復縁するべきか迷ったときの判断基準とは?復縁しない方がいい元彼の特徴も紹介!

目次

復縁するべきか迷ったときの判断基準とは?復縁しない方がいい元彼の特徴も紹介!

交際をスタートするとき、「好き」という気持ちがあれば他に何もいりませんよね。判断基準は自分の気持ちが男性にあるかどうかというシンプルなものです。

しかし復縁となると、「好き」という気持ちだけでは決めることができません。別れという経験をしているからこそ、復縁することに抵抗を感じてしまうのです。

では復縁するべきか迷ったとき、何をもとに決断すれば良いのでしょうか。
どうすれば後悔しない選択ができるのでしょうか。

元彼に「復縁したい!」とせまられているけど、「本当に復縁して続くの?」と疑問に思っている女性もいるはずです。今回は復縁の判断基準を紹介していきます。

復縁しない方がいい元彼の特徴もお伝えするので、悩んでいる方は判断基準として考慮してみてくださいね。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

復縁に迷ったときの判断基準

復縁に迷っている理由が明確か

そもそも、なぜ復縁に迷っているのか自分で理解しているでしょうか。心に迷いがあるということは、決断できない壁があるからですよね。

まずは迷って進めない理由を明確にしてください。それをクリアにしない限りは、迷い続けることになってしまいます。

「本当に好きなのか情なのか…わからない」
「復縁してうまくいく自信がない」
「また浮気されるのではないか不安」

モヤモヤとしている心の内をすべて吐き出してみましょう。そして少しでも感じている不安をすべて紙に書き出してください。

そして「自信がないだけなのか」「根本的に問題があるのか」を検討します。自信がないのは誰でも同じです。復縁してから自信をつけていけば良いのです。

根本的に問題があるというのは、「浮気癖」「金銭トラブル」「遠距離」などとなります。これは解決しない限りは、復縁はおすすめできません。

また明確な理由が自分でもわからないときも、復縁を焦らないようにしましょう。自分と向き合うことが大切です。

情ではなく愛情をもっているか

情とは、交際していると生じる情けのようなものです。別れてもすぐに気持ちを切り替えるのは難しいものでしょう。

誰でも名残惜しさや相手を心配する気持ちになります。これは当然の心理であり、どんな別れた方でも少なからず感じることでしょう。

しかし恋愛感情と情は異なるものです。情だけで復縁しても、すぐに気持ちが冷めてしまいます。結果お互いに傷つけあうだけになってしまうのです。

恋愛感情とは、ドキドキと高揚する気持ちです。切なく苦しく、そして幸せで温かい気持ちに包まれるのが恋愛でしょう。

復縁を悩んでいる彼を想ってドキドキしますか?

あなたの彼に対する気持ちが恋愛感情なのかどうかを判断してください。それが情であれば、復縁はしない方が良いです。

別れの原因を克服できているか

どんな理由であっても別れを選んだ原因があります。それを放っておいて復縁をしても同じことを繰り返してしまうだけでしょう。

別れた原因は克服できているでしょうか。
二人の間に立ちはだかる壁は取り除かれているでしょうか。

もし「未解決」「不可能」ということであれば、復縁を早まってはいけません。きちんと克服ができてこそ、復縁を考えることができる段階だといえます。

復縁したいという感情も大切です。しかしその前に復縁できるかどうかを物理的に考えてみてください。それが判断の基準となるのです。

自分よりも彼を大切に想っているか

別れるのも復縁するのも、自分本位になっていないでしょうか。すべて自分の感情を優先させて、彼を振り回しているようでは復縁できせん。

「自分が寂しいから」
「自分が連絡したいから」

このように主語が「自分」だけの場合は、ただの自己愛です。本当に彼が好きで復縁をしたいわけではない可能性が高いでしょう。

「彼が心配だから」
「彼にとって今は大切な時期だから」

このように「彼」を主語として物事を考えられるのであれば、復縁をするべきです。復縁できるタイミングを待ちましょう。本当に大切に考えることができている証拠となります。

何を基準に復縁を考えているのか、今一度考えてみましょう。それが復縁をするかどうかの一つの基準となるのです。

幸せな未来を想像できるか

復縁するということは、過去や現在よりも未来を見すえることが大切です。どんなに過去が幸せだったとしても、同じ未来が待っているかわかりませんよね。

復縁をした未来を想像してみてください。別れを乗り越えて、幸せになれるでしょうか。笑顔でいる二人が見えてくるでしょうか。

想像ができない、または笑顔が想像できない…という場合は、復縁はしない方が良いです。過去にとらわれているのではなく、明るい未来を考えて行動するようにしてください。

他の男性に興味がもてないか

復縁を悩むとき、ただの寂しさなのか自分自身でもわからなくなりますよね。そんなときは、一度他の男性に目を向けてみてください。

合コンに参加したり、多くの友人・知人とコミュニケーションをとるだけでも良いでしょう。多くの男性と楽しい時間を過ごしてみてください。

そこで何を感じるのか自分の心を試してみましょう。

「やっぱり元彼以上の人はいない」
「わたしには元彼しかいない」

寂しさが埋まることはなく、元彼への愛情が深まるのであれば寂しさではないです。心から彼のことを求めている証拠でしょう。

「世の中には素敵な男性が他にいる」
「この人なら好きになれるかも」

少しでも揺れ動く気持ちがあるのであれば、元彼にこだわる必要はありません。復縁を急がずに新しい恋愛にチャレンジしてみてください。

執着心ではないか

執着心とは、「忘れられない状態」のこといいます。この気持ちを恋愛と勘違いする人も多いですが、執着心と恋愛感情は別物です。

交際している期間があれば、忘れられない期間があって当然です。楽しかった思い出や優しくしてくれた記憶がすぐに消去されることはないでしょう。

また執着心には、「傷を癒そうとする」本能でもあります。それは単なるプライドでもあり、復縁することで傷を無理に修復しようとしているのです。

しかし傷を癒すために復縁をしても、傷そのものが治っているわけではありません。余計に傷が深くなってしまいます。

ただ忘れられない執着心なのか。それとも恋愛感情が継続している気持ちなのか。それを自分自身で見極めるようにしてください。

過去をすべて受け入れられるか

新しい恋愛と復縁の大きな違いとは、積み重ねてきた過去があるということです。過去があるのは、メリットでもデメリットでもあることでしょう。

メリットとしては、お互いのことを理解していることです。生活パターンや性格も知ってくれていることで、復縁してから相違を感じることもありません。

デメリットは、別れを経験していることです。別れた過去は二人にとってマイナスになっています。それをすべて受け入れて乗り越えられているでしょうか。

もしすべてを許すことができていないのであれば、復縁はしない方が良いです。どこかでまた不満が爆発してしまうことになります。

何も気にならないほど過去を受け入れることができた場合のみ復縁をしましょう。絆はより強いものになるはずです。

依存せずに自立して一緒にいられるか

復縁をするカップルの中には、相手に依存してしまう人も多いです。寂しさを埋めるためだけに一緒にいるのです。そして傷をなめ合うような関係になってしまいます。

しかし依存関係は、いつかうまくいかなくなります。まずは自分が彼に依存しないように、自立を目指してください。

自立とは、字のごとく「1人で立つ力」です。寂しさや孤独に耐え、夢や目標に向かって進むようにしましょう。

また彼だけではなく、友人や家族など頼れる人を増やしてください。彼に依存しない状態でも復縁を望むかどうか、自分の気持ちを確認してみましょう。

彼を信じることができるか

一度別れを経験することで、信頼関係が崩れてしまいます。そのまま復縁をしても、なかなか信頼を回復させることはできないでしょう。

復縁に悩んでいるとき、彼を信じる気持ちがあるのか考えてみてください。

「彼の愛情」
「彼の言葉」
「彼の行動」

すべてを信じて復縁することができるでしょうか。信頼が回復できていれば大丈夫です。もう一度復縁をして、関係を深めていくことができます。

しかし信頼がなく疑心暗鬼になる場合は、復縁しても関係に溝ができていくでしょう。復縁をしない方が良いです。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

復縁で勘違いしやすい気持ちとは?

ただ寂しい

寂しさを恋愛感情と勘違いする人は多いです。心に空いた隙間を誰かで埋めようとするのはよくあることでしょう。

そして「誰か」を探したとき、身近に感じるのが元彼の存在となります。つい最近まで付き合っていて、自分を必要としてくれた人だからです。

そのとき「元彼が必要なんだ」と思ってしまうのでしょう。そして復縁に踏み切るのです。この状態は寂しさを埋めるだけの存在であり、決して恋愛ではありません。

彼には私しかいない

別れた後のことが心配になるような彼もいますよね。少し頼りなかったり、年下であると余計に母性が芽生えて心配になるでしょう。

「彼はちゃんと食べているかな?」
「朝起きて仕事に行けているかな?」
「私がいなくても大丈夫かな?」

そんな心配ばかりしてしまいます。ここで復縁を求められると彼には私しかいないと思い、母親のような気持ちで復縁をするのです。

しかし「私しかいない」と考えるのは、自分が自分の存在を肯定したいだけでしょう。実際にはあなたがいないからダメになる男性なんて存在しません。

元彼は赤ちゃんではなく、成人男性ですよね。別れても自分の道を歩いていけます。それを都合よく解釈してはいけないのです。

彼以上に好きな人はできない

復縁をしたいとき「彼以上に好きな人はできない」と思うことがあります。しかし絶対にそんなことはなく、現状に酔いしれているだけの勘違いです。

別れたあとは、思い出が美化されます。また失ったことで気持ちが一時的に高まる時期もあるのです。それが史上最強の恋愛だと勘違いさせるのでしょう。

実際は時間の経過とともに感情は薄れていきます。もっと素敵な人を元彼以上に好きになることでしょう。一時の感情に流されてはいけません。

長く付き合ってきたのだからうまくいく

長い期間付き合って別れたカップルは、復縁願望も強いです。長年一緒にいたのですから、すぐに忘れることができないのは当然でしょう。

そして長年付き合ってきたという自信があることで、復縁してもうまくいくと思いがちです。それを復縁の基準にしてしまっているのでしょう。

しかしどんなに長く付き合っていたとしても、別れを選択しているわけです。何かしらの原因があったということになりますよね。何十年連れ添っていても離婚する夫婦は多数いるものです。

つまり「年数=成功する」ということではありません。勝手にうまくいく自信を勘違いしてもってしまうと、復縁したことを後悔してしまうので気をつけましょう。

結婚すると約束した

交際していたときに、将来を約束していた場合もあるでしょう。そうなると別れても、復縁したら結婚するのかな…と勘違いしてしまうのです。

しかし付き合っていれば、その時の流れで結婚という言葉を口にすることもあります。決してそれはプロポーズではなく、婚約でもありません。

それを引きずって復縁をしても何も意味がないです。交際中の言葉は、別れれば無効になります。それを勘違いしないようにしましょう。

復縁をして後悔するパターン

同じことを繰り返す

復縁をしても同じことで別れてしまうことがあります。これは復縁をすれば、自動的にリセットされると思っているからでしょう。

しかし「喧嘩」「浮気」などが原因で別れたのであれば、復縁してもまた同じ問題が生じます。そして別れと復縁を繰り返し、余計に傷つくこととなってしまうのです。

復縁しても寂しい

復縁をして事実上の交際が再開したからといって、必ずしも気持ちが満たされるわけではありません。復縁しても、寂しさが埋まらないこともあるのです。

連絡がくるのに不安になる。隣にいるのに心を近くに感じることができない。別れた後よりも寂しさが増してしまった。

このような状況では復縁の意味がありませんよね。余計に心に隙間ができてしまい、復縁したことを後悔するのです。

余計に心の距離が離れた

別れることで心の距離が離れます。そして復縁をすることで余計に心が離れてしまうことがあるのです。これは気持ちが通じないまま復縁をしてしまった証拠でしょう。

一度別れていることで、信頼関係が築けないことも多いです。また復縁することで、お互いに気を遣い、本音が言えなくなってしまうこともあります。

そうすると心が離れる一方です。復縁をしてもうまくいかずに、そのまま気持ちが冷めてしまうことになるでしょう。

喧嘩が増えた

復縁をしてから喧嘩が増えることもあります。なかなか気持ちが通じ合わずにイライラしてしまうのです。そして気持ちをぶつけ合います。

うまく向き合うことができれば、復縁して絆が深まることもあるでしょう。しかし気持ちをぶつけ合うことで、喧嘩ばかりの毎日に嫌気がさしてしまうこともあります。

素直になることや向き合うことは大切です。それが自分本位なわがままになり、気持ちを押し付けてしまってはうまくいかなくなります。

嫉妬や束縛ばかりになった

一度失って大切さに気がついた場合、もう失いたくないと強く思います。それにより復縁すると強い嫉妬や束縛をしてしまうこともあるでしょう。

復縁をした途端に窮屈に感じ、居心地が悪くなります。一緒にいても楽しいと思えずに、復縁したことを後悔することになるのです。

復縁しない方がいい元彼の特徴

感情に流されやすい

基本的に男性は感情に流されやすい生き物です。怒った勢いで別れ、寂しさで復縁をします。気分によってコロコロと言動も変わるでしょう。

このような男性の場合、復縁も一時の感情です。また復縁をしても感情に流されて別れを言い出すこともあります。

感情に流されてしまう男性は復縁しても後悔する確率が高いです。期間をおいて冷静になってから考えるようにしましょう。

同じことを繰り返してばかり

2度同じことをする人には3度目があります。これは、浮気や金銭トラブルなど何にでも共通していることです。

人は1度の過ちで大きな後悔をします。そこで自分を戒めて、もう同じことをしないと誓うでしょう。しかし2度目をしてしまうのは、自分を抑制できない証拠です。

もし自分に甘い性格で同じことを繰り返してしまう彼であれば、復縁はおすすめできません。また同じことで悩み、別れを選ぶことになるでしょう。

都合がいいことばかり言う

口がうまい男性も要注意です。人や状況に合わせて、都合がいいことばかり言うので信用できません。復縁するときにも適当なことで安心させるでしょう。

しかしこのようなタイプの男性は、自分の言葉に責任をもっていません。そのため信じてしまうと傷つくことになります。

その場しのぎで都合のいい言葉を並べる男性は、復縁しない方が良いです。騙されないように強い心をもってくださいね。

未来が見えない

将来結婚して子供ができて、年老いても思いやって過ごしている…そんな未来を想像できるでしょうか。もし未来が見えない彼であれば復縁はおすすめできません。

復縁とは今だけではなく、未来の自分・未来の二人のためにするものです。その未来が見えないということは、うまくいく可能性が低いということでしょう。

浮気性の彼・ニートの彼・借金の多い彼など、暗い未来ばかりが思い浮かぶなら危険です。もっと別に良い男性がいるはずですので探してみてください。

依存しやすい

「俺には君がいないとだめなんだ」という台詞を口にするような彼は復縁するべきではありません。依存心の強い男性は、一緒にいても二人がだめになってしまいます。

自分の軸や芯があり、自立している男性でなければ復縁に進むべきではありません。自分も含め、彼にも依存心がないかを考えてみましょう。

元彼の本気度を探る方法とは?どうしても復縁を悩むときの対処法

期間を決めて少し待ってもらう

復縁に期限はありません。もし今復縁の決断を迫られている状況であっても、彼の気持ちが本気であれば待ってくれるはずです。

今決断できないのに無理に選択するのは避けましょう。そのことを素直に伝えて、気持ちがはっきりするまで待ってもらってください。

少し期間をおくことで見えてくることはあります。もしその間に彼の気持ちが変わるのであれば、正直それまでの感情だったということです。

とりあえず復縁をしてみる

どうしても復縁に悩むのであれば、まずは復縁してみるのも一つの方法です。結婚するわけではないのですから、復縁してだめなら別れれば良いでしょう。

頭の中で考えていても現実のことはわかりません。復縁してみないと、二人の関係や未来は見えてこないものです。

そこまで重く考えずに復縁してから改めて考えてみましょう。自分の気持ちも少しずつはっきりとしてくるはずですよ。

一度新しい恋愛をする

どうしても踏み切れない理由があるのであれば、復縁は保留にして新しい恋愛をしてみましょう。そこで自分の気持ちを改めて考えることができます。

合コンに行ったり、友人に紹介してもらうのも良いでしょう。今まで恋愛対象でなかった男性と連絡をとって遊んでみるのもおすすめです。

元彼以外にもいろんな男性がいる

それを自身で感じてください。復縁にこだわっていた気持ちから解放されます。そして徐々に元彼を忘れていくことができるでしょう。

悩んでいることを話し合う

復縁で悩んでいるということは、どうしても復縁に至らない原因があるからでしょう。自分の気持ちや彼の気持ちが見えず、不安を抱えていることもあるかもしれません。

そのような原因や気持ちを包み隠さずに話してください。1人でため込まずに正直に話すことで解決できることもあります。

復縁をするのは、1人ではなく2人の問題です。一緒に悩みを解決して、どのように進んでいくのかを決めてみてください。

悩むくらいなら復縁しない

復縁を悩んでいるのであれば、そもそも気持ちがないのと等しいと判断しましょう。迷っているということは、それだけの気持ちだということです。

たとえば欲しい洋服を見つけたとしますよね。本当に欲しいと思ったのであれば、即決で購入するはずです。もし悩んで保留にした場合、冷静になるとそこまで欲しくないものでしょう。

人は二択に迫られると、少なからず悩むもの。しかし本当の答えは決まっているのです。ただ選択を迫られることで頭が混乱してしまうだけです。

復縁をするかどうか悩むのであれば、復縁しないべきでしょう。それで後悔したら、そのときに行動に移すようにしてください。

まとめ

復縁するという決断は簡単にできるものではありません。だからこそ悩み、決断に苦しむことになってしますでしょう。

復縁の判断基準は、すべては自分の気持ちと向き合うことで見えるものです。急いで決断せずに、まずは自分が何を求めているのか明確にしましょう。

あなたにとって最善の決断ができますように。復縁の決断が後悔しないものとなりますように願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。