復縁は【沈黙】が成功のポイント!沈黙期間の目安と効果とは?

目次

復縁は【沈黙】が成功のポイント!沈黙期間の目安と効果とは?

別れた恋人と復縁するのは簡単なことではありません。別れるほどの原因があったのですから、心を動かすためには相当の時間と努力が必要です。

それでも別れを乗り越えて復縁しているカップルは多数います。そして復縁しているカップルに共通している成功の秘訣は、【沈黙】です。

沈黙って具体的に何をどれくらいすればいい?
沈黙に効果なんてあるの?

今回は、成功のポイントとなる沈黙について紹介します。期間の目安や効果を具体的に紹介するので、復縁したい女性は実践してみてください。

その前に、元彼との復縁可能性は何%?

元彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

元彼の気持ちが分かれば、どう復縁のアプローチをすればいいか分かりますよね。元彼のことを知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、元彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

元彼はまだあなたのことが気になっているのか・未練があるのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

元彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

沈黙期間の定義とは

黙秘を続ける

復縁をするときに重要となるのは『期間』です。

復縁でとくに成功率を上げる沈黙期間とは、具体的には黙秘を続けることです。黙秘とは何も言わずに黙り、真意がわからない状態をいいます。

よく警察の取り調べで、犯人が黙秘をするシーンがありますよね。罪を認めるわけでも否定するわけでもなく、黙りこんでしまうので深層は闇の中ですよね。

このように『真意や深層がわからない状態』が沈黙となります。元彼に対することは、誰に何を聞かれても黙秘を続けるのが沈黙期間の定義です。

情報がまるでない

沈黙の定義とは、自分の情報を途絶えさせることです。これは元彼だけでなく、元彼に関わるすべてのことに対して行うようにします。

連絡をしないのはもちろんですが、SNSの更新なども中断してください。元彼からすると、あなたが今どこで何をしているのかわからない状態にするのです。

究極なことを言えば『生きているのか?』ということさえわからないようにします。生存確認すらできない期間が沈黙期間となるのです。

沈黙期間の効果とは

元彼に考える時間を与えられる

別れても連絡を取り合っていると、元彼はあなたのことを考える機会がありません。近くにいるので考える必要もないでしょう。

また恋人でなくとも友人として良い関係を築けてしまうと、元彼は今のままで良いと満足します。特別に復縁する意味がないと思うのです。

沈黙期間をつくることで、あなたと元彼の接点がなくなります。そこで初めて別れを実感して、ゆっくりと考える時間ができるでしょう。

ネガティブな感情がなくなる

別れるときは、ネガティブな感情が積み重なっています。あなたに対しても悪いイメージをもってしまっていることが多いです。

そこで復縁をしようとしても難しいでしょう。どんなに取り繕っても余計にネガティブな感情が大きくなってしまうだけです。

『押してダメなら引いてみろ』という言葉通り、まさに復縁は引くことが成功の鍵となります。引くことで、元彼の悪い記憶は徐々に浄化されていくのです。

時間がたつにつれて、あなたとの記憶が薄れていきます。そして思い出そうとするときには、人間の本能で良い記憶ばかり浮かぶのです。

『悪い記憶に蓋をして、良い記憶を再生する』

この繰り返しにより沈黙期間中に元彼の中からネガティブな感情は消えます。思い出が美化されることも沈黙期間の大きな効果です。

存在の大きさに気がつく

沈黙期間で元彼は『あなたがいることが当たり前ではない』状況になります。当然だと思っていた日常が壊れたとき、改めて感じることや気がつくことは多いですよね。

たとえば普通に生活していれば、色んな欲が出てきます。それは当たり前のように健康でお金のある日常生活を送っているからです。

それが『病気』などで日常が壊れてしまうと、途端に欲がなくなります。何よりも日常の大切さに気がつき、当たり前の毎日に戻りたいと願うでしょう。

元彼にとって、あなたは日常になってしまっています。それを非日常にすることで、存在の大きさや大切さに気づく効果があるのです。

執着を取り除くことができる

復縁は執着心でしても成功することはありません。ただ意地になってしまい、元彼という存在に縛られてしまうでしょう。復縁に必要なのは、改めて感じる愛情です。

沈黙期間は、お互いの心にある執着を取り除く効果があります。気持ちを冷静にさせて、リセットすることができるのです。

執着心がなくなると心がとても軽くなります。嫉妬や束縛で苦しむこともなくなり、心に余裕をもって復縁について考えることができるでしょう。

余裕ができることで、復縁できるチャンスが生まれます。お互いにリセットされた気持ちで向き合うことができるのです。

何をしているのか情報が欲しくなる

人は情報が少なければ少ないほどに興味をもちます。少しでも詳細を知りたいと情報収集をするようになるのです。

芸能人の中には、SNSで私生活を見せている人が多くいます。親近感があって嬉しい反面。頻繁に更新されると興味が薄れてしまうこともあるでしょう。

SNSをやっていないと何も情報がありません。仕事をしていない期間は、どこで何をしているのかと、情報が欲しくなり考える時間も増えますよね。

元恋人との沈黙期間も同じです。情報が少ないことで、あなたを考える時間がどんどん増えるようになるのです。そして情報を求めるために連絡が入るでしょう。

手の届かない存在になる

あなたが沈黙をすることで、元彼は急に遠くに行ってしまったと感じます。今まで手の中にいたのが、手の届かない存在になっていくのです。

女性の場合、手が届かない存在になると諦めてしまいますよね。身近にいる優しい男性に心変わりしてしまうことが多いでしょう。

しかし男性の場合は、逃げるものほど追いかけたくなる狩猟本能があります。手の届かない女性ほど欲しくなるのです。

沈黙期間があることで、男性の本能に火がつくでしょう。そして復縁したいと元彼に言わせる効果まで期待できるのです。

別れの原因を冷静に解決できる

別れには、さまざまな原因があります。しかし沈黙期間がない場合、その原因や解決策について考えることはないでしょう。

特に男性は現実と向き合うことが苦手な生き物です。悲しいことから目を背けてしまうので、別れたことを掘り下げるような行為はしません。

しかし沈黙期間があることで、男性は現実と向き合う準備ができます。そして別れの原因から冷静に解決策を見るようになるのです。

嫉妬を感じるようになる

どんな別れ方であっても、男性にとって元カノは特別な存在です。この気持ちは簡単に変わることはないでしょう。

ただ特別な存在であることと恋愛感情は別です。この2つを結びつけることができると復縁が成功するということになります。

恋愛感情に必要なのは、ときめきと嫉妬です。これらは別れるとどちらも失われる感情となります。それが沈黙期間で再び感じるようになります。

元カノの動向がわからないからこそ、心配で嫉妬するのです。そして沈黙期間後に会うことで、ときめきを感じるようになります。

特別な存在から恋愛感情にシフトしていくために、沈黙期間は効果的です。元彼の心情を変化させるためにも耐える期間だと心得てください。

あなたと元彼が復縁できるのはいつ?

冷却期間を置くことで、復縁できたカップルはたくさんいます。ただ、適切な冷却期間はカップルによって異なります。

1週間で復縁できたカップルもいれば、1年経ってやっと元彼の気持ちに変化が表れるなんてこともあるのです。

「冷却期間はどれくらいが適切なの?」と迷っている人は、元彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、復縁活動もはかどります。

沈黙期間が効果的な別れ方の特徴

ほかに熱中するモノや人ができた

沈黙期間は100%の別れたカップルに効果的ということではありません。多くの別れには必要な期間ですが、ケースバイケースであることも知っておきましょう。

別れの原因が、恋人のほかに熱中するものができた場合に沈黙期間が効果的です。相手に非があるわけではなく、より上回るものを見つけてしまった場合の別れとなります。

  • 彼にほかに気になる異性ができた
  • 彼が仕事に熱中してしまった
  • 彼が友人や趣味の時間を楽しむようになった

このような原因で別れてしまった場合、熱中した時間から冷める時間が必要です。無理に気持ちをむけるよりも時間をかけて満足させることが大切となるでしょう。

感情的になって別れた

恋人とはいえ他人同士ですから、価値観の違いから意見がぶつかることもあります。また好きだからこそ芽生える嫉妬や憎しみという感情もあるでしょう。

そうすると感情が抑えられなくなります。自分でもコントロールできずに、勢いで別れを選んでしまうこともあるのです。

感情的になって別れた場合は、頭と心を整理するための時間がいります。自分自身で感情をコントロールできるくらいの期間をつくりましょう。

気持ちが残ったままに離れてしまった

どんなに想い合っていても別れを選択することもあります。周囲の反対や遠距離恋愛などが具体的な事由としてあげられるものです。

『別れる』というよりも『引き裂かれる』ようなものでしょう。気持ちが残ったままなので、別れてもお互いを想い続けているものです。

しかし時間をおかずに復縁をしても物理的な原因は解決していません。沈黙期間をつくり、問題が解決すれば復縁は難しいことではなくなるのです。

沈黙期間の具体的な方法

一切の連絡を絶つ

沈黙期間は、元彼とのつながりを遮断させることです。今まで連絡のツールとして利用していたものをすべてシャットアウトしていきましょう。

電話・メール・LINEなど、どんな手段の連絡もしないでください。もちろん元彼から連絡がきても返信はしないようにしましょう。

二人の関係を一度すべてゼロにすることから沈黙期間は始まります。もし意志が揺らいでしまいそうであれば、連絡先を削除するなどして自分で工夫してくださいね。

自分の情報を漏らさない

元彼との連絡のみを絶つのであれば、『冷却期間』や『放置期間』と同じです。沈黙期間のポイントは、『元彼に関わるすべて』から距離を置くことになります。

元彼がいるグループLINEや元彼の友人にも黙秘をするのです。元彼にあなたの情報が少しも入らないような状況を作り出してください。

『新しい恋人ができた?』という以前に『生きているのか?』と心配になるくらいが良いです。沈黙期間は生存確認もできないくらいに徹底することが成功の鍵となるでしょう。

恋愛活動も休止

沈黙期間は、気持ちを切り替えるために新しい出会いをする期間ではありません。合コンや紹介などの恋愛活動も休止させましょう。

『沈黙』とは活動そのものをしない状態です。復縁活動だけでなく恋愛活動もせず、必要なことだけをこなすようにして過ごしてください。

SNSの更新をしない

沈黙期間は、SNSの更新も控えましょう。たとえ元彼に関係のない内容でも、元彼がフォローしていない場合でも更新をストップさせてください。

SNSはどこから情報が出回るかわかりません。1枚の写真からさまざまなことを憶測させることもできてしまいます。

『夜景が綺麗だな』という1枚の写真だけでも、見る人によって想像することは変わります。

『もしかして他の男性と夜景を見ている?』
『復縁の傷を癒すために夜景を見ている?』

そして元彼に憶測や想像から噂が流れてしまうこともあるでしょう。沈黙どころか誤った情報が流れてしまうのでは本末転倒です。

SNSの更新もパタリとやめてこそ沈黙期間だといえます。自分の情報を漏らさないように徹底した方が効果も高いでしょう。

LINEがきても未読無視

多くの人は恋人との連絡にLINEを利用しているでしょう。もし元彼からLINEがきた場合、沈黙期間でも既読をつけてしまうことになりますよね。

しかし既読スルーをしている状態は、『読んでいる』ことを意味するのです。本来の沈黙期間は、生きていることさえわからない状況なので少し異なってしまうでしょう。

そこで元彼からのLINEは読みたい気持ちを抑えて未読スルーしてください。どうしても内容が知りたい場合には、未読のまま内容確認できる方法があるので試してみてください。

沈黙期間の目安とは

別れてすぐに沈黙するわけではない

沈黙期間は別れた翌日から実行すれば良いわけではありません。急に沈黙をしてしまうと、解消されていない気持ちを残したままになることもあります。

もしどちらかにモヤモヤとした気持ちが残っている場合は、まず別れをしっかりと処理してください。また別れることで生じる必要な連絡も無視しないようにしましょう。

たとえば貸し借りしていたものや、今後の予定で話し合いが必要なことなどです。まずはクリアにしなければいけないことを整理するようにしてください。

半年を目安に沈黙する

沈黙期間は、半年を目安に実行しましょう。とても長いように感じますが、沈黙期間の効果を出すためには必要な時間です。

半年の期間があれば、お互いに落ち着いて相手のことを考えることができます。また沈黙されている元彼が、あなたのことを欲するのに十分な期間でもあるでしょう。

沈黙をするからには、中途半端な期間にしても何も意味がないのです。やると決めたからには、半年は沈黙するという意志をもって挑むようにしてください。

半年更新で様子を見る

沈黙を半年しても必ず復縁できるわけではありません。元彼の心がどのように変化しているのかは確認しなければわからないでしょう。

まずは半年たった時点で元彼に連絡をしてみましょう。もし復縁が難しいと感じた場合には、さらに半年の沈黙期間を設定してください。

半年更新はとても長いものです。4回更新すれば2年の期間にもなります。その場合はどこかで区切りをつけて恋愛活動を始めてみることも大切です。

恋愛にも復縁にも『絶対』という言葉はありません。絶対叶うとも言えなければ、絶対無理とも言えません。だからこそ見極めて次へ進むことも大切です。

元彼から頻繁に連絡がくるようになった

沈黙期間中であっても、元彼から頻繁に連絡がくるようになった場合は期間を短縮しても良いでしょう。返信しなくても連絡がくるのは、それだけあなたに関心がある証拠です。

そこで意地になって沈黙期間を貫いていると、せっかくのチャンスを逃してしまいます。元彼は諦めてどこかにいってしまう可能性もあるでしょう。

沈黙期間の途中でも、元彼の様子を見ながら期間を調整してください。それが1か月であっても、頻繁に連絡がくるなら一度返信をすると良いです。

元彼が復縁したいと言い出した

沈黙期間の目的は、復縁を成功させることです。もし沈黙期間中に元彼から復縁したいと告白された場合は、あえて沈黙する必要はありません。

別れて1か月以上経過していれば、元彼にも考える時間があったはずです。勢いや情で復縁を申し出ているわけではないでしょう。

沈黙期間中であっても話し合う時間を設けて、前向きに復縁を進めてください。復縁はタイミングが大切なので、チャンスを逃さないようにすると良いです。

沈黙期間にするべきこと

復縁のことを考えない

沈黙期間は、相手と向き合う期間です。しかし元彼や復縁のことばかり考えていては、気持ちがネガティブなままになってしまいます。

半年という長期戦になるので、別のことに意識を向けるようにしましょう。過去を振り返る時間よりも、前を向いて未来を想像する時間を長くしてください。

復縁ということに執着しなくなることも、復縁を成功させるポイントです。元彼と別れている現実を受け止めて、ポジティブに毎日を過ごすよう心がけましょう。

自分磨き

沈黙期間は活動休止をする期間です。しかし何もせずに過ごしてしまうと無駄な半年となってしまいます。少しでも意味のある期間になるように自分磨きをしましょう。

とはいえ自分磨きとは抽象的なことなので、何をしたら良いのかと悩んでしまいますよね。そこで、まずは『理想の女性』を探してください。

身近な人でもテレビやアニメのヒロインでも良いです。そして理想とする女性と自分を比較して、足りないことは何か考えてみましょう。

『理想の〇〇さんは気配りが完璧だけど…私はそこまで考えられない』
『アイドルの〇〇は、私にとって理想的な体型をしている』
『いつ見ても笑顔で可愛い〇〇さんは理想的…私は喜怒哀楽が顔に出てしまう』

このように理想の女性の具体的な憧れの部分を紙に書いてください。そうすると自分がどこを磨けば良いのかが見えてきます。

理想の女性に近づけると、自分に自信が出てくるでしょう。女としての自信をつけていくことも復縁には欠かせないこととなるのです。

新しいことを始める

沈黙期間は、新しいことを始めるのが一番です。新しい場所であれば、元彼との関係に執着することなく気持ちをリセットできるでしょう。

できれば知人がいない場所で1人きりで新しいことを始めてください。そうすれば充実した生活をしながら沈黙期間を維持できるのです。

価値観を変える

価値観とは育ってきた中で作られるものなので、簡単に変えることはできないでしょう。しかし固定観念にとらわれすぎて頑固になってしまうと恋愛はうまくいきません。

そこで柔軟に物事を考えられるようにしましょう。多くの人と話したり、本や雑誌を読むことが効果的です。引き出しを増やすことで、価値観に変化が出てきます。

いろいろな物の見方ができるようになれば、元彼の意見や気持ちにも寄り添うことができるでしょう。それが自然と復縁につながるのです。

新しい交友関係を深める

沈黙期間は、元彼に自分の情報が流れないようにします。そのため元彼と関わりがある交友関係も絶つのが良いでしょう。

しかし孤独で過ごしていては、ネガティブな感情に流れてしまいます。それでは沈黙期間がただ辛いだけのものになってしまうのです。

そこで元彼と関わりがない新しい交友関係を深めていきましょう。元彼が同級生であれば、職場の仲間との関係を深めるのです。

そうしてできるだけ自分を孤独にしないよう努めてください。新しい交友関係は、自分に新たな価値観や発見を与えてくれる存在です。

過去ばかりに縛られずに、どんどん新しいものにチャンレンジをしましょう。それが魅力となり、復縁につながるのです。

沈黙期間から復縁につなげる方法

短文の連絡から始める

沈黙期間が終わっても、元彼にとっては変わらない日常です。突然会いに行ったり、長文の連絡をすると驚いてしまいます。元彼がどのような状況であるのかもわからないですよね。

そこで、まずは様子を見る意味でも短文の挨拶メールからスタートしましょう。そこで元彼の反応や近況を観察して今後の方針を決めるようにしてください。

久しぶり!元気ですか??

このような文章に既読スルーや一言のみの返信であれば、そこまで興味がない証拠です。また【彼女できたよ】という近況が返信された場合も復縁は難しいでしょう。

【久しぶり!何してたの?音信不通で心配したよ!】
【急に連絡きて驚いたけど嬉しかった。俺は元気だよ。〇〇も元気なの?】

このように食いついてくるようであれば沈黙期間の効果が出ています。徐々に短文でのやりとりからスタートさせていきましょう。

SNSで不特定多数に向けて発信

元彼がフォローしているSNSで久しぶりの更新をしましょう。もしSNSをしていない場合はLINEのタイムラインやプロフィール画像を変更するだけでも良いです。

何かしらのアクションを起こしたとき、元彼が反応するかどうかがポイントとなります。もしSNSにコメントやメッセージがきた場合は、気にしていたということです。

グループで会う

共通の友人や知人がいる場合は、まずはグループLINEを復活させてください。また会うときには複数で遊ぶところから始めると良いでしょう。

そこで元彼はあなたの近況や情報を知ることになります。もし興味をもって質問してくるようであれば、その後は二人で連絡を始めると良いです。

沈黙期間を定めているのは、あくまでも自分だけです。最初は元彼の状況を探りつつ心理戦でせめていくようにしてください。

まとめ

沈黙期間とは、冷却や放置とは異なり『完全なる黙秘を貫く』ことがポイントです。これは生存しているかどうかもわからない状態が理想となります。

ここまで覚悟をして距離をおくことで、考える時間と余裕ができます。さらには別れて失ったという大きな実感を元彼に与えることもできるのです。

人には承認欲求があり、自分の今を知ってほしいと感じます。だからこそ沈黙期間は自分との戦いであり、辛い状況になることもあるでしょう。

だからこそ復縁を成功させる鍵になるのです。簡単に諦めずに、覚悟をもって沈黙期間を全うしてください。元彼の心があなたの元へと戻ってくることを信じて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

復縁占いラボを運営しているリエです。復縁した彼氏のいる30代女性になります。過去に元彼とどうしてもヨリを戻したくて、占いに頼った経験をブログで伝えています。占い師の先生に相談して復縁できたエピソードや復縁活動について紹介しているので、悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。