、少しずつ元彼の心に入っていくことができます。

別れてすぐに【復縁してください】と要求しても断られてしまいます。それどころか警戒心までもたれてしまうこともあるでしょう。

①メールのやりとりをおこなう
②相談があるから電話していい?
③渡したいものあるから届けていい?
④今度お茶でもしない?
⑤デートしない?

このように親密度を上げつつ、元彼との距離を縮めていきます。そうすると自然に復縁という要求までつなげていけるのです。

復縁心理学メール②ミラーリング効果

ミラーリング効果とは、相手の真似をすることで、真似された側が好意を抱く現象です。キャバ嬢が使っている効果的なテクニックだといえます。

復縁したい元彼には、まずメールでミラーリング効果を使いましょう。そうすることで、あなたの存在はどんどん大きくなります。

メールの場合、言動を真似ることはできませんよね。そこで【文字数】【返信タイミング】【ニュアンス】をミラーリングしてください。

元彼からLINEの文が1行きたのであれば、同じように1行で返信します。10分後に2行できたら、同じように10分経過してから2行で返信しましょう。

また【だね~】【じゃん】といった語尾を揃えるのも大切です。スタンプの数や種類も一緒にすれば、LINEのミラーリング効果は絶大でしょう。

復縁心理学メール③ドアインザフェイス

ドアインザフェイスは、フットインザドアの反対のテクニックです。承諾してもらえない大きな要求をすることで、その後にする小さな要求が通りやすいという方法になります。

『100万円貸して』と言って断られてから『じゃあ1000円貸して』と言うのです。そうすると1000円がとても小さな金額に感じて、つい貸してしまいます。

これを復縁でも応用してください。『今度海外旅行行かない?』と誘い元彼が戸惑っているとことで『うそだよ、ランチしない?』と誘います。

そうすると元彼はランチくらいなら…と要求に応じてくれるようになるのです。この方法でデートの回数を増やしていきましょう。

まとめ

復縁に効果のある心理学テクニックは多数あります。あなたが心理学テクニックを使うことで、元彼自身が自分の気持ちに気がつくことがあります。そして心の整理ができるようになるのです。

心理学とは、相手の心をコントロールする力があります。それは眠っている気持ちを引き出すものでもあるでしょう。

どれも難しいテクニックではなく、誰でも簡単にできるものです。ぜひ効果的なもの試し、元彼の心を取り戻してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。